現在の閲覧者数:

    ご無沙汰してます・・・

    更新が滞っております。

    最近仕事が忙しいのと体調が思わしくないのと、まぁ色々あって
    ちょっと筆不精になってます。

    書くことはないわけではないのだけれども
    自分の気持ちが今ひとつブログに向いていないというか・・

    そういうときは一生懸命記事を書いても結果駄文を撒き散らす
    ことになる、と経験上理解しているので、気持ちが乗るまでは
    自粛です。

    来年になると色々風向きも変わると思うのですが・・・。
    スポンサーサイト

    エアコンから何か出てきた・・

    嫁から「エアコン壊れた!」といきなりの連絡が来たのが一昨日の夜。

    何事かと聞いてみたら、部屋のほうに水が漏れている、と。

    そんなことあるんかなと調べてみると、結構起こることのようですね。
    大抵はドレンホースの詰まりとかで、結露水が排出されず・・・という
    ことのようですが、我が家のドレンはウッドデッキの下に出ているので
    詰まることは考えにくく・・・

    などと考えながら家に帰ると、結構盛大にもれたような跡が。
    IMG_20170826_010405.jpg

    ↓拡大
    IMG_20170826_010418.jpg

    ネットではフィルター掃除したら直ることがある、なんて書かれていたので
    やってみましたが効果なし。

    結局、もう新居では何度目かわかりませんが、DAIKINさんにお出ましいただく
    ことにしました。

    で、やってきていただいたDAIKINのお兄さん、まずはドレンの詰まりを確認
    していましたが、こちらは問題なし。

    次は室内側を分解し始めて、ドレンパン周りを眺めていたところ・・・
    「ドレンパンが汚れすぎて水が流れにくくなってます。クリーニングしてください。」
    とのこと。

    たかだか4年くらいの(しかも暖房未使用の)運転でそんなことになるんかねと
    思いましたが、キッチンが近いので油分を含んだ空気を吸うのもあるんでしょうか。

    チェックだけだったのでDAIKINの出張料は5千円弱で済みました。
    これからクリーニング業者に連絡を入れねば・・・。

    ちなみに夜ですが、エアコン止めると室温はこんな感じになります。
    IMG_20170826_010505.jpg

    扇風機つければ生活できなくもないけど、エアコンは重要ですねぇ。

    次回は床か壁を予定してますが

    忙しくてブログ書けてません・・・

    ということでスポンサー表示防止投稿。

    もう少しお待ちを。

    シリーズ:4年たったらこうなった 浴室編

    書くと宣言してから軽く10日ほど経過してしまいましたが、シリーズ
    第一弾は浴室から行きたいと思います。

    なぜ浴室かって、ECOHOUSEを選ぶに際して一番経年劣化を懸念した
    のがここだからです。

    なんせ壁天井が木(青森ヒバ)。
    家族からの反対の声も大きかったような・・・。

    まぁイメージ的には浴室に木はカビますよね。
    でもそんな事言ったらヒノキ風呂とか無理なんですけどね。

    で、こんな感じになりました。
    170705_235938.jpg
    170705_235946.jpg
    170705_235953.jpg
    170706_000000.jpg
    170706_000011.jpg

    壁天井周りにはカビらしきカビはないです。
    若干、輪染みのようなものがなくはないですが、今のところ
    問題なし。
    まぁいつも朝になるとカラカラに乾いていますからね。

    浴室につけた木製窓はこう。
    170706_000022.jpg

    こちらも「何かありました?」って感じで変わり映えしません。
    むしろ窓は工場塗装なので壁などよりよほど大丈夫そう。

    唯一問題があるのはここ。
    170706_000106.jpg

    風呂の蓋をかける部分に接する木部です。若干黒カビが見えます。

    これは、我が家の生活スタイルにも関係があって、
    ①6時頃嫁や子供が入る
    ②9時頃母が入る
    ③12時頃私が入る
    と間隔が空いているので、風呂の蓋に水滴が山ほどつきます。
    これを壁にかけっぱなしにしていて、かつその面があまり風通しが
    よくないのが影響したようです。

    ECOHOUSEさんに改善いただきたいとすれば、風呂蓋フックをかける
    部分を石張りにすることくらいですかねー。

    ということで当初懸念していたようなことにはなりませんでした。

    丸四年

    昨日6/22で家の引渡しを受けてから丸四年となりました。

    入居は6/24だったので明日になれば入居から丸四年。

    入居直後のなんというか高揚感というか落ち着かなさというか、
    そういったものはつい昨日のよう・・・でもないですね。

    入居後に子供が生まれて育児戦争が始まりましたから、感覚的
    には一昔前な気配です。


    入居1年くらいまでは梁が割れたり天井裏から盛大な木割れの
    音が響いたりにぎやかなものでしたが、最近はそういったものも
    とんとなく・・。

    住まい方もすっかり安定してしまい、新たな発見というのもなくな
    ってきてます。

    それだけこの家に慣れた、とも言えますね。

    そろそろ新居といえなくなってきた我が家ですが、これからしばらく
    暇をみて、経年劣化状況を書いてみたいと思います。

    シリーズ:4年たったらこうなった

    乞うご期待。

    ちなみに次回掲載日は未定ですw

    シリーズ名から外れないようにがんばります。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR