FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    大晦日のメンテナンス

    今年もいよいよ終わり。今日は何もなく過ごす予定でしたが、一つ忘れていた
    ことがありました。

    2ヶ月に1度のサイクルでやってくる換気扇掃除です。

    新聞を引いて、6箇所ある吸気用換気扇のフィルターをまとめておきます。
    2013123115130000.jpg

    そこそこ汚れている感じ。

    ↓前回は表裏がわからなくなったりしましたが、今回は方向を揃えてます。
    2013123115130001.jpg

    そして、これをまとめて掃除機で吸っておしまい。簡単なもんです。


    ちなみに排気用換気扇は4ヶ月単位でよい、ということが前回判明したので、
    今回は見送ってもよいのですが、一応チェックしてみると

    ↓ちょっとホコリが目立つ
    2013123115280000.jpg

    不思議なのは、1Fの3台はほとんど汚れておらず、2Fはだいたい汚れている
    というはっきりとした違いがあったことです。

    まあこちらもモノのついでにふき取りました。

    これで気持ちよく新年を迎えられるかな。

    皆様良いお年を。来年もまたお付き合い下さい。
    スポンサーサイト

    寒すぎるっ

    昨夜は非常に冷え込んだようですね。

    私の地域で最低気温は-4度くらいだったようです。

    毎年の最低気温がだいたい-6~-7度くらいですから、真冬といっても
    良いくらいの気温です。

    朝起きて感じたのは、家の中がなんとなく寒い、ということ。
    パネルヒーターの設定はいつもどおりでしたが、気温がだいたい19度まで
    しか上がらず、体感はそれよりも下な感じでした。

    比較的温暖なⅣ地域でこんな感じだと、寒冷地の次世代省エネ基準って全然
    断熱足りないことになりますね。
    ※我が家の仕様だとⅠ地域のは下回るくらい?

    まあ我が家でもパネルヒーターにエアコン足して運転しちゃえば、もっと冷え
    こんでも大丈夫でしょうが、それだと暖房費がえらいことになりそうです。

    Ⅳ地域でもC値Q値を上げておくに越したことはないようです。

    さてさて特殊仕様になっている来年完成のUさんの家はどんな感じでしょうね。

    HDMI切り替え器

    新しくパソコンを買って、移行が終わるまではしばし2台体勢なわけですが、
    ディスプレイは1台なので、いちいちケーブルを差し替えるのが面倒で・・。

    とはいえ、PC切り替え器なんて高いものを買うのも、たかだか長くて1ヶ月
    程度の併用期間には贅沢すぎてどうかしてるわけです。

    そこで何かないかと探し回って見つけたのがこれ↓
    2013122909340000.jpg

    HDMIケーブルを3本させるようになっていて、ボタン一つで切替ができます。
    お値段は980円。
    幸いにして我が家にはHDMIケーブルだけは意味なく余ってますので、こういった
    機器を買った際にさらに余分な出費はありません。
    ※HDMIケーブルは高いですから。うかつに買うと3千円くらいしたり・・・。

    マウスとキーボードは2台ありますが、これらを使い分けるのは会社でも日常茶飯事
    なので、苦になりません。

    これでPC環境整備もこの辺にして、しばらくはこれでやっていきます。

    結露ですなぁ・・・

    加湿器を2台体勢にして、これで乾燥問題に終止符を打った!と思って
    寝て起きたその朝、窓が結露しました。

    2013122910190000.jpg

    今まで洗面所では入浴後などに発生することがありましたが、居室では初めて
    見ました。

    加湿しすぎってことですかね・・・

    でも湿度は50%前後です。夜中によほど外気温が下がったのでしょうか?

    調べてみると、確かに昨夜は寒くて0時の段階で既に氷点下でした。
    明け方はかなり冷え込んだと見てよいとは思いますが、

    でも真冬はこれからですよ、この気温でこの湿度で結露するようでは看板に
    偽りアリと言われますよ!! ⇒ECO HOUSEさん

    これまでの状況から40%台では結露しないようですが、それでも外気が
    -5度を下回ればわかりませんね。

    まぁ結露っていっても写真のとおりで、窓下から1cmちょいの幅。
    さっと拭いてしまえばおしまいなので、実害はほとんどないんですけどね。

    湿度コントロールはほんとに難しい・・・。

    WAXを塗りました

    入居してから半年ほど経過しました。

    メンテナンスブックによると、フローリングのワックスは4~6ヶ月
    おきくらいに塗る、とあるので、そろそろ塗り時になります。
    ※私はこういう風に範囲で書かれると、自分に都合のよい形で解釈します

    ということで、入居後半年にわたって冷蔵庫を占有してきたこいつの出番
    2013122821500000.jpg

    ※天然素材のため、冷蔵庫に入れとかないとカビるんだとか・・・

    そして同様にメンテ用にいただいていたバケツも出番
    2013122821510000.jpg

    ※かかっている炊事手袋は気にしないでください。


    説明を見ると・・・水1リットルあたりキャップ2杯を溶かし、柔らかい布
    で水ぶきの要領で塗る、とか。

    柔らかい布・・・うーむ、適当な物がない・・・何を使うか・・・とちょっと
    考えて、車のワックス拭き(新品)を使っちゃうことにしました。

    準備はOKなのですが、水1リットルがどの程度の面積をカバーするものなのか
    わからないのが残念なところ。
    とりあえず1リットル分混ぜて、試行錯誤してみます。

    まず2Fから。
    2Fは主寝室、将来の子供部屋、ウォークインクロゼット、廊下が対象です。
    面積はあわせてだいたい20畳弱。

    ・・・・あ、ここから写真ないっす。

    ふつうに塗りこんでいくと、2Fはワックス余りました。

    そして、1Fはというと
    リビング、ダイニング、キッチン、パントリー、廊下が対象で、こちらの面積は
    だいたい24畳程度。

    こちらも塗り塗りしていくと、こちらはパントリー以外が完了した段階で1リットル
    では不足、という微妙な結果でした。

    結局そのときの塗り方次第、つまり塗り手の気分次第ってところですな。


    本当は塗る前、塗った後の写真でも撮ろうと思っていたのですが、あまりにも変わり
    映えしないのでやめました。匂いもないですし・・・。

    ただ、ワックスを塗った後の注意点が一つ。

    滑ります。

    メープルのフローリングのように滑ります。
    靴下履いているとフィギアスケートの真似事ができそうです。

    子供を抱っこして階段を下りたところでツルっとなり、危うく事件を起こしそうに
    なりました。


    ところで、フローリングでも家具を置いてしまった場所ってワックス塗れませんよね。
    テーブルなんかはいいのですが、ピアノとか、食器棚とか・・・
    皆様まさか家具移動してまで塗ってませんよね・・・。

    同様に、階段下収納の床とか、各種作り付け収納の床とか、どこまでやるかビミョー
    な場所があり、今後どこまで面倒みていくか決めかねています・・・。






    加湿器追加・・・

    年末年始休暇に入りました。
    昨日は酔っ払い⇒頭痛⇒体調不良のコンボが炸裂し、ブログ更新どころか
    PCの電源さえ入れられない状態でした。

    さて、そんな最悪な状態で幕開けした連休ですが、初日に私がやったことは
    加湿器を買うこと、でした。(汗)

    以前から湿度に関して悪あがきを続けて参りましたが、本日はほんとにカラカラで、
    21時現在の外気温1度、湿度56%です。

    これはつまり、水蒸気量たったの2.9g/m^3ですから、現在の室内温度21度
    で見ると、湿度は16%に相当します。

    今日一日、寝室では加湿器1台がフル稼働、かつ洗濯物その他で湿気を求めて
    やってきましたが、喉鼻とも渇きにやられている感じです。
    湿度は終始35%前後までしかあがりません。

    やはりもともとウォークインクロゼット込みで17畳の空間を8畳用の加湿器でなんとか
    しようとしたのが無理でした。
    絶対的な加湿量不足です。

    そこで近所で購入してきたのが、少し大きめのDAINICHIのHD-RX713という12畳
    用のタイプ。
    2013122819370000.jpg

    これより大きいものもあるのですが、加湿能力も増える代わりに消費電力が跳ね
    上がるのでこの辺で手を打つことにしました。

    こいつを従来からあるHD-500Aと併用します。

    運転前の室内の温湿度状況は
    2013122819380000.jpg

    運転開始して約1時間半たちましたが、現在は湿度50%近くまで来ました。
    ※写真は子供が寝てしまったので取れません。。。

    長らくウダウダした湿度問題ですが、結局金の力で解決、という芸のない形となり
    若干遺憾であります・・・。

    11月~12月電気代

    クリスマスのプレゼントのように、電気使用量のお知らせが来ました。

    先月より千円ちょい下がりまして、13800円くらいとなりました。

    秋口に下限値として記録した10000円弱からすると、まだまだ高い
    水準ですが、先月よりは電気の使い方を色々と見直していますので、
    正直これより下げる方策が現状では見当たりません。

    冷蔵庫を1台にするとか、外の井戸ポンプをやめるとか、普通の家に
    近づける余地はあるのですが、家庭の事情的には無律っす。


    ・・・というか、加湿器も全てエコ運転に切り替えたのにいったい何が
    おおよそ3000円くらいの電気代になっているのか、気になって調べて
    みると、


    パネルヒーターって灯油式でも電気代かかるのですね!


    考えてみればそりゃそうです。温水を循環させるポンプが動いてますから。
    しかも24時間。

    これが秋との差額のうちどれくらいを占めているかは判然としませんが、
    少なく見ても千円単位の影響はあるでしょうね。



    月々7千円での全館暖房?なんのことです?

    高い性能?

    先日パソコンを購入するにあたり、ふと思うことがありました。

    例えばこのページ

    事情を知らない人はパッと見で何の判断もできないと思います。
    なぜなら、どのCPUも
    ・スマートなパフォーマンス
    ・インテリジェントな高性能
    なんて言葉で語られていて、よくわからんから・・・。

    まぁCPUはいいんです。新しいのはおおよそ速いとわかっているから。


    でも同じような感じで、住宅の性能が語られることってよくありますよね。

    ・XXをXXの厚さで充填したことによる高い断熱性
    ・次世代省エネ基準に適合した高い断熱性
    ・年間電気代がXX円を下回る高い省エネ性能
    ・・・etc

    自分で言ってりゃ世話ないよ、と思うのは私だけですか?

    これらの”高い”の部分は主観的評価であって、事実かどうかは別のところ
    にあるものです。

    でも事情をしらないとついつい誘導されて、その評価を無意識に受け入れて
    しまうものです。


    もしこれが結婚紹介所の男性のプロフィールで行われていて
    ・160cmを超える高い身長
    ・100万円台という恵まれた年収
    ・55歳という将来性のある若さ
    ※プロフィールは架空のものです。

    なんて書いてあったら、皆さんツッコミをいれますよね。
    事情というか相場がわかっているからです。

    でも事情のわからない分野では、これに相当するものを買わされてしまうことも
    あるかもしれませんよ・・・。

    感覚的な勝手な評価は要らないので、評価を判断するに足る数値だけ提示して
    もらいたいものです。⇒広告を考える人へ

    ふろ自動・・・は怪ではなかった

    先日の記事で、NORITZのふろ自動ボタンがいけてないと嘆いていた私を
    通りすがりの方が諫めてくださりました。

    しかし、何事も自分の目で確かめないと気がすまない私は、自分が家族の最後に
    入浴する日を待って、例のボタンの検証をしてみることにしました。

    ↓まずは既にお湯は張ってあるのですが、ふろ自動ボタンを押します
    2013122423100001.jpg

    ランプがついて、41の数字の上に湯気のマークが出てますね。


    ↓そして入浴が終わり排水も完了
    2013122423340000.jpg


    ↓この状態でもふろ自動ボタンは押しっぱなし さて、どうなるか・・・
    2013122423320000.jpg


    ↓なんかちょろっと水だかお湯だかが出てきました。そしてすぐストップ
    2013122423350000.jpg

    ↓その後ちょっとしてバシャーッと
    2013122423360000.jpg

    ↓1分くらい出たでしょうか、この程度たまったところでストップ
    2013122423360001.jpg

    ↓そしてふろ自動ボタンが消えました。
    2013122423370000.jpg


    なるほど、通りすがりさんのおっしゃる通り、仕様的な動作のようですね。

    私が今まで見てきたのは、上記のバシャー部分なのですが、とてもとても途中で
    止まるようには思えず、強制的に止めていました。

    検証してみて、ふろ自動ボタンは放置していてよいことがわかったのはよかった、
    のですが・・・・

    願わくば、こういった話は説明書のもっと目立つ場所に記載して欲しいものです。
    ボタンの機能を列挙するのではなく、お湯はり~流すまでの動作になっていれば
    半年も不審に思わずに済んだのですけど・・・・。

    それとも皆こういった機械には慣れてるのかしら(汗)

    いずれにしろ、先日の記事は誤報でありましたこと、お詫びいたしますm(__)m

    家庭菜園の状況

    前回家庭菜園の状況を書いてから1ヶ月半ほどが過ぎました。

    ほうれん草や大根たちは元気に育ち、徐々に食卓に上がるようにもなって
    来ました。

    2013122112450000.jpg

    野菜も安くないですから、少しでも家計の足しになればよいのですが・・・

    ん?奥のほうに見える黄色やピンクは・・・

    ↓OREINTAL LILY BELONICA とある・・・
    2013122112450001.jpg

    やはりなし崩し的に花壇兼用にされつつあるようです・・・

    パソコンの買い替え

    WINDOWS-XPが来年4月でサポートが切れることにかこつけてため、パソコン
    を購入することにしました。

    我が家のパソコンは2005年製のVAIO。当時はそれはそれは速いほうのマシンで
    したが、8年もたてばパソコンなんてもう引退間近のロートルです。
    とはいえ、8年の間には色々と手を入れつくして、もう全然もとのパソコンではなか
    ったりするのですが、そして当然ながらメーカー保証なんてものもさっさと無効にな
    っていたりするのですが、最近はいろいろと重くなっているのをチューニングで何とか
    しよう、という気すら失せていました。

    で、久々にパソコンを買おうなどと思うと、もう完全に浦島太郎状態で、すべての用語
    が暗号なんですな。
    CPUはどれが早いのかわかりませんし、どのくらいが必要十分な性能かもよくわかりません。
    わからないなりにいろいろ調べていって、まあ予算10万かけないでおこう、という程度
    だけ決めたアバウトな状態で、近所のビックカメラやソフマップめぐりをしました。

    しかし、見ていると何かが引っかかります。
    私の心の声が、ここにある商品は高い、とささやくのです。

    しかも財布を見たらポイントカードすら持参していないことに気づき、一旦退散。

    家でネットを見ながらあーでもないこーでもないと無駄に考えること2時間、私もプロの
    端くれなんだからパーツショップ行っちゃったほうが安いんでは?などと無謀なことを
    思いつき、近場のショップに行ってしまいました。

    そこで店舗入り口近くで目に留まったのが、展示品上がりの特売品。
    金額を見て、パーツを個別に買った費用とはかりにかけると、どう考えてもこちらが安い。

    フルで自作したかったところでしたが、
    「今回はこれくらいでかんべんしてやらぁ」
    とよくわからないセリフで自らを納得させ、特売品を購入しました。
    金額は8万ちょい。

    で、家に帰って箱を開封してみると、
    ・マウスがない
    ・電源ケーブルが見当たらない

    ・・・・・ま、安いお店ではこういったこともありますよね。
    とりあえず電話して欠品を伝えたところ、明日には宅配してくれるとのことでした。

    が、目の前にある新品?パソコンを触らずにいるとうずうずして精神衛生上よろしく
    ありません。

    引越しの際にいろいろとまとめたガラクタ箱を探してみると、ありましたありました
    電源ケーブル3本、マウス2個、HDMIケーブルも3本・・・。何でこんなに?( ̄△ ̄;)

    というわけで、それらをくみ上げていろいろとセットアップが済み、こうしてブログを
    書いているわけです。

    これから何ヶ月かかけて、ゆるゆると旧PCから色々移行しようと考えております。

    風呂自動の怪

    事件は風呂場でお湯を排水しているときに起きました・・・。

    ↓我が家の風呂場のリモコンです。
    2013122100120000.jpg

    主に使うボタンは
    ・ふろ自動
    ・追いだき

    なのですが、この「ふろ自動」ボタンがクセモノなのです。
    ※私はいままでこういった文明機器のある家に住んだことはありません。
     その前提で読んでください。

    説明書によると、このボタンの機能は
    ・お湯はりをする
    ・自動的に保温する
    となっています。

    まあ普通に考えておふろをくむためのボタンである、と考えますよね。

    で、そのつもりで使っていたのですが・・・

    ある日、最後にふろに入った私が排水ボタンを押して、洗面所で歯など磨いて
    居ると・・・

    突然風呂場の給湯口からお湯がドバーっと!!

    そう、「ふろ自動」ボタンが押しっぱなしだったのです。
    そう、自動 なのです。

    このボタン、とにかくふろをお湯たっぷりで適温状態に保とうとするので、
    ボタンが押されている間、湯量と湯温を監視しているのです。

    で、追い炊きの循環口よりも湯量が減ると自動でお湯が出てくる、と・・・。

    なんか間違ってません?⇒メーカーの人( ̄ ̄;)
    せめて、お湯はりで押した後は自動的にOFFになるべきなんでは?

    夜中に勝手にお湯が出てくるのはちょっとしたホラーですよ。

    それ以来、ふろをくんでは、このボタンをOFFにするようにしていますが、
    時々忘れては排水後にお湯がジャーっと・・・。

    アメニアさん フィルター交換

    購入してから1ヶ月ちょい・・・、微妙な働きぶりのアメニアさんですが、フィルターが
    汚くなりすぎな気がしたので、交換することにしました。

    ↓フィルターです
    2013122111050000.jpg


    汚れっぷりは・・・
    見たくない方はここまでにしてください。





























    いいですか?























    ↓うえぇぇぇぇ
    2013122111060000.jpg

    ↓下のほうはそうでもないけど、ところどころカビも・・・
    2013122111060001.jpg

    フィルターは8週間を目安に交換とのことでしたが、あと4週くらいこれを
    使い続けるのはちょっと抵抗があります。

    ↓新品にチェンジ
    2013122111100000.jpg

    これでまたバリバリ働いてもらいたいところですが、どうせ微妙なんでしょうね。

    調湿素材の効果のほどは・・・

    ここ最近の湿度カラカラ騒ぎにより、”自然素材の調湿効果”というものに
    疑念を抱くようになって来ました。

    よく言われるのが、無垢材やら珪藻土やらは湿度が高くなるとそれを吸収し、
    湿度が低くなるとそれを放出する、なんて言われてますよね。

    浴室とカビの関係で書いたように、それはある部分真実なのだとは思います。


    しかーし、
    世のハウスメーカーのナンパ師営業さんがところどころで営業トークに使うような
    部屋の湿度を調節してくれそうなほどの機能はないようです。
    というか、あっても微々たるものでしょう。

    我が家は

    床:無垢
    壁:紙
    天井:紙 アーンド 無垢の梁
    ドア:無垢
    おまけの断熱材:透質性のあるいわゆるインシュレーションボード

    という調湿素材のオンパレード状態ですが、夏は除湿しないといられませんし、
    冬は加湿しないとダメです。
    こいつらで10%も20%もなんとかできるものではないのです。


    よく考えたら当たり前の話で、調湿なんてタオルでもしますよね。
    でも、壁一面床一面うっすいタオルだったとしても、そいつらをきっちり濡らして
    おかないと、部屋の湿度なんかあがるわけない・・・。
    夏だって、吸った湿気の行き場がなければ湿度なんか下がらない。


    あ、文句を言っているように見えるかもしれませんが、私別にECO HOUSE
    からそんなセールストークされてないです。ただ、色々なビルダーを回っている
    うちに、あるいは様々な住宅関係の本を読むうちに、色々な人から知らず知らず
    そんなイメージを植え付けられていた、というだけです。


    これから家を建てる方、もしどこかの営業さんが
    「うちは調湿素材を使ってるから室内が快適になりますよー」
    的なことを言ってきたら、
    「どのくらい湿度に影響するん?データで見せてよ」
    って言ってあげると良いと思います。






    灯油購入

    灯油を買いました。

    先月は22日に購入していますから、だいたい1ヶ月に1回買っています。

    今回はおおよそ140リットルちょい入って15440円。

    残量1/4切ってから頼んだ割りには、思ったより入りませんでした。
    車のガソリン残量と同じで、タンクの目盛りは若干余裕のあるほうに設定されて
    いるようです。

    ただ、当初月1万程度と踏んでいた私の見積もりがどんどん外れていきます。

    パネルヒーター使いすぎなのかしら?でも湯温50度で各パネル3・4設定
    ですから、説明書に書いてある標準的な使い方のはず・・・。

    こうなると35坪で月7000円とかいう例の話も若干眉唾になってきますね。

    まあ最近寒かったし・・・と無理やり自分を納得させますか。

    ECO HOUSEの玄関周りの屋根形状

    最近あまり家に関する記事を書いていなくて、何のブログがよくわからなくなって
    来てますので、初心に戻り少しECO HOUSEのことでも書こうと思います。

    最近T様邸の完成現場見学会がありましたが、それを見ていて思ったのが、玄関の
    屋根の作りが見たことある!、というものでした。

    T様邸の玄関はここに載ってます。(外壁新色2棟目 の回)

    玄関外側を若干建物から張り出させるこの形、サードプランあたりで私も提示されま
    した。張り出し部分に屋根を付けず、2Fまでを箱型に出すこの形、外壁はT様邸の
    ように木製サイディングにすることも、通常のモルタルにすることもできるようです。

    で、ご存知のように私はこの形を採用しませんでした。
    理由は
    ・張り出しの2F部分まで面積がいらない、というか間取りが上手く収まらなかった
    ・屋根がないことで防水の面で不安があった
    でした。

    防水の件は10年だか20年だかの保証期間がある、とのことでしたが、それだとバル
    コニーと同じような感じで、しかもこちらは後々の再施工をサボれない、というのが気に
    なったのです。

    ※しかし、よくよく見るとT様邸は2Fをバルコニーと繋げてますね。これならそれほど
     雨漏りに神経質にならなくてもよいかも・・・。


    この形をとらない場合、Uさんの家の形か、私の家の形の2拓になるようです。
    Uさんの玄関先屋根

    ⇒うちの玄関先屋根
    玄関

    どちらも1Fのみ張り出させて、下屋を付ける形です。違いは屋根の方向だけ。

    どちらにします?と聞かれてなんとなく今の形を選択したのですが、後になって思った
    ことが・・・。

    部材の数的に、ちょっと高くついた?かも・・・と。
    うちの形だけ雨どいが左右で2本なんですね。瓦の数はあまり変わらない気もします
    が、どうだったんでしょうね。

    ちなみに、玄関張り出し、を前提にここまで書きましたが、そんなことしていない家も
    ありました。スペースとか間取りの都合とか人によって優先度は色々ですから、この辺
    は一概にどれが良いとも言えませんね。

    ただ、今日のような雨の日は玄関外の屋根の張り出しがあると重宝しますよ。

    その寄付金に意味はあるか?

    ちょっと個人的な事情で毒を吐きます。
    嫌いな方は読み飛ばしをお勧めします。
















    卒業した大学から郵便物が来ました。
    中身は毎度の寄付金の募集です。

    なんでもXX周年記念行事を行うのに3桁億円かかるから、そのうちいくらかを
    まかないたいので寄付してくれ、というものです。
    この段階で突っ込みどころ満載な気もしますが、さらにさらに

    ずいぶんと高そうな紙と印刷のパンフレットが付いてます。
    そしていやらしいのが、そのパンフの後ろのほうに、
    「いままでに誰がいくら寄付したか」
    がリストになって記載されていました。

    なんなんでしょうね、この人たち。

    XX周年記念行事だかなんだか知りませんが、卒業した学校にそこまでの思い入れ
    はありませんし、行事の内容を見てもそこに実施者側の自己満足以上の意味合い
    を見出すことができません。

    なにより、卒業して以来、この組織から受け取った郵便物は
    「金寄こせ」
    以外の趣旨のものは一つもありません。

    「あなたも在学中は我々にお世話になったでしょう?」
    というニュアンスでたかりに来るのがイヤです。

    おおよその金銭のやり取りが発生する相手のなかで、これほど偉そうにしている
    人たちは
    「学校関係者」
    「医療関係者」
    「宗教関係者」
    くらいなもんです。
    恩なんてないですよ、何も習ってないですもん。
    講義に出席なんてほとんどせずに、自分で勉強して試験だけ受けて卒業したんですもん。
    卒業以来、校舎の周辺すら通ったことないですもん。

    それにね・・・
    こんな高そうなパンフ作らなければ、行事の予算ももう少し抑えられるのでは?

    寄付を集めるならもっと有意義な使い道があるのでは?

    宗教と同じ金集めのやり口に見えるけど、それはやはりそれ系の学校だから?



    疑問と懸念と怒りと文句は尽きませんが、とりあえず言えることは

    関わりたくないのでお引取りください。

    です。

    ルンバ事件

    日曜日の昼下がりのことでした。

    寝室でぐずぐずと寝転がっていると、無人の階下から聞きなれた電子音が
    突然鳴り響き、続いてドライヤーのような音が・・・

    何事かと降りていってみると、やはり・・・ルンバが勝手に掃除を始めてます。
    今度は昼の12時設定がされていました。

    先日の記事で夜中に勝手に動くスケジュールは消したはずです。

    やはり誰かが勝手にルンバにスケジュール設定をしているのか・・・

    考えられる犯人は
    ・母
    ・嫁
    ・電源が切れると勝手にスケジュール設定される仕様を設計した?ルンバの設計者
    ・私
    ・妖怪ヨナルンバ

    1番目と2番目の可能性はなさそうです。メカ音痴ですから。

    となると、私が寝ている間に夢遊病のようにスケジュール設定しているのか、
    それともやはり妖怪が居て・・・イヤイヤ

    続 湿度がヤバく・・・

    昨日、様々な方策?を取ってみた湿度対策ですが、効果のほどはかなーり
    微妙です。

    現在の室内環境 温度22度、湿度40%です。

    外気は気温4度、湿度62%、水蒸気量は3.9494g/m^3ですので、昨日と
    条件はほぼ一緒です。

    つまり・・・洗濯物室内干しの効果は2%ちょい・・・。

    小手先ではなく抜本的な対策を考えなければならないようです。

    昨日、既に洗濯物の効果が微妙であることに気づいた段階で、たまたま不在
    だった母の部屋から加湿器をぶん取り、2台体制で運転してみたところでは
    40%台後半の数値を早々にたたき出しました。

    よって、まっとうに考えるのであれば、加湿器の追加、が妥当な対策のよう
    です。

    しかし、ひねくれものの私はまだまだ悪あがきをするつもりです。

    今日はバケツにお湯汲んで部屋においてみたりしています。

    さてさてどうなりますか・・・。


    湿度がヤバくなってきた

    本日の室内環境 温度22.7度、湿度38%です。

    昨日あたりから、湿度が40%を切ることが当たり前のようになってきました。

    どうやら加湿器の加湿能力では不足してきたようです。

    それもそのはず、ここのところの外気の乾燥度合いがひどくなってきています。

    今日の12時時点の予報では、気温9度、湿度44%です。

    9度の飽和水蒸気量は8.83g/m^3ですから、その44%は3.8852g/m^3。
    空気中の水蒸気量が4gを切ってます。

    気温22.7度では飽和水蒸気量は20.24g/m^3ですから、この水蒸気量だと
    素の湿度は20%を切ってます。それをなんとか加湿器が倍くらいにしている、
    という状況です。

    とはいえこの湿度だと喉も痛くなってきますし、インフルエンザ予防などを考慮すると
    湿度はなんとか40%以上、できれば50%欲しいところなので、何か対策を考えなけ
    ればなりません。

    加湿器を追加、というのも手ですが、ここは費用をかけずに行きたいところ。

    そこでこうしました。
    2013121510580000.jpg

    室内で洗濯物を干す( ̄▽ ̄;)

    前住居で使っていた室内物干しを引っ張り出してきて、子供用の洗濯物を干して
    みたら、あらぴったり!。

    これでどの程度しのげるか検証してみます。


    あみもの

    といっても私が編んだわけではありません。

    嫁が息子用の靴下を編みました。
    2013121422050000.jpg

    半日ほどかかったでしょうか。
    その間、子守を仰せつかって結構大変でしたが。

    私は編み物をしない人間なので、正直上手いも下手もすごいもすごくないも
    わかりません。

    ただ、よく採寸もせずに適当に編み始めて、ぴったりの物をつくれるよなー
    とは感心してます。

    すぐ小さくなるんですけどね。

    売れてる物は良い物か?

    私の業界、お客さんに提案を持っていくときに、売れ筋のモノを組み合わせて
    行ったりします。

    お客さん側でも、他の採用実績というものを気にする人が多いように思えます。

    これは私の業界に限った話ではなくて、その辺で服を買う、家電を買う、魚を買う
    など、色々な売買において、売れているものを売る側は売りやすく、買う側も買い
    やすい、という状況にある、と言うことだと思います。

    ただ、なぜ買う側がそういった消費行動に出るかというと、当然ながら良いもの
    を求めてのものであるわけで、他の人が買っているなら良いに違いない、という
    想定からですよね。

    で、気になるのが、本当に売れている=良いもの(自分にとって)なのか?という
    ことです。

    話題のラーメン屋の行列に並んで、食べてみたら思っていた味と違う、なんてこと
    は経験した方多いと思うのですが、これは

    ・売り手が如何に売るか、に重点を置いているダケのケース
     上記で言えば、如何にメディアに露出するか、など

    ・客がそもそも他人と趣味嗜好が違うケース
     上記で言えば、相当なグルメとかゲテモノ食いだった、など

    なんかが考えられますね。
    要は、売れている理由が”モノが良い”とは限らないし、その”良い”の尺度も
    他人を使っては測れないかもしれない、ということです。

    なんで急にこんなことを書き出したかというと、仕事で
    ・これだけよそで使われているんだから確かな物でしょう
    ・これだけよそで使われているんだからその辺は考えられているでしょう
    などなど他の人が言うのを横目に見ながら、結果裏切られる、という出来事が
    立て続けにあったからです。

    実際に売れた数よりも、その後買った人が満足しているかどうかのほうが
    重要ですよね。でも、そういった情報は入手しにくいので、売れた数で勝手に
    満足度を想像してしまう、売り手はそれを狙って広告戦略を練る、みたいな
    ダメな構図にはまってしまっていました。

    売れた数=過去に付き合った異性の数
    商品のよさ=異性としての本当の魅力
    と置き換えてみれば、売り上げNO.1を商品が良いものと推定するのは、
    ナンパ師や結婚詐欺師は最高に男前と考えるのと同じ、になってしまいますよね。

    「みなさんこれを選ばれています」
    「大変ご好評いただいてます」
    「XXでの採用実績No.1です」
    ・・・

    知らず知らずにセールスの心理的罠にはまらないようにしなければいけない、と
    改めて考えた次第です。

    なんですかこれは?

    米米クラブの歌ではありません。

    パントリーをたまたま見回した際、ふと目に入った物が。
    2013121223480000.jpg

    ”木”です。

    長さ25cm、縦横10×15cmくらいの何かの端材です。

    断面を見る限り、集成材のようです。

    はて?いつのまに?

    というか誰が?

    なんのために?


    見れば見るほど疑問だらけになってしまっていたのですが、旅行から帰ってきた母に
    聞いたところ疑問が解けました。

    この家を建てる際に転がっていた端材を大工さんからもらったようです。
    目的は、子供用の積み木にでもしよう、ということらしいです。

    そういや1箇所、オウシュウアカマツの集成の梁がありましたね。

    が・・・そんなに加工は簡単ではないと思うけど・・・誰がやるんでしょ、ねぇ。

    梁が割れる

    ブログを書こうとしていたら・・・

    ぱきーん!!!

    という大きな音。

    寝室の天井辺りからでしょうか。

    どこかの梁が割れたのでしょうが、ものすごく大きな音でした。

    寝ていたら確実に起きる音量レベルです。

    湿度は43%あります。これでもダメなんでしょうか・・・。

    それとも無垢材による在来工法の宿命か。

    こんなことなら2×4とかSE構法とかにしておけば良かったかしら・・・。
    なーんて思ったりはしません。

    柱とか梁見てるとなんか落ち着くのです。

    これも特性の一つと思い、付き合ってみることにします。

    ECO HOUSEからカレンダーが届きました

    ECO HOUSE からカレンダーが届きました。

    2013121121190000.jpg

    表紙が2013は差間展示場でしたが、2014は新展示場未来ですね。

    昨年末にカレンダーをもらった際は、毎月これをめくりながら家ができるのを
    楽しみに待ったものです。

    家ができてからの半年は・・・早かったですねぇ。

    さてさて来年はどんな年になるでしょうか。

    大宮駅エキュートのトイレがいいにおい

    最近何度か大宮駅のEcuteのトイレに入ることがあったのですが、トイレに
    あるまじきやたらと良い匂いがするのでなんだろうと思っていました。

    今日ふと壁を見るとこんなものが↓
    2013121119440000.jpg

    なにやらアロマオイル的なものを使っているようです。
    ただ、クリアーウッドなんてオイル知りません。

    ネットで調べてみてもそんなものはなく、どうやらオリジナルブレンドのようです。

    その後調査を続けていくと・・・
    どうやらこの会社がやっている模様。

    @アロマ

    アロマオイルの通販もやっているようなのですが、全く同じ香りの商品は売ってない
    ようです。

    が、いくつか買ってみることにしました。

    到着を楽しみに待ちます・・・。

    シャワーヘッドの使い道発見

    我が家の2F洗面所、当初の野望ではシャンプードレッサー的な使い方
    を想定して作りましたが、結局ここでは髪なんて洗ってない、というのは
    過去に書いた通りでした。

    ↓これです。
    ブログ用画像139


    10万くらい余分に出しての企画倒れ、と残念に思っていましたが、冬場
    になって新たな用途を見出しました。


    加湿器のタンクを脇におきまして・・・
    2013121019520000.jpg

    シャワーヘッドを延ばしてセット
    2013121019530000.jpg

    そのまま水が汲めます
    2013121019530001.jpg

    加湿器のタンクってサイズが洗面ボウルに対して大きすぎて、傾けて水を
    入れたりするのが面倒なんですよね。

    それに対してこいつは楽チンです♪

    まあ、このためだけにシャワーヘッドの追加料金は不要ですけどね。。。

    ・・・意地でも便利に使い倒してやる・・・

    室温が下がってまいりました・・・

    12月に入り、しばらくは日中暖かかったですが、昨日の夜から今朝に
    かけての冷え込みはきつかったですねー。
    年末年始のような感じでした。

    我が家の周辺では最低気温が-1度、最高気温が10度でした。

    さて、こんな状況を受けて、室温が徐々に下がってきています。

    今朝のダイニングの温度は19.5度と、ついに20度台を割り込み
    ました。

    パネルヒーターの設定はⅢのままです。
    さすがに外気の影響は受けますね。

    真冬になれば、-5度くらいにはなる日もありますから、もう少しパネル
    の設定温度を上げることになるかもしれません。

    まあ、旧家ではこんな日の朝の気温は外と同じだったので、雲泥の差がある
    わけですけど。

    とりあえず、寒くて布団から出られないー、という状況とは無縁の生活は送れて
    います。

    見学会 行けませんでした・・・

    昨日今日はECO HOUSEの久しぶりの完成現場見学会

    うちがやった後なので、半年ぶりなのですね。
    見学会は施主が了承しない限り開催はされないですし、かつ施工頭数が
    制限されている会社なので、間隔が空くときは平気でこれくらい空いて
    しまうようです。

    私は見学会を開催する、とすることで職人さんや監督さんの作業により力が
    入り、施工精度が上がることを期待しましたが、自分の考えた間取りやら
    デザインやらを人に公開したくない人も居るわけで、この辺はほんとそれぞれ
    の人の考え方次第ですよね。

    今回の見学会、築1年もたたない我が家にも案内が来てました。
    果たして、我々が見た場合、ECO HOUSEに何のメリットがあるのかは全く
    わかりませんが、こちらとしては興味深々なものがあり、契約前から今までは
    見学会は皆勤賞で参加してきたのです。

    が、今週末は体が動かず、参加を断念いたしました。

    無念・・・

    そこを押したら痛いのだー!

    ここ数日間、工事現場を歩き回るハメになり、足腰がパンパンです。

    昨日は計算するとだいたい15キロくらい歩いたことになります。

    あまりにも筋肉痛がひどいので、マッサージ屋に行くことにしました。

    行ったのはチェーン店でうちの近所には3件もあるりらく

    お値段格安で比較的上手い人が多い印象なので、時々使ってます。

    今回は90分コースで、全身もみほぐしと足ツボの半々コースをお願いしました。

    そう、足ツボ・・・。

    私は足がパンパンだったので、足をマッサージしてもらおうとは思ってましたが、
    足の裏はどうでも良かったのです。”ツボ”の文字を見逃していたのです。

    で、マッサージが始まってすぐ、担当の人の指の力がかなり強いことに気づきました。
    さらに、コリがあっても押しにくくても後に引かない感じの人であることも・・・。

    足ツボマッサージは、胃腸や腎臓肝臓などに該当する反射区から始まり、そこで
    終わるのが基本と何かの本で読んだことがありますが、この人はそれに忠実です。

    そして、その最初の一撃がいたーい!!!
    声を出さず我慢できる限界の痛さ、といった感じです。
    逃げ出せるなら逃げ出したい・・・。

    片足が終わるともう片足に移るのですが、そこまでで片足あたり痛い時間帯が3個
    あることがわかりました。なので、もう片足をやっている最中は、その痛い時間帯を
    どうやって耐えるか、そればかり考えてました。

    ここまで本格的なヤツは久しぶりです。



    マッサージ自体は上手だったと思います。
    足はずいぶん軽くなりました。

    でももうここで足ツボはやらない・・・。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR