FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    我が家の失敗 その1

    間取りや設備について、相当悩みに悩んで、色々な本も読んで知識をつけて
    決めてきた・・・はずなのですが、やはりミスはあるものです。

    そういった失敗シリーズです。

    1回目は”窓の配置”です。

    窓に求められる機能は主に採光、通風、出入り口としてのもの、といったところ
    ですが、高気密高断熱住宅において”通風”の役割はかなり限定的です。

    間取りの本などでは未だに”通風は大事”としているものが多々ありますが、それは
    まだまだ気密性断熱性が充分でない家が多いためだと思います。
    本の著者だって、R-2000住宅より上のレベルに住んでいる人なんて稀でしょうから。

    で、話を戻しますと、窓の役割はその他では、視線を通して開放感を演出するだとか
    あるにはありますが、結局のところ大きいのは採光です。

    以前の家では玄関周りが暗かったりキッチンが暗かったり色々あったので、そういった
    部分にも配慮して、家中光が廻るようにしたつもりです。

    そして、窓は視線を通してしまうので隣家への配慮が必要となります。
    必要に応じて曇りガラスにしたり、窓の位置がお見合い状態にならないようにしたり、
    一応考えるべきことは考えたつもりでした。

    ところが、引渡しを受けて初めて新居で夜を迎えたとき、盲点があったことを知りました。

    我が家は県道のそばにあり、夜間は道路を照らすオレンジの街路灯がこうこうと光って
    います。その光が寝室東の高窓から計ったようにまっすぐに部屋の中を照らしてしま
    い、電気を消しても暗くならない、ということを知りました。

    さすがに夜のことまでは考えていませんでした。
    そして、元々平屋だったので、2階建てになったときの街路灯との角度も計算外でし
    た。カーテンでも付けておけば済むのですが、なにぶん8060の小さな窓ですから、
    レールも何も考えていませんでした。

    とりあえずは何も対処せず1ヶ月が過ぎ、慣れてきてしまったのですが、こんなことも
    あるのですね。




    スポンサーサイト



    網戸はどこに必要か

    ふと思うところがあったので書きます。

    ECO HOUSEは標準で網戸が10箇所つきます。
    追加する場合いくらするのかはしりません。

    そして、私はつい先日まで、どうせ窓なんか春と秋くらいしか開けること
    ないんだから、網戸なんかある程度通風できる場所にテキトーでいいでしょ、
    と思っていました。

    我が家は窓が27個あります。
    必然的に、標準のままであれば17個は網戸なしとなります。

    で、主に出入りしそうな1FのLDKや2Fの寝室を中心に10箇所
    配置しました。これが思いのほか失敗でした。

    1.出入りするところでは網戸は邪魔
     リビングなど割と頻繁に外に出る際に使う窓は、実は網戸を閉めて窓を
     開けた状態、というのはほぼありません。
     外に出るたびに網戸も開けるという手間が発生します。
     GermanWindowお得意の傾けて上だけ開ける、も実際はほぼやりませんし。

    2.フラワーボックスに面した窓にFIXの網戸はダメ
     少し考えればわかることでした。フラワーボックスに鉢などを置いたり
     水をやったりすることができません。
     FIXでなくても外開きも邪魔になってダメです。

    3.2Fの窓はメンテを考えると網戸必須 
     特に外からふけない窓については、内側から内開き状態で拭くことになります。
     ということは、こういった窓こそ網戸があったほうが夏に便利、ということです。

    つまり・・・標準の10箇所を選ぶなら、1Fは無視して2Fのベランダに面しない
    窓を中心に、フラワーボックスを避けてつける、が正解だったようです。
    標準にとらわれないのであれば、フラワーボックスの場所を避けて全部つける、です。


    春と秋に窓を開けるから通風を考えて、なんていらない考慮でした・・・。






    パネルヒーターの定期運転

    引渡しから1ヶ月がたち、そろそろ何かしなければならないんでは?と
    思い、先日メンテナンスノートを眺めていたらこんな文言が。
    「パネルヒーターは灯油の劣化を防ぐため、1ヶ月に1度10分程度
     スイッチを入れてください。」

    1ヶ月過ぎちゃってますが・・・まぁいいか。
    灯油なんて入っていたかどうか定かではありませんでしたが、とりあえず
    10分だけスイッチを入れました。

    こんな作業わすれそうなんだけど・・・毎月月末日曜日にやることにします。

    家を建てると舞い込んで来るDM

    ここのところ、見知らぬ業者からのDMが目立ちます。

    外構業者やカーテン業者からのものですが、こういったものの
    出所はほぼ鉄板で役所でしょう。
    おそらくは建築確認申請を閲覧している名簿業者から買っている
    ものと思われます。DMのあて先が旧住所である辺りから透けて
    みえるのです。

    よくこういったDMが来るとハウスメーカーからの漏洩を疑う
    人が居るようなのですが、それはナンセンスです。彼らからしたら
    競合相手でもあるのですから。

    そして、こういったDMをよこす会社、どんなに立派な内容のDM
    であっても、あなた方は時代が読めてない。
    これだけ個人情報に敏感な人が多い時代に、こんなDMをもらって
    相手がどう思うかわからないのでしょうか。
    そんな人は、施主のことを考えた工事や提案なんかできないでしょう。

    というわけで、こういったDMは我が家では開封することなくシュ
    レッダー直行です。
    そして、私の個人的なブラックリストに載せさせてもらいます。

    ソープディッシュ

    新展示場を見たあと、イオンレイクタウンまで足をのばして、
    KEYUCAに立ち寄り、大理石のソープディッシュを購入してきました。

    ↓こんなん
    ブログ用画像137

    母が石鹸を洗面台に直に置いているのが気になっていたので、何か適当な
    ものを探していたのですが、ちょうど石張りの部分に似合いそうな感じのもの
    が見つかりました。
    1F、2Fの洗面と浴室用に3個購入しました。

    1個1400円でした。

    新展示場未来を見に行ってきました

    ECO HOUSEの新展示場”未来”がOPENしたので、見に行って
    きました。

    家を建ててしまった今となっては、以前ほど真剣に眺める要素はないの
    ですが、以前構造を見せてもらっていたので、果たしてどんなものになった
    のか、純粋な興味だけで行ってみました。

    ざっくりとした感想は
    ・広すぎて迷子になる
    ・少し寒すぎる
    といった感じ。

    テキトーにみているので、感想もアバウトです。
    こんな一銭にもならない来場者にも丁寧に説明してくださるアシスタントの
    方には頭が下がります。

    面白かったのは、パネルヒーターの冷水版。
    温水でなく冷水を流して冷房に使うようなのですが、金属が冷たいので当然
    ながら結露します。その水を下の受け皿で集めて排水する仕組みでした。

    輻射冷房なので、風が当たらず快適、と思いきや、周囲が冷えすぎてます。
    パネルが11度、直近の床が17度でちょっと寒すぎです。
    普通の家に採用するには少し時間が必要かもしれませんね。

    モデルハウスらしく、床壁天井をそれぞれ色々な材料を使い分けて作っています。
    床は石張りが数種類、フローリングもパイン、ウォールナット、メープル、オーク?
    あたりが使われていました。
    壁はレイムをメインにいろんな色を使い分けてました。
    色決めで悩む人は多いでしょうから、そんなときに訪れると実物が見れて参考に
    なるでしょうね。

    照明も差間の展示場は2010年製なのでまだLEDがほとんどありませんでしたが、
    こちらはLEDばかりのようでした。
    たまたまいらっしゃったUさんは照明ばかり見られていたようですが、こういった面でも
    参考になるでしょうね。

    それにしても・・・その辺の大手ハウスメーカーの展示場なんかよりはるかにお金が
    かかっていそうです。ECO HOUSE、そんなに儲かっているんでしょうか・・・。

    1ヶ月の電気代

    引渡しから1ヶ月が過ぎ、電気代の請求がきました。

    金額は50A契約で13876円。

    我が家は一応は2世帯(といっても設備は一つ)で、冷蔵庫が2つ
    あったりしますし、庭で井戸のポンプが動いていたりしますし、エ
    アコンは常時2台、ときに3台つけっぱなし、などと考えていくと、
    思った以上に安上がりでした。

    来月も経過観察を続けます。

    我が家のソファ

    ここ数日、仕事の都合でブログ更新が滞っています。
    7月は少し厳しいかも・・・。

    最近のアクセスを見ていると、SRMS カロリーナSをキーワードに検索
    してくる方が少し増えています。

    ニーズがあるならば少し書いとこうかと思いました。

    我が家のリビングにどーんと鎮座するこのソファ、リンク先にもあるとおり、
    ファブリックでは珍しいハイバックタイプです。
    大きさは幅210と196の2タイプがあるのですが、どちらも値段が同じ
    という不思議な価格設定です。
    値段はたぶんどこに行っても11万5千円くらい。そして、取り扱っている
    家具屋は多いでしょうから、店頭においてなくても聞いてみるとよいと思
    います。

    すわり心地は・・・私的には最高です。
    元からハイバックなので、追加でヘッドレスト等を買う必要もありません。

    カバーは全部家庭で洗えます。

    2WAYタイプなので、カウチ状態からシングルソファを独立させたりできます。
    ・・・面倒なのでやりませんが・・・

    似たようなソファで、シンフォニーという製品がありますが、これはすわり心地は
    少し落ち値段も半分程度、予算のない場合は選択肢に入るかもしれません。

    木の香りについて

    ECO HOUSEの完成現場見学会に行った方ならわかるかと思いますが、
    ECO HOUSEの家は結構木の香りが強いものです。

    特に、青森ヒバを使っている浴室と階段(こちらは標準の場合)は特有
    の香りがします。
    また、その他の部分からも木の香りがします。

    我が家にやってきた引越し業者さん、運送業者さん、その他諸々の方々
    皆さんが、必ず「木のいい香りがしますねぇ」とおっしゃいます。

    でも、住んでる側はだんだん慣れてくるとわからなくなってきます。
    最近は、浴室でもあまり気が付かなくなってきました。

    そんな私ですが、未だに木の香りを強く感じる場所があります。

    それは トイレ です。

    理由はよくわからないのですが、我が家はトイレにも作りつけの収納を
    設けたので、それがあるのかもしれません。
    または、単に狭いから香りがこもりやすい、のかもしれません。

    いずれにしろ、私は木の家にそんなにこだわりがなかったのですが、
    木の香りがする家っていいものだと思うようになりました。

    三層パインの感想

    もうまもなく、引渡しから1ヶ月が経とうとしています。

    我が家はECO HOUSEの床の標準仕様のうち、無垢ではなく3層パイン
    を選択しています。今回はこの感想です。

    1.掃除
     今のところまだ1ヶ月ですので、木が暴れる状況でもないのですが、
     フローリングの間に隙間がないので、掃除は非常に楽です。

    2.踏んだ固さ
     無垢のパインよりは固いと聞いていました。また、引渡し後1週間くらい
     は足が疲れることもあり、結構固いのかなと思っていましたが、すっかり
     慣れました。
     というか、引渡し直後は家に慣れていないこともあり、階段を半端ない数
     往復していたので、その影響もあった気がします。
     今では固いとは全く思いません。

    3.段差
     雑談の項で書きましたが、3層パインの場合は同フロアに和室があると
     ごくわずかな段差が出ます。生活上の影響はどうかな、と思っていましたが、
     現段階では全く影響なしです。躓くこともありません。

    4.感触
     素足で歩くと非常に気持ちよいです。
     靴下で歩くとメープルほどではありませんが、そこそこ滑ります。
     子供なら滑って遊ぶのは確定です。

    5.傷の付きやすさ
     これはもうあきらめるしかありません。生活のなかのちょっとした油断ですぐに
     傷は付きます。
     私はポケットに入れるような小物を数回落としましたが、これが全部へこみ傷
     になってます。
     大物家具の移動もかなり緊張感があります。

    総じて満足しております、はい。

    雑談-家具屋の存在価値って?

    今回家具選びをしていて色々な家具屋を巡りました。

    CMを全国区で流す大手もあれば、個人経営のお店もありました。
    それらを見ていて、荒っぽく、暴論的にざっくりと、全般的に言えば
    「家具屋っていらない気がする」
    という感想を抱いてしまいました。

    一言で言えば、店員の生産性が悪すぎる気がするのです。
    彼らがしてくれることは、
    ”こちらが特に欲していないタイミングでの説明の押し売り”
    でしかなく、その説明の内容は情報を仕入れる手段が発達した状況では
    あまり価値のあるものではありません。
    ※イケアやニトリは違いますが。

    日がな一日、そんなことをしていて何人の客にどの程度の家具を売れている
    のでしょうか?そして、なんであんなに人数が多いのでしょうか?
    土日に行けばそこそこ客が居たりもしますが、平日は本当にガラガラです。
    そんなときでも、交代で休みを取りながら土日の半分以上の店員がプラプラ
    しています。

    その生産性の低い人達の給料を負担するのは、もちろんその店で家具を買った
    人です。この構造、どこかで見た気がします。そう、ハウスメーカーと同じです。

    そして、品揃えはどこもほとんど同じ、価格もどこもほとんど同じ。

    つまり、家具屋の家具の値段は不当に高い、ということです。

    某大手家具屋の店内に行くと”国内最低価格保証”という文字があちこちに
    躍っています。でも小さく”ネット販売除く”旨の記載がされています。
    これは同業態の連中が出している値段なら、追従しますよ、というだけのこと。
    安いというイメージをつけるためのやり口です。
    でも、同じ商品をネットから買えば、10%~20%違うケースもあります。
    ※さらに言うと自社工場製品ばかり並べているので・・・。

    こんな家具屋たちを相手に、消費者は何に価値を見出していくか、私は正直
    ただのショールームとして使わせてもらいました。
    実物を比較する、ただそれだけです。そこで買う必要は全くありません。

    もちろん、家具選びの回で書いたように、家具屋から購入したものはありますが、
    これは他に手段がなく仕方なく、ということでしかありません。

    メーカーがショールームを自前で持って直販に乗り出したら、家具屋の存在価値
    は完全になくなりますね。
    今のところは家具メーカー自体が中小が多く、そこまでの体力を持つところが少ない
    ということでしょうか。でも、価格のそろいっぷりを見る限り、長年の付き合い的な
    要素も見え隠れしていますね。

    茹で蛙っていうやつです。

    家具選び-その6

    家具選び顛末の最終回です。

    その3までで買いたい商品は確定していました。

    キッチン → 堀田木工所のクリスSシリーズ
    ダイニング → ミキモクの楓の森シリーズ
    リビング → ソファはSRMS カロリーナS
          → テーブルは堀田木工所のリッツセンターテーブル
          → テレビボードは堀田木工所のアールユニットボード
    寝室 → サータベティックアニバーサリー30th
    ※リンク先バラバラですみません

    このなかで、キッチン収納とリビングテーブル、テレビボードについては、
    色々探し回った結果、ネット通販のインテリアコミュニケーションという店舗で
    安く手に入ることがわかり、こちらから購入しました。
    ※家具屋から購入するより、全部で6万くらいは浮いた計算になります。

    リビングテーブルとテレビボードは完成品の配送で玄関渡し、キッチン収納
    は開梱設置込みでしたので、特に問題ありませんでした。

    そして残りの品物はネットでも安く入手できないので、家具屋でまとめ買い
    交渉です。
    数店舗回り、一番短時間で10%OFFを提示してくれた地元の大川家具
    お願いしました。

    当初、IDC大塚家具で100万近い見積もりをもらいましたが、結局最終的に
    は58万で品物的にも満足いくものを揃えられたと思います。

    はて、大塚家具の最低価格保証とは何だったんでしょうね。それについて
    思うところは次回・・・。

    家具選び-その5

    家具選びの顛末を書ききっていませんでした。

    引越しの前日にウッドギャラリー樹からベッドフレームが配送されてきました。

    そう、私はベッドフレームを購入したつもり、でした。
    なぜなら、たしか展示されていた状態はベッドフレームだけだったから。
    そして、値段がシングル1台18000円と格安だったから。

    組み立て、設置が終わった状態の寝室を見てびっくりしたのは、なんと
    マットレス付き、ということがこの段でわかったからです。

    付いてきたマットレス、ボンネルコイルのもので、決して高いものとは思い
    ませんが、それにしてもフレームセットでこの値段とは!

    マットレスはサータベティックを別途購入しているので、取り扱いに困って
    しまい、一つは母にプレゼント、一つは子供の”置き場”になりそうです。

    ・・・そういえば、ベッドで思い出しましたが、ECO HOUSEの差間展示場に
    あるキングサイズのダブルベッド2台、あれは欲しければ売ってもらえる
    ようです。ただ、配送手配は自前、かつ現状渡しになるとのことでした。
    値段は・・・忘れたので興味のある方は聞いてみては?

    ECO HOUSE 坪単価

    このサイトは一日にだいたい15~20の訪問数があります。

    ほとんどの人はダイレクトにやってくるリピーターか、ECO HOUSEの施主である
    Uさんのブログのリンクから来ているようなのですが、全体の2割ほどは検索
    サイトから来ています。

    その検索ワードで最近増えたのが、”ECO HOUSE 坪単価”。

    ”坪単価”というもの自体が非常にあいまいなものなので、家を建てる方
    はそんなものでビルダーを比較すべきではないと思うのですが、最初は
    そんなものでも手がかりにするしかないんでしょうね。

    坪単価は、色々な工事費の合計を述べ床面積か施工面積で割ったもの
    ですから、計上する工事費の範囲と割る面積の範囲次第で、数値はいか
    ようにも操作可能です。面積が同じでも平屋、2階建て、3階建てで工事
    内容も変わりますし、家の形状で壁の面積すら変わりますから、目安と
    してすら相当怪しい数値ですよね。

    とはいえ、私も最初にビルダーを絞り込む際にはこの数値でスクリーニング
    しましたので・・・。

    あくまで坪単価から導き出されるものは概算の数値に過ぎず、概算と
    実態はほぼ一致しない(40坪で55万なら2200万になるとは限らず、
    必ずブレる、それも普通は上ブレする)、ということを理解して判断する、
    ということなら、まあ仕方がないというかこんな数値を使わざるを得ないのかな
    と思いますね。

    そういった微妙な数値である、という前提の上でいうならば、ECO HOUSEの
    標準仕様の家の坪単価は”木の家55Project”とあるようにだいたい55万
    円くらいです。これはUさんの見積もりをみても私の見積もりをみても標準の
    範囲でかつ建物本体としてみればおおよそ間違いないところかと。
    もちろん家のサイズが影響します。40坪前後が基準です。

    ”標準仕様”でECO HOUSEのセールスポイントはほとんど満たせているとは
    思いますが、パネルヒーターが入っていませんので、これも含めて考えると
    60万に近い数字になります。
    カーテンやエアコン、照明の大部分、外構、土地によっては地盤改良や解体
    工事費、は別途必要です。
    火災保険、団信、融資手数料、登記費用、祭事の費用なんかも別途です。

    会社によって含む含まないが分かれるところでは、
    設計費、給排水工事、ガス工事なんかがありますが、この中ではガス工事
    だけが別途で、前者2つは込み。
    もちろん、土地に水道管の引き込みがない、なんてことになれば、その工事費
    は別途になります。

    ECO HOUSEは輸入資材が多いですから、為替状況の影響は大きいと思います。
    私が契約した時期からは相当円が安くなってますから、今後どうなっていくかは
    わかりません。

    ただ、この数値だけを他社と比較することにはあまり意味がありません。
    使っている資材が違いすぎます。ある程度仕様をそろえてみないと。

    例えば同じような価格帯のハウスメーカーや工務店を見ると
     窓→アルミ樹脂複合または樹脂が多い
     断熱材→普通はグラスウールや発泡ウレタンが多い
     屋根→彩色スレートとかガルバリウムが多い

    ほかにも色々ありますが、この会社の仕様からすると、価格的には
    割安な部類に入るとは思いますよ。

    猛暑・・・

    今週1週間、私の住むさいたま市、だけでなく日本のあちこちが猛暑でした。

    過去の気象データから最高気温を見てみると
    7日  35.1度
    8日  37.2度
    9日  36.0度
    10日 36.5度
    11日 36.4度
    12日 35.3度
    といずれも猛暑日です。

    外に出ている私はヘロヘロですが、家から出ない嫁は
    「外が暑いことなんてわからない」
    のだそうです。うらやましいことです。

    もちろん冷房(除湿)は入れていますが、家の中は常時24~25度、
    湿度60~65%で安定しています。
    1Fと2Fでも気温の差はほとんどありません。
    (エアコンが頑張っているのかもしれませんけど)

    家の作りでこれほどの効果があるとは正直思っていませんでした。

    GATEMAN

    今まであまり触れてきませんでしたが、我が家では玄関に電子錠GATEMAN
    使っています。

    ECO HOUSEの玄関ドアは通常状態でも少し特殊なピッキングできない鍵と
    やたら頑丈なドアガードが付いていますが、GATEMANをつけるとこれにさらに
    鍵が追加される形になります。

    このGATEMAN、外からは暗証番号を入力するか、タッチキーを当てて入る
    形になるのですが、鍵を通常の鍵穴に差し込むのに比べて、かなり楽チン
    です。

    また、ドアの開閉時にオートロックの設定をしたり、夜全員帰宅した後に
    外部操作不能にしたりもできるのですが、少し使い方を間違えると締め出し
    を食らってしまいそうでもあります。

    ただ、家に居て、あるいは留守にしていての安心感は格段に違いますので、
    防犯を強化したい方にはお勧めの一品です。
    あまり高くないですし。

    階段下収納が嫌い・・・

    我が家では玄関入ってすぐの階段下に収納を作っています。

    この収納、階段下だけあって天井が低くなっています。

    ↓造作ドアの高さが150cmちょっとです。
    ブログ用画像136

    うちの嫁の身長(155くらい)だと立ったままスタスタと
    中に入れるのですが、私はかがんで入って、よほど気をつけて
    出てこないと、かなりハードに頭をぶつけます。

    学習能力がないのかもしれませんが、今までに3回ぶつけてます・・・

    最近は収納に近寄らないようにしているのでぶつけませんが、我が家の
    嫌いなスポットになってしまいました。

    スペースの有効活用にはなるのですが、正直収納効率はあまりよく
    ありません。

    プランの段階でこれを作ろうとする人は多いと思いますが、入居後は
    頭上注意ですよ。

    室内ドア膨張

    7月に入り、室内の湿度が高かったせいか、パインドアが何か所か
    閉まりにくくなりました。というか開けたら閉まらなくなりました。

    部屋のドアに限らず、収納の扉もところどころで開閉に支障が・・。

    監督に連絡して直してもらおうかと思っていましたが、除湿器を使い
    だして少ししたら元に戻りました。

    パインドア、集成のくせに生きてるんですねー。
    冬は縮むのかしら・・・。

    エアコンが急にやる気に

    7月に入り、エアコンをずっと運転しっぱなしにしてきましたが、
    昨日あたりからなぜか急にエアコンがやる気を出し始めました。

    設定温度などは変えていないのですが、明らかに出ている風が
    強くなり、温度も気が付くと23度くらいになっています。

    この現象は寝室のエアコンだけに発生しています。
    なんなんでしょ。

    設定温度を徐々に上げながら使っていますが、よくわかりません。

    照明に関して-入居後-

    照明は色々悩みに悩んで決めましたが、入居後色々とわかってきた
    ことがあるので、それをまとめます。

    ・スイッチは外にないと不便
     主に収納やトイレなど狭い空間に入るとき、スイッチはドアを開けて
     操作するよりも、ドアを開ける前に操作できるほうが断然便利です。
     我が家のトイレは1・2Fとも中にスイッチがあるのですが、これが
     今ひとつ不便で、未だに慣れません。
     ・・・適切な壁がなかったのが敗因です・・・

    ・LEDの癖は製品次第で気にならない
     LEDライトは光の指向性だとか演色性の問題があって、思ったような
     空間にならない、なんて聞いていたのですが、全く違和感がありません。
     高演色性のライト(Ra80以上)を選んでいるからかもしれませんが、私
     は何も気にならない感じです。
     そして、おまけとして紫外線を含まないので、虫が寄ってこないのも○です。

    ・浴室のダウンライトは予想外に良い
     浴室のダウンライトをアシスタントの方から勧められた際、間接照明っぽく
     なって雰囲気が良くなる、といわれていたのですが、今ひとつピンと来て
     いませんでした。
     ですが、何日か入浴しているうちに面白いことに気づきました。

     ダウンライトの光が浴槽の水面に当たって天井に反射し、なんともいえない
     面白い模様を描くのです。ちょっとしたプラネタリウムみたいに。

     ↓これだとわかりにくいですが・・・
     ブログ用画像135


     これはブラケットなどをつけたケースだと、起きなかったことかもしれません。
     浴室の癒し度が上がった気がします。

    ・玄関のセンサーライトは非常に便利
     我が家は玄関外・中ともセンサータイプにしていますが、これは非常に楽です。
     暗闇で鍵を探すこともありませんし、夜の来訪者の顔が暗くて見えないことも
     ありません。

    ・階段の照明は1個で十分
     照明メーカーにプランニングを依頼すると、必ずといってよいほど廻り階段には
     2個照明をつけたプランが提示されます。我が家はアシスタントの方の1個で
     充分説を信じて1個にしましたが、本当でした。
     照明メーカーはぼったくろうとしてますね(笑)

    ・調光器はノイズが出る
     調光器には多少のノイズが付き物のようです。寝室のブラケットの調光はノイズ
     によりあきらめたのですが、同様に調光可能なリビングでもやはり若干のノイズ
     が出てました。
     調光器を使う際は部屋の用途とよく相談したほうがよさそうです。

    鵜野日出男さんvs山本順三さん

    鵜野日出男さんのページで対決(というか斬捨て?)が始まりました。

    今回のターゲットは、以前書評のページでちょろっと書いた山本順三
    さん。

    片やQ値C値追求、ダクトで全館空調推進派、片やセルローズファイバー
    教祖で換気不要とか言っちゃう人、ぶつからないわけがありませんね。

    それにしても、数値の根拠を一つ一つ検証していくあたり、鵜野日出男さん
    さすがです。
    私は同じ本を読んでいてもさらっと見逃していました。

    ただ、今回血祭りに上げなくても、一般の人、特に多少なりとも気密断熱を
    勉強した人は、山本さんの説になびくことはないとおもいますけどね。

    カーテン取り付け

    カーテン選びの結果を書いていませんでした。

    1Fはカーテン王国でオーダーカーテンを、2Fはニトリでイージー
    オーダーを選びました。

    かかった金額はおそろしくて書けませんが、ECO HOUSEに
    お願いした場合とほとんど変わらないと思います。

    1Fはフロントレースにして、こんな感じになりました。


    ブログ用画像134

    レースの柄は嫁が先に選んでしまったので、ドレープは邪魔しないもの
    を私がチョイスしました。

    でもね・・・ドレーキップの窓って、カーテンがあると使いにくい気が
    します。開けたときに挟まるというか・・・。
    ドイツではどうしてるんでしょうね。

    外に出たくない感じ・・・

    関東は梅雨明けして、本日もかなり蒸し暑い天気となりました。

    我が家は24時間冷房中(正確には除湿運転中)の甲斐もあって、
    外界とはかけ離れた快適環境になっています。

    除湿は25度設定なのですが、家の温度計もどこも24~25度で
    エアコンは微風運転か停止?という状況です。

    正直ここまで快適なものとは思いませんでしたが、少し気になったのが、
    湿度が若干高く、65%~70%程度あること。
    気温を下げているので、ある程度は仕方のないことではあるのですが、
    カビの心配もしたくないので、もう少し下げておきたいところです。

    エアコンがほとんど動いてないので、除湿が十分に働いていないものと
    思われるので、近所に除湿機を買いに出かけました。

    割と気温があがらないであろう10時前後に出かけたのですが、その道中
    が不快なこと限りない感じで、もう外に出たくなくなりました。

    今年の夏は引きこもり生活になりそうです。

    ウォーターハンマー現象解決

    キッチンのシングルレバー混合栓の音の問題は、昨日監督さんが来て
    事象を確認し、本日水道屋さんが来て直してくれました。

    単なる音だけの問題であれば良いかとおもっていたのですが、水道管に
    圧力がかかることで負担になりますし、よそにも影響が出るかもしれない
    ので、直ってよかったです。

    キッチンの混合栓の根元あたりに何か部品をつけた模様です。

    浴室の状況

    ECO HOUSEの浴室はご存じの方はご存じの通り、天然石と青森ヒバの造作
    です。

    E-戸建てなんかに、この浴室はカビる、みたいな投稿がありましたが、約
    1週間ちょい使った感想を書いておこうと思います。

    まず、天然石の部分ですが、これはだいたい風呂から出て1時間程度すると
    乾き始めます。私は夜寝る前に入浴することが多いので、これ以上の経過
    観察はできておらず翌朝に状況を見るのですが、その際はすっかりカラカラ
    です。

    そして、ヒバの部分ですが、ECO HOUSEはいつからかは知りませんが、ヒバ
    部分に水がかからないよう、天然石の立ち上げを浴槽から60cm(30cm
    角の天然石を2枚に)にしています。この状態でシャワーを使うと、身長177
    cmの私でもまずヒバの部分に水がかかることはありません。
    なので、入浴後にヒバを触ると湯気で湿ったような感じはありますが、これも
    1時間程度でだいたい乾いた感じになります。

    ただ、ここで注意が必要なのが使い方です。
    ECO HOUSEの浴室は換気扇をつけていません。浴室の湯気、湿気の排気は
    隣の洗面所の換気扇に頼る形となります。よって、入浴後に浴室のドアを閉めて
    いると、湿気が抜けません。
    これさえ気を付けていれば、カビの心配はないのかなぁと思っています。

    後は、子供なんかが意図的にヒバにシャワーをかけ続けないこと、ですかね・・・

    いずれにしろ、普通に使えば問題ないと思います。

    ヒバのお風呂は毎日温泉気分になれるので、快適ですよ。

    ウォーターハンマー現象?

    引き渡しの後から少し気にはなっていたのですが、キッチンのシングルレバー
    混合栓を閉めるとき”ガコン”という音がします。

    出ていた水量にもよるようで、少量の時は音がしません。
    また、他の箇所(洗面)でも同様の音はしません。

    まあそんなもんなのかなと思い放置していたのですが、一昨日メンテナンス
    BOOKを見ていたら、そこに書いてあるウォーターハンマー現象、というもの
    に該当しそうな感じです。

    ネットで調べてみると、放置してよいものでもなさそうなので、監督さんに
    連絡を入れ、見てもらうことにしました。

    結果は後日・・・

    24時間冷房生活開始

    7月に入り、暑い日も増えてきました。
    先日、初めて1Fダイニングの気温が27度を超えたので、エアコンを
    24時間運転し始めました。

    実際の気温的には、1日のうち数時間付けておけば十分な感じなのですが、
    せっかくの断熱性を試したくなり、24時間運転に踏み切りました。

    やってみてわかったのは、断熱性が高いとエアコンはほとんど動作しない
    こと。・・・まぁ予想通りではあるのですが。

    本当に微弱な運転で、24~25度をずーっとキープしてくれます。
    正直これほど快適な状況になるとは思ってませんでした。

    これを今月ずっと続けてみて、電気代がどうなるか見てみたいと思います。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR