FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    ハウスメーカー選びに思うこと

    ここ数日、色々なFC2ブログを訪問しています。

    家作りに関する様々なブログを見ていて思うのは、みなさんそれぞれ
    色々な価値観があって、面白いなぁということ。

    その価値観に従って、あるいは営業に乗せられて、あるいはたまたま買った
    本に洗脳されて、など色々な理由でハウスメーカーや工務店を選ぶのでしょう
    が、失敗している人に共通していそうなのが、”暗黙の要求”にあるようです。

    結局のところ、その人が潜在的に持っている要望や、わかっているけど言わない
    こと(例えば、XX社なら当然XXするだろう的なもの)が実現されなかったり、
    行われなかったりして、そこから不満をもったりトラブルを抱えたり。

    自分の要求を形にできないのはどうしようもありません。偶然はまった提案を
    してくれるプロに会うことを期待するか、自分で勉強するしかありません。

    ただ、言えば済む話は言っておけばよいのに、と思います。

    ここでの、”言えば”は”契約に盛り込む”、ということです。

    営業のセールストークがうそか本当かは、その内容を契約書に書けるかどうか
    でわかります。
    ハウスメーカーや工務店は契約書の内容は遂行する義務がありますが、それ以外
    は個人の善意の世界です。
    会社が大きくなればなるほど、個人が契約外のことをするのは難しくなります。

    例えばハウスメーカーに気密性を求めたとして、目標数値を契約に書けないので
    あれば、その営業がなんと言おうと何の保証もない、ということです。

    つくづく思うのは、素人VSプロ、の図式で契約行為に及ぶのは愚かな話。
    大人VS大人、でないとダメなんですね。

    かく言う私もECO HOUSEとは口約束だけの内容が色々ありました。
    契約書なんて、ほとんど追記がありませんでした。
    そんな中で、口約束を誠実に実行してもらえたのは、結果論として言えば会社
    選びを間違わなかった、ということですが、単に運の問題のようにも思えます。

    そういったことも含め、信頼できる会社を選ぶべし、なんて書いてあるサイト
    や本もありますが、よほど人を見る目がある人でないと多分無理です。

    私の家作りに”次”はないと思いますが、もしあったらもう少し書面に気を
    使うでしょうね。







    スポンサーサイト

    クーラー間欠運転開始

    8月の電気代を見て少々びびったのと、数日間気温が低めだったことも
    あり、今週は1Fのエアコンを夜だけ切るようにしてみました。

    というか、朝私がスイッチを入れないと家族が暑くなるまで放置してしまう
    ので、夕方までエアコンOFFの日もあったようです。

    で、どうなったかと言うと・・・
    夜エアコンを運転していない状態の1Fの朝の温度は、だいたい普段より
    0.5度程度プラスと言った感じでした。
    これだと夜の運転は不要かなと。

    夕方までOFFだと、外気温32~33度程度の日で、27度後半になります。
    これだとさすがに少し暑い。
    我が家の間取りだと、2Fのエアコンだけでは1Fは冷やせないようです。

    こんなこと言いながらも、今日の猛暑でまた24時間運転に逆戻り。

    音に関するご報告

    引渡しから2ヶ月たって、改めて音に関する状況を書いてみたいと思います。

    ECO HOUSEの言うところの35dbカットがどの程度のものか、
    状況別に書いていきます。

    1.雨
     雨の音はまず聞こえることがありません。
     よって、雨の予報があるときは、外に洗濯物を干すと気づかずずぶ濡れと
     いうことが多々あります。
     先日1時間に13ミリほどの雨がふったときは、さすがになんとなく外から
     音がする・・・気がする状態でした。

     雷の音は少々遠めに聞こえます。

    2.風
     これは全く聞こえません。
     台風でも来ればまた改めて。

    3.車
     間近に県道がある関係で、部屋によっては車の音が聞こえます。
     ただ、これは遮音性どうこうではなく、排気用の換気扇の穴から聞こえてきて
     いるようです。
     なので、道路に近い洗面所などのドアを閉めてしまえば、居室ではほとんど
     わかりません。
     ただ、”族”関係とか救急車とかは聞こえます。

    4.選挙
     今回びっくりしたのが、これです。
     7月の参院選で相当数の選挙カーが近くを通ったと思うのですが、正直記憶が
     ありません。
     家族によると、間近を通るときは少しは聞こえるとのこと。

    5.内部の音
     引き渡し前の状態では、内部の音が若干反響するような気がしていました。
     しかし、色々と家具を置いたりした現在では、気にならなくなりました。
     トイレの音もドアを開けていなければ聞こえませんし、キッチンの音も2階
     にはほとんど聞こえません。
     (この辺は間取りとも関係しますが)
     ただ、洗濯機などの排水音が、キッチンの排水口から聞こえたりはします。

     そして、一番良いのは中の音が外に聞こえないことです。
     ピアノを弾いても、赤ん坊が泣き叫んでも聞こえません。
     プライバシーの確保はほぼ完璧です。

     ただ、泥棒が入っても助けを呼ぶことはできませんけどね。

    総じて言えることは、”看板に偽り無し”でしょうか。




    青森ヒバの風呂 その後の経過

    今日、なんとなく浴室の壁を眺めていました。

    引渡しから2ヶ月ですが、ヒバにカビは生えませんねぇ。

    もちろん、入浴後に湯気を洗面室側に逃がすよう、浴室ドアを
    開放することは欠かさずやってます。

    天然石の床はだいたい3時間で乾く、ということもわかってきました。
    滑ったりもしませんし、ヌルヌルもしませんし、快適な浴室です。

    石鹸の跡が付く、なんてことも伺ったので、風呂から出るときには
    シャワーで床を一通り流す癖がつきました。

    どうやら一部のネットに書かれているような心配は要らないようです。

    パイン 色づく

    キッチンのマットをめくってみたら、フローリングの色がだいぶ
    変わっていることに気づきました。

    ↓こんなかんじ
    ブログ用画像143

    あまり陽のあたるところではないのですが、2ヶ月でこんなになってしまう
    のですね。

    日々見ていると気づかないものですが、そういえば、全体的に引き渡し時とは
    色が変わってきている気がします。

    鳥食い散らかし事件

    車を動かしたら、車の下から羽が数枚。
    そして、その先には・・・すずめ?と思われる物体が。

    どうやら車の下に猫が入り込んで獲物を食い散らかしたようです。

    数日経っていた感じの物体をどかし、散水してデッキブラシで掃除しました。

    家作りと関係ないことを書いているようですが、そうではありません。

    この事件は土間コンの上で発生しましたが、もし砂利にしていたら掃除も
    ままならなかったと思われます。

    少々値段がしても、土間コンにしてよかったです。

    エアコンのフィルター掃除

    1Fリビングのエアコンのフィルター掃除をしてみました。

    実は、引渡しを受けてから約2ヶ月ですが、1回目の掃除です。


    それでは、とカバーを開けてみると・・・

    フィルターに全く埃がついてません。

    掃除機など色々用意していたこちらとしては拍子抜けです。


    そういえば、この家はほとんど窓を開けないこともあり、家の中に
    埃がありません。

    こんなところにも家の作りで違いがでるんですね。

    この状態を見ながら、ふと、ダクト方式の換気について大きな誤解を
    していたのかもしれないなぁと思いました。

    三菱地所ホームのようにダクトを取り回してセントラル空調と換気を
    している場合、ダクト内に埃がたまり、いずれ掃除ができないので
    大掛かりな取替え工事になるものと思っていました。

    でも、家の気密性がきちんと担保されていて、かつ換気フィルターが
    きちんとメンテされていれば、原理的にはダクトレスと同じなんです
    よね。埃なんてほとんどたまらないのではないかと。

    鵜野日出男さんがおっしゃっていることがなんとなく理解できる気が
    してきました。

    まぁだからといって地所ホームを選ぶ理由にはなりませんけどね。

    1ヶ月の電気代 その2

    7月下旬~8月中旬の電気代の請求が来ました。

    先月と比べて7千円ほど上がり、20500円ほどかかりました。

    先月は10日ほどエアコンレスな日々があったこと、この期間の
    猛暑で、エアコンの設定温度を下げたことなどが影響していると
    思いますが、それ以外にも原因はあったのです。

    原因1:母の部屋のエアコン
    あれほど言ったにも関わらず、間欠運転してました。1日数回
    スイッチのON/OFFをしていたので、厳重注意です。

    原因2:冷蔵庫の扱い
    冷蔵庫のドア開けっ放し事件が頻発しました。犯人は原因1と
    同じ・・・。

    原因3:エアコンのフィルター
    そういえばしばらく掃除してません。はい、すぐやります。

    原因4:洗濯
    赤ん坊が家に来てから、洗濯回数が飛躍的に増えました。影響は
    大きくはないと思いますが、まぁ一応。

    原因5:滞在時間
    夏休み&酷暑で、家族が家に居着いた時間がとにかく長かったと
    思います。結果、電気使用量も普段よりは多かったでしょう。


    色々改善してみて、9月の結果を見てみたいと思います。
    真夏でも2万は切っていたいですね。

    ブログ村認証用ID:qma4md

    ECO HOUSEから郵便物

    朝ポストを見たら、見慣れた封筒がありました。
    久しぶりのECO HOUSEからの郵便物です。

    中身を見てみると
    ブログ用画像142

    防蟻処理の保証書でした。
    そういえばもらってなかった、というかそんなのがあるのを気にして
    なかったです。

    10年保証とあるのですが、よくよく日付を見ると施工した日からなのですね。
    まぁそりゃそうか・・・。

    クーラー病???なりませんよ。

    私が家作りに際してよく見ていたサイト(家を建てる!)を久々に覗いてみたら
    残念なことが書かれていました。

    要約すれば、
     気密住宅でエアコンなんかつけてるとクーラー病になっちゃうよー
     暑さに慣れないと人間ダメになっちゃうよー
    ということ。
    ここでもまた例の残念なフレーズ 徒然草の一節が出てきてます。

    この方は本当の気密住宅に住んだことがあるのでしょうか? 
    それに、エアコンを使わずに死人が出ている現実をどう見ているのでしょうか?

    クーラー病はエアコンをつけているからなるわけではありません。
    問題は、エアコンから吹き出す冷気の風に直接あたり続けることです。

    高気密高断熱住宅で全館24時間空調とした場合、エアコンは微風しか出しません
    から、エアコンで体が冷えたとかだるいとかいった状態にはなりません。

    春とか秋の昼間のような温度でずーっとすごしているだけです。
    そして電気代はエアコンだけならおそらく月数千円のレベルで済みます。

    そしてうちの家族は現在のところ夏バテもなく風邪も引かず、例年になく良好な体調
    でこの夏をすごせています。

    通風が、とか夏の涼とかいいますが、夏の昼間に窓開けたって暑い風が入るだけ。
    夜は涼しいかと思いきや、最近は21時でも外気温30度なんてザラです。
    都市部では通風すら望めないケースも多々あるでしょう。
    昔とは気候が違ってきています。そんななか、昔ながらのとか昔は良かった風な
    無責任な記述を見てがっかりしました。



    水道の名義が変わってない

    本日、水道の検針の人が来て、
    「この家の水道の名義が業者のものになっているようですが、いつから
     お住まいですか?」
    と聞かれました。

    ん?電気ガス水道ってECO HOUSEで名義変更してくれるんではなかった
    かしら?と思い、ステップ20の冊子を見返してみると、
    「電気、ガス、水道に関しましてはECO HOUSEで手配をいたします」
    とありました。

    ・・・忘れましたね?まぁでも間違いは誰にでもあるものです。

    面倒なのは、前回検針日が6/17、引渡しが6/22で、今回の検針
    では、引渡し前の水道使用量がわからず、水道局としてはその分も請求
    させてもらっていいですか?という状態だったこと。

    まぁ別に構いませんよ。どうせ引き渡し前でたいしてつかってないし。

    いろいろなことがありますねぇ。

    必要となる収納の広さ

    我が家は43.25坪の述べ床面積に対して、約8坪を収納に充てています。
    だいたい述べ床面積に対して13%程度の収納があれば必要充分と言われて
    いるなかでは、かなり収納を充実させた間取りのはず、です。

    ですが・・・
    物をどの程度持っているか、というかどの程度持っていたいか、というのは
    個々人で違ってくるものなので、世間様一般がどうであれ、どの程度の収納
    で充分となるのかはその個人次第です。

    我が家は、母と私が物を溜め込む派、嫁が捨てる派です。
    私も母も、引越しを契機に相当数の所有物を処分してはいるのですが、新居
    で色々と物をしまってみると収納が7割強埋まってしまいました。

    そして、先日子供が誕生して以来、ベビー用品が加速度的に増えてきています。
    このままでは、将来どうなるのかやや不安になってきました。

    ECO HOUSEの家は、屋根勾配を割りと急にすることが多く、我が家も5.5寸
    くらいの勾配なので、屋根裏は人が立って歩けるスペースがあります。
    そして、屋根断熱なので、屋根裏は断熱ラインの内側にあり、使おうと思えば
    使えるスペースです。

    プランニングの際に、ロフトを考えたい・・・とは思ったのですが、当時の営業
    さんに、3桁万円くらいかかりますよ?と言われ断念した経緯があります。

    果たしてやっておけばよかったのかどうか・・・。

    換気扇掃除

    2日遅れで24時間換気扇の掃除を行いました。

    ECO HOUSEの標準仕様の24時間換気扇はV08-PQFF3というやつです。
    ※排気はV-06PXLD

    掃除の仕方については、引渡し会で監督さんから聞いてはいるのですが、
    正直ほとんど憶えてない・・・。
    なので、取扱説明書を見ながら作業です。

    1.まず、グリルを外す、とあるのですが、どれがグリルかわかりません。
     ケースの手前側を一生懸命外そうとしましたが、外れそうな気配がありません。

     よくよく説明書をみると、シャッター部を外そうとしないように、と。
     私が外そうとしたのはどうやらシャッター。
     壁についている箱が全部、がぽっと取れるのでした。

    2.フィルターを外して掃除機で吸う、とあります。
     フィルターを外してみると、お外が見えます。これだと虫なんかが入り放題
     なので、作業を急がねば・・・。

     外したフィルターはたいして汚れてはいませんでしたが、紙の上で叩いてみると
     多少ほこりだのなんだのが落ちるので、掃除機処理。

    3.グリルは中性洗剤をしみこませた布で拭く、とあります。
     たいして汚れてないので、ぬれた雑巾で代用です。

    4.元に戻します。

    吸気側はこんな手順で、ごく簡単なものでした。


    排気側も同じ?と思いながらグリルを外してみると・・・こっちはフィルターがない。
    そりゃそうですよね。外気を吸い込むわけではないんだから。

    なので、こちらはグリルを拭いて終わりです。
    汚れはほとんどありませんでした。


    余談ですが
    排気のグリルをつけた状態でスイッチをいれ、今度は吸気ファンのグリル等をつけに
    居室に行ったら、スイッチを切っている吸気ファンがくるくると回転していました。
    3種換気ってこんな感じよねー、と思いました。



    室内ドア再び縮む

    ここ数日、猛暑が続いたせいもあるのか、エアコンがそこそこ動作
    したので、つまり除湿も働いたので、部屋の湿度がだいぶ下がって
    きました。

    だいたい25度で60%を切る感じです。

    この影響か、膨張していた室内ドアが収縮し、開閉が普通にできる
    ようになりました。

    伸びたり縮んだり忙しいことです。

    我が家の失敗 その5

    シリーズ5本目は照明の話です。

    照明選びはかなり時間をかけたのですが、今になってみるとやはり
    やり直したいなぁと思う部分も出てくるモノです。

    いくつか列挙して行きたいと思います。

    1.玄関のセンサーライト
     玄関照明をセンサーにしたのは良かったのですが、センサーの取り付け
     位置をもう少し考えるべきでした。
     若干奥目になってしまったようで、外から玄関に入ってきたとき、框の
     あたりまで来ないとライトが反応しません。
     逆に玄関脇の階段を上下しているときに反応したりします。

     玄関外の照明もセンサータイプなので、玄関入って真っ暗、という事態
     にはならないので、それほど実害はないのですけど・・・。

    2.トイレの照明
     1F2Fとも60W相当のダウンライトを1つ付けているのですが、今思うこと
     は、間接照明か調光タイプにしたほうがよかった、です。
     なんとなくわかってはいたのですが、夜中にトイレに行ったとき、照明が明る
     すぎるのです。
     暗闇になれた目では正直この明るさが不快というか不愉快というか・・・。

    3.廊下の照明
     1F2Fとも廊下に複数個のダウンライトを配置しています。
     が・・・、ぜんぜん使いません。
     廊下自体が短いこともあって、階段の照明、フットライト、部屋の照明で
     事足りてしまうのです。

     今後、なにか夜に探し物するようなことがあれば、活躍しますかねぇ?

    4.全般的に赤ん坊対策
     赤ちゃんて基本的に天井を向いてます。
     そして、結構まぶしいのは嫌いなようです。

     ダウンライト中心の照明だと、このあたりが考慮できておらず、部屋のどこ
     にいてもまぶしくて嫌がる傾向が・・・。

     リビングなんかは調光タイプにしておいたのが功を奏しましたが、ほとんど
     の箇所は寝かし付けに苦労する感じが・・・。


    言い出せばキリがない感じですが、他は上手くいってます。


    メンテナンスの計画

    メンテナンスブックを何気なく読んでいると、家中色々な箇所のメンテナンス
    が不定期に必要になることがわかります。

    例えば床ワックスは3~6ヶ月ごと、換気扇掃除は2ヶ月ごと、などなど。

    普段の家の掃除は嫁が徹底的にやってくれますが、こういったものには見向き
    してくれません。なので、私が管理しなければなりません。

    Xヶ月ごと、では憶え切れませんし、気づいたら日付が過ぎているということが
    往々にしてありそうなので、実際の日付に置き換えた予定表を作成することに
    しました。

    このブログに貼り付けようと思ったのですが、諸般の事情により明日以降に延期
    します。

    とりあえず、予定表によると明日は換気扇の掃除を行うことになります。

    ヘビ発生

    今朝のこと。

    庭にヘビが出ました。

    体長1mくらいのおそらくシマヘビです。

    最初はエアコン室外機付近、その後はウッドデッキの下でとぐろを巻いて
    いたのですが、カメラを持って戻ったらどこかへ行ってしまいました。

    子供の頃は時々見ることがありましたが、もう30年はご無沙汰してました。

    急にいったいどうしたんでしょうね。

    それにしても・・・しばらく庭の草むらには近寄れません・・・。

    造作のカウンター

    我が家ではダイニングやランドリーに造作のカウンターを作っています。

    ↓こんなん
    ブログ用画像140
    ブログ用画像141

    ダイニングは飾り棚と化しているのですが、ランドリーのカウンターの
    新たな使い道を見つけました。

    それは、赤ん坊を風呂に入れる際の置き場、です。

    ①ここに一回置いて、服を脱がし
    ②その横に風呂から出た際の服やオムツを全部広げてセットしておき
    ③すばやく風呂に運んで入れて洗って
    ④バスタオルで拭いたら
    ⑤上記②の場所に置いて服など着せる

    という一連の作業が非常にやりやすい(笑)

    洗面台では硬いですが、木のカウンターなら本人からもクレームが来ません。

    間取り検討の際には全く考えていませんでしたが、新たな発見でした。

    階段ってめんどくさい

    暑い日が続いていますね。
    昨日今日の暑さはさすがにきつく、我が家も除湿の弱運転では少々
    温度が上がったので、今日は少し強めの除湿運転をしていました。

    それはおいといて・・・

    引渡しから1ヶ月以上過ぎて、階段のめんどくささが身にしみてきました。

    私は今まで平屋とかマンションで生活していたので、家の中に階段がある
    生活は初めてです。
    なので、間取り作成時にあまりイメージができていなかったのですが、やはり
    階段ってできるだけ使いたくないものですね。

    特に寝るために2Fに上がった後、1Fに忘れ物などで降りたくない・・・。

    そのため、子供のオムツのように、いつ必要になるかわからないものなんかは、
    1Fと2Fの双方に置いたりしています。

    つまり間取り検討時に、できるだけUP-DOWNを少なくする考慮が思った
    より必要なようです。

    ECO HOUSEの営業さんと間取り検討をしていたときに、サニタリーなどは
    できるだけ寝室と同じ階にあると便利、といわれていたのですが、今に至って
    よくよく理解できます。


    もう一度家を作り直すチャンスがあるならば・・・平屋にするかもしれません。


    余談ですが
    勾配にある程度気を使ってみたものの、やはり階段は危険なもので、2度
    ほど足を滑らせています。(とはいえUターン部で止まりますが)

    子供を抱っこして階段を下りるときほど怖いことはありません。
    勾配ももう少し気を使うべきでしたかねー。

    再び猛暑襲来

    今日(日付はもう変わっているので昨日か)は暑かったですねー。

    会社の冷房の効きの悪さに辟易して、板氷などかって涼んでいました。

    外はとてもすごせたものではないですが、何度も書いているとおり、家は
    いたって快適です。今日もずーっと25度前後だった模様。湿度は65%
    前後をキープ。

    つまり・・・
    少なくとも夏の暑さに関しては、ECO HOUSEの標準仕様で大丈夫、
    ということがよくわかりました。

    鵜野日出男さんがおっしゃるように、ゼロエネ目指して・・・ということで
    あれば、もう少し色々と断熱遮熱を強化していく必要がありそうですが、
    私はこれで充分な気がしています。

    明日(日付はもう変わっているので今日)から赤ん坊が退院してこの家に来ます。
    彼が将来この家を振り返ってどんなことを思うのか、今から楽しみです。

    ハウスメーカーからの郵便物

    ビルダーを決めてから約9ヶ月、家を建ててから1ヶ月半ほど経ちましたが、
    未だに色々なハウスメーカーから郵便物が届きます。

    今日は一条工務店から太陽光発電システム特別価格キャンペーンの案内が
    きましたし、先日はレオハウス、その前は○○建築事務所、と言った具合で
    いつまでもいつまでもだらだらとあーうざい

    営業や担当部署のメールアドレスがわかっているケースでは、契約した段で
    断りの連絡をあちこち入れたのですが、そうでない会社も結構あるのです。
    わざわざ電話までする気もないので、おそらくしばらくこのままなのですが、
    問題は旧住所宛てに届いていること。郵便局の転送サービスは1年間なので、
    このままだと以前住んでいた場所に迷惑がかかるかもしれません・・・。

    というか、1年近くもモデルハウスにも足を運ばず、連絡も取らない客なんだから、
    いい加減選考から漏れたことに気づけと思うんですが。

    資料請求すると、後々こういったことも起きるので、ある程度数を絞ったほうが
    いいですよ・・・。

    室内ドアのアンダーカットと排気

    ECO HOUSEの標準の換気方式は1種換気です。
    ダクトはなくて、吸気用と排気用の換気扇がそれぞれ換気計画に従った
    位置に設置されています。

    我が家の場合(というか普通ならば)、各居室に吸気ファン、トイレや洗面所、
    収納などに排気ファンがあります。
    これらで、主に南面にある吸気口から主に北面にある排気口に向けて、室内
    の空気がゆっくり動いていく形です。

    ここで、吸気から排気までの経路上には室内ドアがあるケースがあります。
    この場合、室内ドアは下部1cmほどがアンダーカットされていて、ここ
    を空気が通り抜けるようになっています。

    なんですが・・・
    2Fのトイレのドアを扱っていて時々思うのは、負圧で重くなってる、という
    ことです。(開かないほどではありません。ちょっと重い、程度)

    ドア閉めっぱなしだと、アンダーカット程度では吸気量が不足するのかもしれ
    ませんね。(それともこいつも膨らんでいる?)

    でもトイレのドアを開けっ放しにするのも、ねぇ・・・。

    雑談-木造家屋に関する本のお決まりキーワード

    書評カテゴリをしばらくお休みしていたので、再開しようと過去に読んでいた
    建築関係本を再度読み返したりしています。

    そんな中で気になったのが、木造の構造を押している人たちに共通するいくつか
    のキーワード。
    読んでいる最中も気になったのですが、再度読み返すと皆が皆似たようなことを
    言うので食傷気味です。

    そんなワードについての思い(クレーム)です。今回は3つ。

    1.”家の作りやうは、夏をむねとすべし。”
     徒然草に書かれているものですが、肯定的にも否定的にも非常によく出てくる
     フレーズです。
     肯定している人はだいたい断熱軽視、遮熱通風重視で、ロハスな方向の人が多い
     気がします。
     否定派は、今ではクーラーがあるでしょ、とか温暖化してるでしょ、という人たち。
     
     私はどちらかというと否定派ですが、それ以前に、なんでこんな過去の遺物を
     今頃引き合いに出しますかね、と思ってしまいます。

     こんなフレーズ、住宅業界に関わらなければまず聞くことはありません。
     日の出とともに起き、日の入りとともに寝ろ、と言われるのとたいした違いは
     ありませんよ。

    2.木材は例えば”法隆寺”のように・・・
     木材賛美の引き合いでよく使われるフレーズです。
     はっきり言って無責任というか、なんというか・・・。
     
     寺社仏閣と住宅はかけられるコストも手間も異なります。
     ”法隆寺”のように家を作ってくれてメンテナンスしてくれるならわかりますが、
     実際はただのイメージと言うかセールストークでしかない。

     逆に、古来からの木造建築は多々あったはずだが、”法隆寺”と同時期に作られた
     ものはどうして今ないの?と聞いてやりたいです。

     あるいは、では我が家は千年保証してもらえるのですね、でもいいか。

     ・・・こういうこと言う人はあまり信じないことにしています。 

    3.シックハウス症候群のアレルギー(またはその逆)
     この二つの混同がときどき見られます。

     シックハウスはホルムアルデヒドとかVOC等の化学物質の体内許容量がいっぱい
     になることにより、目がチカチカしたり頭痛がしたりといったもの。
     アレルギーは埃や花粉その他でくしゃみや鼻水、蕁麻疹などの症状がでるもの。

     よく無垢材なんかを勧める人が言うのですが、こういうのって恐喝的な商法だと
     思います。
     それに、いくら無垢にしたってアレルギーは治りませんよ。
     
     でも、家の気密性を高めて24時間換気で窓を開けないようにすれば、埃や花粉
     が家に侵入することがぐっと減りますから、症状は軽くなりますね。

    長文ぼやきでした。


    水の味

    旧家に住んでいた頃、飲み水や炊事に使う水は必ず外の井戸から汲んできて
    いて、水道の水を飲むことはほぼありませんでした。
    母曰く、水道管に鉛が使われていたので、意図的に避けていたとのこと。
    ただ、井戸の水も水質検査をしたのは数十年前なので、果たして大丈夫なのか
    どうかは怪しい物です。

    で、新居に移ってから母は水道の水を普通に飲んでいます。
    旧家のときは飲めたもんじゃなかったそうですが、今は普通においしいとのこと。

    これが精神的な影響によるのか、ステンレス管によるものなのかはわかりません
    けど、そーらしいですよ。
    (私は水の味なんてろくにわかりませんので・・・)

    検索キーワードに対するつぶやき

    息抜きです。ECO HOUSEとは何の関係もありませんので、そういった
    目的の方は読み飛ばしてください。

    Google Analyticsを使ってブログに来た方々の検索ワードを拾ってみると
    なかなか面白いというか、意図の読めないものが多々あります。
    今回はそんなものをかいつまんでの呟きです。

    以下検索ワードを列挙していきます。

    ・3f建物で1fより3fの空調の冷えが悪いわけ
     →暖気は上に上がり、冷気は下に下がるからです(笑)
    ・トイレ 外開き 狭い 間取り
     →トイレドアのことですかね。何を求めてのものかわかりかねます。
      外開きにしない方法ですかねー。引き戸とか。
    ・モンキーポッド 突き板
     →そんなものあるのでしょうか?というかどうしてこのワードで
      うちのブログが検索されたのか・・・
    ・筋交いの代わりの金物プレート
     →筋交いの金物、ではなく筋交いの代わり、となるとどこかの木軸金物工法
      をお探しですかね。
    ・空き缶断熱してる会社
     →空き缶断熱?なんだろうと思い検索してみると、こんなんが・・・。
      高気密高断熱とかとは関係ないと思うので、うちのブログではお役に立てません。
    ・施工図のない家
     →それは残念ですね・・・
    ・住宅ローン 金消契約後 建設プラン変更
     →すごく危ない橋を渡ろうとしているような・・・。フラットでは手続きの
      流れ上無理です。というか普通の銀行ローンでもダマでやれば契約違反です。
    ・風の通らない間取り失敗例
     →通風を優先に考えた段階で、実は時代遅れかも・・・
      風が通るからといって、家作りが成功とは限らない・・・
    ・両筋交い 欠き込み補強金物
     →筋交いは欠き込んじゃいけないはずですが・・・

    皆さん色々と思うところがあるのでしょうが、検索は文章で打たずに単語を組み合わ
    せたほうが意図した物が見つかりやすいですよ。

    我が家の失敗 その4

    シリーズ4本目です。

    今回はやっぱり洗面のお話。

    我が家では2Fの洗面を造作にし、シャワーヘッドをつけ、できるだけ
    大きめの洗面ボウルを配置することで、シャンプードレッサーとして
    つかってやろう、という構想でした。

    ↓こんな感じ
    ブログ用画像139

    ですが・・・やっぱり無理がありました。

    この洗面ボウル、サイズはともかくとして、とにかく底が浅いんです。
    1Fに置いた標準のシングル洗面のほうが、底が深くて通常の手洗い
    などですら使いやすい、という状況に陥りました。

    なんどかこの洗面ボウルで洗髪にチャレンジしましたが、かなり気を
    使います。
    最初はシャワーの勢いなど考えなかったので、周囲のエコペーパーに
    相当量の水はねが・・・。ボウル周辺もビショビショになりました。

    何度かトライするうちに、コツをつかみつつありますが、髪洗うのに
    なんでこんな苦労をしなきゃならんの?と思いますので、他の方には
    お勧めしません。

    色決めのときにECO HOUSEの営業さん(退職済)が
    「こんなとこで髪洗おうと考えるの日本人くらいなんで・・・」
    と言ってましたが、あなた方が家作りをしているのは日本です。

    需要はあると思いますので、大型のボウルをちゃんと探して商品の
    ラインナップに加えていただきたいと切に思います。

    ・・・ツクリカエタイ・・・

    我が家の失敗 その3

    シリーズ3本目です。今回のは失敗確定というより、おそらくたぶん
    そうなんだろうなぁという程度の内容ですが・・・。

    本日のお題は浴室、それも浴槽です。

    我が家では、風呂好きの私の独断で、浴槽のサイズを標準の1400
    から1600に変更しています。
    一日の疲れをゆったりとした浴槽で癒して・・・なんて考えていたの
    ですが、そもそもなぜ風呂に入りたくなるかを考えると、それは気温
    が影響しています。

    日本人が風呂に入ってから寝たいのは、日本の家が寒いから、という
    説もあります。

    自分が風呂でゆったりくつろいで・・・のイメージもよくよく考えて
    見ると、晩秋~春先くらいの気温の低い季節をイメージしていました。
    私だって暖かい季節はシャワーしか浴びません。

    で、我が家をかえりみると・・・・そんなに寒いことってないのでは?
    と思い始めました。

    これは正直冬になってみないとわからないことではあるのですが、全館
    暖房で20度~22度の部屋に居た場合、果たして浴槽に浸かりたくなる
    ものなのか?今ひとつ、いやかなり自信がありません。

    もちろん入る日はあるでしょう。ただそれがどの程度の頻度になるか、
    考えてみるとなかなか怪しい・・・。

    つまり、わざわざ10万くらいかけて1600なんかにする必要なかったかも、
    ということです。

    この話、冬にまた検証してみたいと思います。

    夏の現在は浴槽は全く無用の長物と化していることだけは確かです。


    ////////////////////////////////////////////////////////
    余談ですが、本日子供が生まれました。3940グラムの男の子でした。


    我が家の失敗 その2

    失敗その2は外構です。

    外構のページで書きましたが、我が家の入り口部分は土間コンと砂利
    でできています。

    ↓これ(再掲)
    ブログ用画像125


    土間コンの部分は主に駐車場としての用途を想定したもので、車をバックで
    入れて家の前に横向きに停めることを想定していたのですが、実はこの車を
    停める部分の土間コンの奥行き(図で言うところの左右)が微妙に短く、どんな
    に頑張ってみても、ちょうどタイヤ半転がり分ほど、砂利にはみ出さないと一発
    では入れられません。

    プランニングされたアシスタントの方が何度もシミュレーションして、このサイズ
    なら一発で停められる、と判断されたものなのですが・・・
    もしかして私って駐車下手?

    もともと旧家の時代から、おおよそこのような停め方をしてきたので、この車庫
    に対する習熟度は20年分くらいあります。そんな私が切り返さないとならない
    ところを一発で入れるとは、アシスタントさんの駐車技術はどのくらい神業か?
    と不思議に思ったりしていましたが、先日なぞが解けました。

    アシスタントさんの車はF○Tで、私はデミオ。
    似たようなサイズのコンパクトカーなのですが、年式から類推するとおそらく最小
    回転半径が20cmほど違っていて、うちの車のほうが小回りが効かない・・・。
    その分がビミョーな切り返しを発生させているんだと思われます。

    元はといえば、費用削減のために土間コンの面積を減らしにかかったりしたのが
    影響したのです。サイズもわりとイメージだけで伝えていたので、まぁ仕方がない
    ですね。・・・あと15cm広げておけば・・・。

    外構はサイズが大きいので、間取りと違って寸法をきっちりと測ったりしにくい
    ものです。要望を伝える際には数字にするのが基本なのですが、甘かった、という
    ことでした。

    室内ドア再び膨張

    最近、雨で湿度の高い日が続いたせいでしょうか。

    寝室のパインドアが再び膨張して開かなくなりました。

    まあ我が家の寝室の間取りは、隣の部屋(将来子供部屋予定)とつなげて
    いて、ドアも2枚あるので差し支えはないのですが・・・。

    不思議なのは、そのもう片方のドアには何も支障がないことです。
    こちらのほうが洗面所に近くて、湿度の影響を受けそうなんですが。

    それとは別に廊下の収納の扉も膨張しました。

    ↓膨張しすぎて部材が離れつつ・・・(汗)
    ブログ用画像138

    冬に縮むまで気長に待ちますかねー
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR