FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    スリッパを導入すべきか否か

    昨日は飲み会参加→泥酔→体調不良→帰宅してPCも触らずダウンという
    コンボが炸裂したので、ブログ更新ができませんでした。

    まあたまにはそんなこともあります・・・。

    さて、本日のお題はスリッパです。

    以前の記事ではスリッパ0宣言をしたりしていましたが、冬が近づいてきて
    だんだんとトイレの床の冷たさが身にしみるようになって来ました。

    ↓こいつですこいつ
    2013112222500000.jpg

    わざわざ追加でお金を払って天然石張りにしたわけですが、こうなってみると
    標準のフローリングでも良かったかもなぁ・・・、なんて思ったりもします。

    ひとまずは、どっかで安いスリッパでも購入して冷たさをしのぐ所存です。
    スポンサーサイト

    二世帯住宅にしなかった理由

    今日、子供の4ヶ月検診を予約しようとして、

    私「4ヶ月点検を予約したいのですが」
    医者「は?」

    というやり取りをしてしまいました・・・

    そんなことはさておき、家作りで考えたことの備忘録です。

    我が家は母と私の家族で同居しています。
    もともと同居前提で考え始めた家作り計画ですが、最初のうちは2世帯住宅
    というものが念頭になかったわけではありません。

    それをなぜやめて、今の完全同居スタイルに至っているのか、その振り返りです。

    理由その1:予算
    これはある意味当然なのですが、2世帯住宅というのは予算を押し上げる要素が
    満載です。
    一つはキッチンや風呂などの住設機器が増えること。これだけで平気で3桁万円
    単位で値段が変わります。
    もう一つは建坪が増えること。住設機器を増やす分、それらが面積を取るのです
    から、同じだけの居室を確保しようとすると、当然ながら建築面積が増えます。
    仮にキッチン5畳、浴室2畳、洗面2畳を単純に増やしただけでも、こちらも
    軽く3桁万円単位の出費になります。

    こういったことを考えると、出費に見合うだけのメリットがあるのか?ということ
    を真剣に考える必要が出てきます。

    理由その2:人数
    家を建てる計画の段では、まだ子供がおらず、母私嫁の3人で住む予定でした。
    その状況で、キッチンや浴室が2つある家、それも建坪がもしかしたら50坪を
    超えてしまうような家を作るというのは、何かがおかしい感じです。

    理由その3:維持費
    住設機器というのは、家よりも寿命の短いものです。旧家でもキッチンと浴室は
    リフォームしていました。
    そして、値段も高いわけですから、コストパフォーマンスの悪いものを2セットも
    抱え込むことになります。

    理由その4:将来的な住まい方
    2世帯住宅の宿命的な部分ですが、普通であれば親世帯(とはいってもうちは
    1人)はいずれいなくなります。そうでなくともその前に介護が必要な状況に
    なるかもしれません。
    そうなったときに、もう1セットある住設機器はおそらく使わないものになります。
    また、2世帯らしい間取りを作ってしまっていたりすると、介護には不向きかも
    しれません。
    親世帯がいなくなった後、孫世帯が使えばよい、なんてことを書いている人も
    いたりしますが、世の中そんなに都合よくはできていないとも思います。子供の
    立場からしたら、そんな予定された人生は重荷でしょう。


    こうやって理詰めで考えていくと、なかなか割に合う気がしませんでした。

    後は個々人の希望がどうか、という点ですが、
    私→とくにこだわりなし
    嫁→同居スタイルでOK
    母→どちらかというと2世帯型のほうが・・・

    こんな感じだったので、多数決で同居スタイルになりました。
    ※母は最後までキッチンはもう一つ・・・とか抵抗してましたけど。

    私は元々祖父母と同居していた家で育った人間なので、親世帯といることに
    あまり違和感を感じない人間なのですね。嫁もわりとそう。
    母は嫁としての経験からネガティブな感覚があったようです。
    ※私もマスオさん的立場ならまた違った考えになったかもしれませんけど。

    ということで、なんやかやありながらも同居生活を送っています。
    もちろんそれなりのトラブルや火種はないわけではありませんが、今振り返る
    と2世帯にしなくてよかった、と思っているところです。

    ま、やり直しも比較もできないんですけどね。








    結露?

    それは洗面所の窓で起こりました。

    2013112700260000.jpg


    ↓わかりますか?
    2013112700150000.jpg

    ↓わかりますか?
    2013112700140000.jpg

    ↓これならわかりますか?
    2013112700150001.jpg

    新婚の息子夫婦の新居にやってきた姑のように窓の下部を指でこすったところ、
    オレンジ線の内側、わずかに跡が付く程度の結露がありました。
    ※窓枠部分はなにもなし。

    ”絶対に結露しない”というのはECO HOUSEの窓の売り文句ですが、別にこれを
    もってどうこういう気はありません。
    U値1.3程度の窓では結露は起き得る、というのは巷で言われていることですし。

    というかこういったものはゼロサムではなく、条件次第な部分があります。
    私は原理主義者ではないので、逆にどういった条件がこの現象をひきおこしているか
    のほうが気になります。

    そこで、毎度の温湿度測定です。

    ↓これが入浴前、普段からそこそこの湿度があります。この状態では結露なし。
    2013112623510000.jpg


    ↓入浴後、浴室のドアを開けてます。湿度が一気に上がってます。
    2013112700150002.jpg

    ↓1分で3%アップ
    2013112700160000.jpg

    ↓さらに1分で3%アップ。この辺でうっすら結露してました。
    2013112700170000.jpg

    ↓10分弱すると湿度も落ち着き、結露もあまりわからなくなります。
    2013112700250000.jpg

    この時点の外気温はおおよそ6度。

    本当は放射温度計があれば窓の温度を測るところですが・・・。

    この外気温だと、とりあえず室温22~23度、湿度70%超過したあたりから発生する
    ようです。
    ということは、23度で70%なら水蒸気量は14.5gくらいなので、窓の表面温度は
    だいたい17度~18度ということになります。


    RC造マンションのアルミサッシのように洪水のような結露になるわけではないので、
    あまり気に病む必要はなさそうですね。

    住まい方でカバーできる範疇でしょう。

    あ、ちなみに他の場所では全然結露なんかしてませんでした。

    加湿器追加

    1Fのアメニアが頼りないので、追加購入した加湿器が今日届きました。

    寝室においているのと同じ、DAIKINDAINICHIのHD-500Bです。
    ※1年違いで型番が微妙に変わっています。機能は一緒な感じ。

    2013112621010000.jpg

    ↓拡大すると
    2013112621010001.jpg

    さっそく小一時間ほど稼動してみると、みるみる湿度があがりました。
    2013112621000001.jpg

    運転前と比較して+10%くらい。

    まあしばらくはこれでいきますか、というところです。

    ただ、この加湿器、メーカーページを見る限りでは省エネモードで運転しても
    24時間運転だと一ヶ月あたり1台500円ほどかかりそうです。

    注意して使っていかなければ・・・。

    電気代 跳ね上がる!!

    10月末~11月末の電気代が来ました。

    不可解なことですが、先月から5千円ほどもアップして、約15000円です。

    この季節、暖房はパネルヒーター頼りですのでエアコンはつけてませんし、はて?
    何がこの電気代をたたき出したのか???

    電気泥棒でもいるんじゃないか、とか妙なことが頭をよぎったりしますが、ここは
    ひとつ冷静に考えてみることにします。

    先月から電気の使い方で変わったのは・・・
    ・パネルヒーター
    ・加湿器
    ・電子レンジ

    このくらいです。

    パネルヒーターは灯油式なので、ボイラーは一応コンセントにささってますが、
    無視できるものでしょう。

    加湿器は、11/14から24時間稼動です。
    ハイブリッド型で消費電力は168W。これを電気代計算君のページで計算してみると、
    1ヶ月に2661円ほどかかる計算になります。
    ただ、まだ稼動してから10日なので、今月の影響としては1000円くらいなものです。
    母の部屋に最近入れた1台も同様ですが、こちらもまだ5日くらい。
    ※ハイブリッドなので、実際にはもっとかからないはず

    電子レンジは子供が風邪を引いた関係で薬を飲ますことが多く、色々なものを
    電子レンジで消毒する回数が増えました。
    とはいえ、こちらも同様に計算したところで数百円序盤です。

    メーターの検針期間は先月の29日から32日となり1割ほど長くなっています。
    従って、電気代として1割程度増えるのは自然なことであり、これと上記の差額を考え
    てもまだ2~3千円分が使途不明電気となります。

    怪しいのは・・・最近母の部屋に夜行くと、テレビを点けっぱなしで寝ている、という
    状態を3回ほど連続で目撃しました。
    果たしてどの程度の頻度でやっているのか、どの程度の時間やっているのかは未確
    認ですが、一度問いただす必要がありそうです・・・。


    アメニア・・・変色

    さて、経過観察中のパッシブ加湿器アメニアですが、水を足そうとしてふとフィルター
    を見たら!!!
    2013112415260000.jpg

    ↓裏も!!!
    2013112415260001.jpg

    なんか焦げたように変色しています。

    そもそもパネルヒーターはお湯の温度を50度で設定しているので、何かがこげる
    ような高温にはなりません。また、水を切らしたわけでもないので、仮に焦げる
    にしても不可解です。

    いったい何なのでしょうか・・・


    と、そんな状況ではありますが、肝心の加湿量にも問題が見えてきました。

    2013112415270000.jpg

    23.9度の飽和水蒸気量は21.67g/㎥、その34%では7.3678g/㎥

    これでは設置前と変わりません。


    最近の1Fは常時湿度が30%台となっており、どうもアメニア3台では加湿能力
    が足りない、ということが判明してきています。

    かといって、これ以上アメニアを置く適切な場所もないので、結局別途加湿器を
    追加することにします。

    砂利敷き(概ね)完了

    昨日、210キロほどの砂利を運び込み、花壇家庭菜園の周囲の砂利敷きを
    完了しました。

    2013112415250000.jpg

    概ね、と書いているのは以下のミスにより仕上がりに満足していないためです。
    ・前回買った砕石と色の違うものを購入してしまった
    ・量がやや不足していて、部分的に薄い箇所がある

    今日にも再度買い出しにいってきっちり仕上げてしまおうかとも思ったのですが、
    体が多少オーバーワーク気味で、今日は完全休養日とすることにしましたので、
    その辺は来週気が向けば・・・となります。

    家庭菜園のほうも、徐々に色々育ってきて、やっとそれらしくなってきました。

    契約一周年

    11月23日が来ました。昨年のこの日、ECO HOUSEと契約をしました。

    あれからもう一年、早いような短いような...

    ん?これではどちらもショートだったということになりますな。

    そう早くて短い1年でした。

    あの日は朝からECO HOUSE本社へ行き、大量の書類に住所名前ハンコ
    住所名前ハンコ住所名前ハンコとイヤになるほどリピートして、説明
    を生返事で聞いて、めでたく契約完了し、その後実家(今の場所)へ
    戻ってたまたま大阪から来ていた姉と姪と昼食などして、それから連休
    を利用して夫婦で旅行に行く、という非常にくそ忙しい一日だったのを
    今でも鮮明に覚えています。

    あのころはまだ子供もおらず、賃貸マンション暮らしで、今とは全然
    違う生活を送っていました。隔世の感があります。

    あの日人生で大き目の選択をしたわけですが、この一年を振り返ってみると、
    正しい選択ができたのだなぁと思うことしきりです。

    すばらしい家を建ててくれたECO HOUSEの方々に改めて感謝しています。

    室内の温度差検証 トイレ編

    トイレが若干寒い気がする・・・。

    最近、どうしても気になっていたのです。

    寒いといっても居室と2~3度の温度差を感じる、というだけであって、
    特段支障があるわけではないのですが、ECO HOUSEの売り文句は

    リビング・ダイニングはもちろんトイレや廊下も暖かい、

    ですから、なんか腑に落ちないではないですか。

    うがった見方をすれば、ECO HOUSEのモデルハウスによくありがちな
    トイレと洗面・バスが一緒になったラブホホテル仕様の間取りでないと
    やっぱり同じようには暖かくならないんじゃないの?なんて可能性も
    あります。

    ↓で、温湿度計を置いて小一時間放置してみました。
    2013112222390001.jpg

    ↓拡大すると
    2013112222390000.jpg

    この時、居室の温度23度、湿度50%ですから、あんまり変わりません。

    では何が違うのか・・・↓こいつだ・・・
    2013112222500000.jpg

    床が冷たいのです。フローリング部分と比べて、あきらかに冷っとするのは
    否めません。これが体感温度を落としているのでしょう。

    同じ天然石でも洗面所はパネルヒーターがあるおかげでそう冷たくは感じません。

    それに引き換えトイレは熱源らしいものがないですからねぇ・・・。

    やはりラ・・・もといホテル仕様のような間取りでないと温まらないので
    しょうか?それともそのうち蓄熱して暖かくなるのでしょうか・・・。

    まだまだわからないことだらけです。


    灯油購入

    先月灯油を購入してからほぼ一ヶ月経過しました。

    ↓ごらんのように残量がほぼ1/4に。
    2013112007560000.jpg

    前回購入時は200リットル入りタンクに155リットル入れました。
    灯油屋さんの手持ちがそれで全部だったせいです。

    なので、目盛りを見る限りは1ヶ月で100リットル程度を消費した計算に
    なります。

    運転方法はボイラーつけっぱなしで、各パネル3~4設定でしたので、真冬と
    ほとんど変わらない使い方でした。

    残り1/4になったら連絡頂戴といわれていたので、さっそく灯油屋さんに連絡し、
    今回は満タン給油してもらいました。

    金額は145リットルで15660円。
    単価は前回より少し上がって108円/リットルですね。

    以前の記事で、燃費が月7000円程度と想定していましたが、ちょっと
    見通しが甘かったようで、ざっくり言うと月1万です。

    真冬は・・・もう少しあがるのかしら・・・。

    ベビーエクササイズ

    ヨタ話です。(最近多くてすみません)



    最近、私体重は全然変わらないのですが、体脂肪率が3%くらい落ちました。

    自分の体を鏡で見ると、若い頃のように妙にあちこち筋張っています。


    それというのもベビーエクササイズ(仮称)をしているからです。


    こう書くと何事かと思われそうですが、日本語で端的に言えば「子守」です。


    我が家の赤ん坊、3ヶ月半にしてついに9キロを超えました。10キロ入り
    の米袋と遜色ないウェイトです。これを毎日寝かしつけたりあやしたりして
    いると全身の運動になるようです。

    以下 ベビー(を使った)エクササイズの一例
    ・寝かしつけスクワット
     ヤツは上下運動を好むので、抱っこ状態での浅めのスクワットで寝かしつけます。
     平均して50回~100回、時には運動部の先輩のシゴキのように、延々と回数
     が増えていくこともあり、終了後にはシャツ1枚絞れるくらいの汗になることも
     あります・・・。

    ・寝かしつけ階段昇降
     ヤツは上下・・・以下同により、抱っこ状態で階段を往復したり段差を踏み台昇降
     の要領で上がり下がりして寝かしつけます。
     平均して5~8往復、時には・・・以下同。

    ・寝かしつけ階段昇降マイム
     何らかの理由により階段が使えないとき、寝室の中で階段を上り下りするように
     抱っこ状態でパントマイムを行います。
     要領や回数は寝かしつけ踏み台昇降と同じですが、負荷はこちらが相当上。

    ・アイソメトリック抱っこ
     寝かした状態でも油断してベッドに置いたりするとすぐ目を覚まします。
     ここは眠りが深くなるまで微動だにせず、両腕にかかる重さに耐えなければなりま
     せん。また、これは体幹の強化にもなります。
     平均して5~10分。この間、どこが痒くともセキが出そうでもくしゃみが出そうでも
     静止していなければなりません。精神面の鍛錬にも有効です。

    ・ゆりかご腹筋
     ベッドに腰掛けた状態で、赤ん坊をひざの上に置き、両手で支えながらゆりかごの
     ように揺らします。
     その際、体幹部分は椅子の背もたれのように一定の角度で固定して行います。
     平均も何もなく、ヤツが飽きるまで行います。

    ・マットレスハンモック運動
     赤ん坊を折りたたんだマットレスの上に寝かせ、そのマットレスを赤ん坊ごと床の
     上で滑らせます。上下左右往復回転などバリエーションを持たないと早々に泣かれ
     ます。
     体勢的には雑巾がけに近い格好になり、全身に負荷がかかります。


    日々こういったエクササイズを行いますが、この方法のすぐれた点は、運動負荷である
    ウェイトが自動的に順次追加されていくことです。ジムなどと違い、そこに自分の意思
    や甘えが介在する余地は全くありません。




    ・・・・・バカバカしいので本日はこの辺で・・・・・・

    でも鍛えられるのは事実ではあります。

    朝陽と瓦

    朝、たまたま忘れ物をして家に帰る途中、いつもは見ない時間、方向から家を
    見る機会がありました。

    ↓ついつい写真を・・・
    2013112007570000.jpg

    朝陽にはオレンジの瓦のが映えますね。

    やっぱり黒よりこっちのほうがECO HOUSEらしいデザインです。



    ・・・あ、それだけです。

    保険金で焼け太り

    家とは全く関係ない話です。
    興味のない方は読み飛ばしを。



    これはある人に聞いた話です。

    出産というのは病気ではないので、健康保険が効きません。

    妊娠中の検診や検査は自治体の補助もある程度出ますが、自費(100%負担)
    になるものもそこそこあります。

    また、出産時の入院費用というのも自費(100%負担)です。

    この際、健康保険から一時金が42万円出ますが、一般的には50万くらい
    かかってしまって、多少足が出る、という人が多いようです。


    ところが・・・
    分娩が何らかの異常により帝王切開となるとワケが違ってきます。

    帝王切開は手術なので医療行為です。
    従って健康保険の適用となり、手術代や入院費については3割負担になります。

    分娩に関わる費用は自費となる部分もありますが、一時金の42万はここでも
    そのまま出ますのでそれで充分まかなえます。

    また、日付次第では高額医療費の対象となるケースがあり、せいぜい8万+α
    の負担で済んでしまうことがあるようです。

    そうなると、一時金の42万が余る、というケースも・・・

    出産一時金は固定払いなので、余った場合は健保組合に請求できます。

    私が聞いた相手は5万以上余ったそうです。


    -----------------------------------
    と、ここまでは最近出産に関わった人間であれば、よく聞く話。

    最近は少額医療保険なるものがあり、その中には妊娠中でも加入可能で、かつ
    帝王切開による手術、入院が支払いの対象となるものがある、・・・そうです。

    私の聞いた相手は、奥さんが帝王切開になりそうな予感がしたのでこれに加入
    していて、20万以上の保険金支払いを受けられたそうです。


    こうなると、通常分娩から帝王切開に切り替わっただけで本来十万以上支払う
    ところ数十万の収入があったことになります。

    まさに焼け太り、というところですね。

    そして、制度のおかしさというか不平等さも浮き彫りになってきますね。

























    ちなみに、教えてくれたのは H という人です。


    そのお金は全額奥さんに巻き上げられたようです・・・。


    アメニア 効果編

    若干しつこいかなと思いつつも、パッシブ加湿器アメニアの3回目です。

    今回は、実際の加湿効果ってどうなのよ、って話です。

    まずは時系列の温湿度状況を

    ↓設置3時間後 全然湿度が上がってません。
    2013111615490000.jpg

    それほど正確な精度の数値ではないものの一応計算すると・・・
    22.8度の飽和水蒸気量は20.36g/㎥、その37%では7.5332g/㎥

    ↓設置6時間ちょい ちょっとあがってきましたね・・・
    2013111619220000.jpg

    22.0度の飽和水蒸気量は19.44g/㎥、その42%では8.1648g/㎥

    ↓設置9時間後 あがってはいますがビミョー
    2013111621420000.jpg

    21.9度の飽和水蒸気量は19.33g/㎥、その44%では8.5052g/㎥


    ↓翌日 うーん効いてるんだかいないんだか・・・
    2013111710510000.jpg

    21.4度の飽和水蒸気量は18.78g/㎥、その43%では8.0754g/㎥


    ちなみに温湿度計のある場所はダイニングで、LDK約20畳+αのスペースに
    2台設置してます。

    設置前の湿度がずーっと40%を切っていたことを考えると、効果なし、
    ではないものの、なんとも微妙な結果です。

    考えられることはあります。
    この日は比較的暖かく、パネルヒーターがほとんど温まっていませんでした。
    そのため、熱源なしの毛細管現象のみでの加湿となり、蒸散量が減ったと考え
    られます。

    事実、パネルヒーターがある程度働いた翌日の夜は47%を記録していました。

    まさに外部条件任せ、パッシブの名に恥じない動作ということですな。


    実際の蒸散量は一日2回の給水で、3台で急須1個で足りてしまうので、今の
    ところはやっぱりビミョーではあります。

    2階でハイブリッド式の加湿器がパワフルに50%台を叩き出しているのと
    比較すると・・・蒸散量もかなりの差がありますね。

    これも経過観察ですな。

    パッシブ加湿器アメニア 続報

    先日の記事でレポートを途中でやめてしまったアメニアですが、気を
    取り直して続きを書きたいと思います。

    先日の斜め取り付き問題は、他のセットの金具とニコイチにしたら一応解決しました。


    2013111611210000.jpg

    それはつまり他のセットでも金具の長さがあってなかったということではありますが・・・
    工作精度には期待してはいけない代物のようです。

    開いている口から水を入れるには、水差しみたいなものがよいのですが、我が家には
    あいにくなかったので、

    ↓急須で代用
    2013111611180000.jpg

    ↓水を入れた量は非常にわかりにくいです。
    20131116111000001.jpg

    説明書には0.8リットル入れろ、とありましたが、あいにく私にはそのような几帳面
    さは欠落しておりますので、急須で2回弱の給水としました。

    が・・・、ある程度水を入れてみて思ったのは、
    これは地震でこぼれる覚悟が要る(--;)
    ということ。
    もう少し深めになっていても良いと思うのですが・・・。

    と、こことまであまりポジティブな情報になっていませんが、加湿器は加湿してナンボ。

    次回、その効果のほどを書きたいと思います。

    深夜に徘徊する黒いヤツ

    昨夜のことです。

    12時ごろ、部屋の外でなにやら物音がします。
    最初は気のせいかと思ったのですが、5分ほどしても音がするので、
    いよいよ気になります。

    警戒しながら廊下に出ると、ドライヤーのような音がしています。

    母がドライヤーでも使っているのかと一瞬考えましたが、洗面所は電気
    が付いておらず・・・。

    音源は1Fのようです。

    そして階段を下りていくとそこでこちらにまっすぐ走ってきたのは・・・

    真っ黒なルンバ!!!

    どうやらスケジュール機能で動き出したようです。
    とはいってもスケジュールを組んだ覚えはありません。

    怪談のようですが・・・、とりあえず動き回るヤツを押さえて設定を確認
    すると、”日曜の0時”でスケジュール設定がされていました。

    工場出荷時にデフォルトで設定されているんでしょか?
    それとも我が家には夜な夜な掃除させる妖怪、ヨナルンバでもいて勝手に
    ルンバにスケジュール設定しているんでしょうか・・・。

    若干の気味の悪さを感じながら、スケジュール設定を解除して寝ました。

    来週また動いたら・・・ドウシマショ

    パッシブ加湿器アメニア・・・・買ってしまいました

    先日の記事で悩んでいるなどと言いながら、都合48時間くらいの悩みの
    浅さで購入に至ってしまいました。

    ↓これです。パッシブ加湿器アメニア
    2013111611060000.jpg

    ↓高性能住宅用、なんていう施主におもねる感じがイヤですが・・・
    2013111611060001.jpg

    ↓使い方は簡単。パネルヒーターに引っ掛けて水入れるだけ
    2013111611060002.jpg

    ↓横から見るとこんな感じ
    2013111611070000.jpg

    ↓開けると
    2013111611080002.jpg

    ↓蓋は簡単に外れます
    2013111611080001.jpg

    ↓フィルターは・・・厚紙的なもの・・・
    2013111611080003.jpg

    今回送料無料にするために予備で6枚ほど追加購入したのですが、そもそも
    最初のセットにも6枚付いてます。しばらく購入の必要はなさそうです。

    と、ここまではウキウキ気分で開封していたのですが・・・

    ↓これはイラッとさせられたもの
    2013111611080000.jpg

    引っ掛け金具の長さがそろっていない・・・

    ↓これを使って引っ掛けるとこんな風に傾くという・・・
    2013111611090000.jpg

    自分の工作精度に自信がなくて購入したものが、この体たらくだとテンションが
    一気に下がりますな・・・

    というわけで若干やる気を減らしつつ、使用状況などのレポートは次回へ・・・

    我が家の壁紙

    今日は壁紙の話です。

    ECO HOUSEで家を建てる場合、一般的なビニールクロスやら珪藻土やら
    その他色々ではなく、

    ECOペーパーだとかECOレイムだとかパインパネルなんてものから選択
    することになりますが、我が家は全面的にECOペーパーです。

    で、このECOペーパー、ECOHOUSEの勝手な呼称と思われ、設計書面など
    見る限りではドイツのルナファーザーという壁”紙”なんです。

    ↓こんなん
    2013111322490000.jpg

    文字通り紙(とはいっても木材チップとか入ってますが)です。こいつが
    石膏ボードの上にぺたぺたと貼られ、塗装されます。

    塗装は色が選べるのですが、我が家はだいたい白、一部緑やピンクの薄い
    色になってます。

    紙の場合の耐久性は?と思うところですが、水はねなどしてもあまり問題なく
    普通に乾くだけです。跡なんかも今のところは見つけてません。

    ただし・・・
    よく歩く場所なんかで、無意識のうちに体でこすっているのか、角部分で塗装
    のはがれ、なのか汚れの付着なのか、が出てきています。

    ↓これ
    2013111322490001.jpg

    まあこういったものや汚れは自分で上から色塗っちゃえばよい、という考え方
    の製品なので、それなりに付き合ってみるしかないですね。

    とはいえプラモデルの塗装すらはみ出さずにやったことのない私が、上手く塗る
    自信などあるわけもなく、自分の家だからまあいいや、というおおらかな心構え
    が必要になるんでしょうーねー。

    加湿器始動

    昨今の寒さと乾燥(湿度40%割り込み)に耐えかね、加湿器を稼動することとしました。

    木軸構造だと柱その他に乾燥は大敵です。
    乾燥材を使っているのに、ここ1週間で2回ほどパキンという乾いた音を聞きました。
    夜中だとちょっとしたホラー現象です。

    引っ張り出した加湿器はDAINICHIのHD-500Aというもの。

    昨年まで使っていたシャープ製の加湿器が、突然タンクから無制限に本体へ水を
    供給してしまう、という事象に見舞われ(要するに水漏れ)たので、やむなく
    近所のディスカウントショップで緊急避難的に購入したものです。

    DAINICHIというロゴが、一瞬、というか真面目に読まない限りDAIKINに見えて
    しまうようなデザインなのは、狙っての物か偶然なのか、ここは敢えて突っ込まない
    ことにしますが、私はこのブログを書く寸前までDAIKIN製だと思ってました。(笑)

    とりあえず寝室で手持ちの加湿器を動作させたまでは良いのですが、1FのLDK
    あたりに回す機械がありません。

    そこで俄然気になっているのが、先日ECOHOUSE仲間のUさんがコメントで教えて
    くれたパッシブ加湿器アメニア

    加湿器の電気代というのはスチームタイプを選ばない限りある意味無視できる程度
    のレベルなので、電気代がかからないというのはそれほど購買欲をそそらないの
    ですが、パネルヒーター専用、というところがなんとも我が家にぴったり来る感じ
    で、強い引力を感じてしまっています。

    ただ・・・6台で15000円、フィルターもそこそこしますのね。
    楽天で3台8000円ちょいというのも見つけましたが、それほどのモノか?と
    ちょっと考えてしまう部分もあり・・・、例によって悩んでおります。

    だって・・・メーカーの人に聞かれたら怒られそうですが、なんかそこはかとなく
    似て非なるものなら手作り出来そう感が漂うのですもの・・・


    (答えは決まっているようなものですが)さてどうしますか・・・。

    ドアドア

    昔々、まだパソコンといえばPC9801シリーズ、ですらない時代、
    近所の友達の家にパソコンがあったので遊びに行って、なにをして
    いたかというと表題のゲーム。

    いまとなってはどんなゲームかすら覚えていないのですが、丸っこい
    生き物を操作していたような・・・。

    そんなどうでも良い話にそれてしまいましたが、今回はドアの話です。

    我が家のドアは、居室も洗面所もトイレもパントリーもそろいもそろって
    ドアはパイン↓です。
    2013111322500000.jpg

    それもクリア塗装タイプにしています。
    例外的に和室の引き戸なんかは別物ですが、それはつまらないので言及しません。

    ↓厚みは結構あって4cmくらい
    2013111322500001.jpg

    これだと遮音性もそこそこある感じで、ドア2枚隔てれば音はかなり聞こえなく
    なります。

    ↓パインの集成なので、模様も楽しめたり
    2013111322510000.jpg

    最初は
    母「ログハウスみたいでイヤ」
    嫁「節が嫌い」

    と評判はあまり芳しくなかったのですが、そこは慣れというものがあり、
    何回もしつこく展示場や見学会に連れ回していたら、後半は
    二人「木目がイイ感じ」

    とかぬかしておっしゃってました。

    湿度によっての伸び縮みは結構あるので時々開閉に支障が出たりもしますが、

    そのうち落ち着くでしょ、と気長に見ています。

    高高住宅と風邪

    私が高気密高断熱住宅を欲した理由はいろいろとありますが、その中の
    割と大きめのウェイトを占めるものとして、

    風邪をひきにくい

    ということがありました。

    自慢ではありませんが、と言うか自慢にもなりませんが、私の1年あたり
    での風邪やインフルエンザの罹患回数はだいたい5回前後。
    つまり、しょっちゅうなんやかやと熱を出したりのどが痛かったりしている健康
    管理のできていない人間なのです。

    そんな私にとって”風邪をひかない”というのは夢のまた夢。
    毎年皆勤賞が取れるような健康優良児をうらやましく横目で眺めていた私にとって
    是非とも行きたい人生の対岸(おおげさ)なわけです。

    そして、今年の6月から高高住宅に住み始めて、最初の夏を夏風邪も夏バテも
    なく乗り切って、

    おおこれは素晴らしい!!

    と思っていたのです。

    ・・・・・・・・・・が、


    先日風邪を引きました。

    赤ん坊⇒嫁⇒私 という家族間3連荘です。

    ※公式にはこうなっていますが、その実は私⇒赤ん坊⇒嫁。
     これがばれると家庭内で事件がおきます。


    そう、あくまで”ひきにくい”であって、”ひかない”ではないわけです。

    例えば家の中で、ソファでうたたねをしていて風邪をひく、というような
    シチュエーションはなくなるのですが、家の外では同じなわけでして・・・


    まあ、あまり過度な期待はせず、今年はあと1回くらいの風邪ひきで済ませる
    のを目標にしていこうと思います。



    全館暖房・・・その実態は?

    昨日今日と急に寒くなり、暖房設備のありがたみを感じる今日この頃です。

    昨日に引き続きパネルヒーター関連の書き込みをします。

    我が家では都合8台のパネルにて全館暖房となっています。
    設置場所は

    1F
    ・玄関
    ・リビング
    ・ダイニング
    ・和室

    2F
    ・寝室
    ・子供部屋
    ・和室
    ・洗面所

    こんな状態なわけです。

    パネルヒーターは不思議な感覚のもので、パネルの周囲1mほどの場所に
    いると、なんとなくその方向から熱を感じます。

    ただストーブのように熱くなることもなく、ビミョーにほわーんとあるか
    ないかの熱を感じる、というところです。

    床暖房のように直接触れる場所でもないので、暖房している実感はほとんど
    ありません。

    ただ、極端に体が冷えた時など、パネルに体をくっつけていると風呂に入って
    いるように暖まります。

    温水の温度も50度にしているので、子供が触って火傷する心配もありません。


    でもね・・・。

    ECO HOUSEのうたい文句にあるように、家中一定の温度ってほど一定でもない
    かもしれません。

    だってトイレなんかでは若干の温度差を体感できますもん。

    輻射熱なんで、ずーっと運転して構造体まできっちりと熱が入ればまた違うの
    かもしれませんけどね。


    あ、あと運転音がしない、ってのはエアコン暖房なんかに比べると相当よい
    ですよ。


    ・・・・まとまりのない記事だ・・・











    今日は寒かった・・

    関東では今日の夜はえらい冷え込みました。

    私の地域では20時時点の気温が7.4度、風速5mと言う状況で、幸いにして
    コートを持っていたので寒がりながらも何とか帰ってきたわけですが、

    家の中は ほっ とする暖かさでした。

    気温は↓
    2013111120150000.jpg

    湿度が若干低すぎる気がしますが、パネルヒーターは目盛り3で運転していて
    22度キープです。

    玄関にはいって ほっ とするのはこれのおかげ↓
    2013111121200000.jpg

    やたら大きいパネルがついているのです。

    パネルヒーターは換気の吸入口のそばにつけてコールドドラフトを防ぐのが
    セオリーなのですが、吸気と関係なく付いているのが玄関と洗面所。

    洗面所は浴室でヒヤッとするのを防ぐ目的とは理解していましたが、玄関は
    なんで?と思っていました。

    今日よくよくわかりました。
    玄関ドア開けるからですよね・・・。

    おかげさまで、今日の服装は薄手の夏物パジャマで過ごせます。

    パネルヒーターの燃費

    ふとオイルタンクを見てみたら、先日の給油時より50リットルほど
    減ってました。

    1リットルあたり104円程度で入れてますので、給油後20日で
    約5000円、月で計算すると7000円弱といったところですか。

    まだまだパネルヒーターは本格運転ではないのですが、給油後に
    ボイラーは落としてません。

    ピーク時で月1万くらい見ておけばよいのですかねー。

    経過観察です。

    夜の照明 子供部屋編

    長らく続いた夜の照明シリーズも今回で多分最後です。

    今日は子供部屋の照明です。
    ※子供部屋、といってもまだ子供が小さいので寝室と繋げていて、将来的に
     壁をつけよう、という物ではありますけど。

    ↓この部屋だけシーリングです。
    2013110619010000.jpg


    ↓調光調色タイプなので、電球色にもできます。
    2013110619010002.jpg

    ↓暗くすると
    2013110619010001.jpg

    ↓保安灯にも
    2013110920070000.jpg

    ↓リモコンがついていて、これで調整します。
    2013110619020001.jpg

    当初はどうせ子供部屋なんだからそんな贅沢いらん、という感じでシーリング
    にしたのですが、結果的には一番高機能、という状態に・・・。

    私の照明計画ってまったくもってちぐはぐな感じですねぇ。

    ↓いつものカタログはこれ
    子供部屋

    このくらい調整できてしまうと、一室一灯もアリだなと感じています。

    乳児に粉薬・・・

    我が家の子供、先日やっと3ヶ月になりました。

    そしてなったと思ってすぐに調子を崩し始め、人生最初の風邪を引きました。

    熱を出して夜間外来に行ったり昼間もあちこちの医者に行ったりと色々しましたが、
    やっと症状は落ち着いてきたようです。

    で、その中であるお医者さんからいただいた薬が粉。

    私、子供の薬っててっきりシロップで来るものだと思ってました。

    どう飲ませてよいのかわからないのでお薬手帳を見てみると、
    ・少量の水分を含ませて団子状にして口の中に塗り、その後白湯を飲ます
    とあります。

    ・・・うちの子、母乳しか飲んだことありません。
    なので、というわけでもないのですが、我が家には哺乳瓶すらありません。

    いきなりハードルが高いっす(汗)


    とはいえそんなこと言ってられないので、哺乳瓶一式を買って、お湯を準備して
    説明どおりにやってみると・・・

    哺乳瓶からお湯を飲んでくれない( ̄□ ̄!!)

    でも口の中に入れた薬はムニャムニャいいながらなめているので、団子状のやつ
    をそのまま規定量与え続けて、最後は母乳で仕上げてしまいました。

    結果オーライ・・・なのでしょうか・・・。

    夜の照明 寝室編 その2

    本日の夜の照明シリーズは、昨日書いたとおり寝室のもう一つの照明、
    ブラケットです。

    ↓これ
    2013110619000000.jpg

    ↓違う角度から見ると
    2013110619000001.jpg

    このブラケットは向きを変えられるタイプで、こんな風にもできます↓
    2013110619000002.jpg

    この照明はベッドの頭側の灯りとしていて、普段は天井を間接照明的に照らして
    使っていくはずでした。

    そして、調光にも対応しており、必要に応じて明るさの調節をしていこう、と
    考えていました。

    しかし・・・このどちらも現在やってません。

    理由その1:調光器のノイズ
     以前書きましたが、調光器と組み合わせた際、この照明、というか調光器側で
     寝室にしては結構なボリュームのノイズがします。
     引渡しギリギリ前まで調光器を取り替えてみたりして試しましたがノイズを
     消せなかったので、調光は断念しました。今は普通のスイッチがついてます。

    理由その2:赤ん坊
     赤ん坊が生まれてからというもの、この部屋はキッズルームと化しており、
     夜の8時には照明OFFで暗くなります。
     なかなか写真が撮れなかったのもこれが理由です。
     ベッドサイドなんてますます明るくできないので、使う暇がないのですな。
     長い目で見ればそのうち使う日がくるのでしょうか・・・。

    ということで企画倒れの高い買い物となっています(泣)


    ↓カタログは・・・これ・・・・です。
    寝室ブラケット

    我が家の照明で一番たかーい(笑)







    夜の照明 寝室編 その1

    久々の夜の照明シリーズです。

    今回は寝室なのですが、この部屋の照明をなかなか写真に収めることが
    できなくて、延ばし延ばしになっていました。

    寝室は2種類の照明になってます。

    ↓今日のご紹介はおなじみのダウンライト2つ
    20131106190000031.jpg

    寝室のメイン照明の扱いで、電球色にしています。
    ベッドに寝た状態で光源が目に入らないよう、ベッドに寝た位置から
    足元方向に設置しています。

    ↓スイッチは取ったらリモコン
    2013110619030000.jpg

    ↓リモコンを外すと
    2013110619040000.jpg

    ↓裏返すと
    2013110619040001.jpg

    ベッドに寝たまま照明を消すのに便利かなと思ったのですが、結果的には
    全然使っていません・・・残念ながら。

    スイッチまでの距離が短いので、リモコン探す前に壁のスイッチ押しちゃう
    のですね・・・。

    いつものカタログは毎回のダウンライトと同じなので省略します。
    高気密SB型の白熱灯60Wタイプです。

    次回は見事に企画倒れしたもう一つの照明をお見せします。

    家庭菜園の状況

    先日の記事で、花壇、と評した家庭菜園ですが、ほうれん草や大根などが
    芽を出し始め、ちょっとずつそれらしくなってきました。

    2013110214360000.jpg

    なんか隅っこのほうに花が植わっているような気もしなくもないですが、
    きっと気のせいでしょう。

    花壇じゃない、花壇じゃない・・・

    ちなみに花壇、もとい家庭菜園の周囲にぐるりと砂利をまきたいのですが、
    まだ半分ほどしか施工できていません。

    砕石6号だと20キロで200円ちょっとと価格はお手ごろですが、薄く
    撒いてもあと5袋以上必要な感じです。

    費用よりも運搬の手間が問題ですね。

    子育てタクシー

    昨日、子育てタクシー、というものを利用しました。
    なにそれ、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、端的に言うと私の地域のあるタクシー会社がやっている迎車サービスで、事前に登録しておくと急な呼び出しでも迎車料金なしで家まで来てくれるものです。
    子供が熱を出して、夜間受付している病院へ連れていくのに、機嫌が悪くてとてもチャイルドシートに乗ってくれそうもなかったので利用しました。

    とてもナイスなサービスなのです…が、残念なことが一つ。
    私の地域もタクシーが禁煙になって久しいのですが、長年染み込んだ匂いというのは取れないもので、
    子供が嫌がる
    嫁が気分が悪くなる
    という状態に…
    (禁煙の車内でタバコ吸っちゃう運転手さんも未だにいますよね)

    しまいには嫁は窓全開にしなければ乗っていられなくなり、私は子供が寒くないよういろんなものでスマキにして耐える、という顛末でした。

    タバコって吸ってる本人は気にならないのですが、周囲には結構キツイ匂いなんですよね。しかも時間を置いてもなかなか消えない。私もやめてからわかるようになりました。

    そういえば以前ECOHOUSEの見学会に行った際、ご主人専用の喫煙室というのを見たことがありますが、家族がスモーカーでなければ多分他の用途には使えなくなりますね。
    (そういえば換気計画とかどうしてたのかしら…)

    つらつらとまとまりのない話になってしまいましたが、言いたいことは

    タクシー会社さん
    ナイスなサービスですが、もうちょいの配慮があるともっと利用者が増えると思いますよ。

    以上でしたm(__)m
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR