FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    鉄道博物館

    しばらく忙しくてブログがかけてませんでした。

    たまの休日に、家族サービスはしなければならず、かといって疲弊した
    体で遠出もできず・・・というところで、家から車で10分という絶好の
    ロケーションである、鉄道博物館へ行ってきました。

    最近特に”車輪”に異常な興味を示す息子が喜ぶかと思ったのですが・・・

    ↓こんな感じで色々と車両が展示してあったりして大喜びだった、のですが・・・
    2014113010510000.jpg
    2014113010500001.jpg

    途中から相当不機嫌に・・・。

    ↓そう、息子よ、このお店は”おさわりNG”なのですよ
    2014113010500000.jpg

    ガラスケースの中に手を出せない理不尽さ(理不尽でもなんでもないのですけど)
    に嫌気がさしてしまったようです。
    まだ、博物館を楽しめる年齢ではなかったですね。


    それにしても、大変な混雑でした。
    こんなローカルな場所にそんなに人は来ないでしょ、と思っていたのですが、
    鉄関連の方々からすると聖地なのですね。
    子供連れに混ざって、明らかにその筋の方々が相当数いらっしゃいました。
    スポンサーサイト



    トーマス商法

    本日は代休によりお休み。

    家族サービスのため、三郷にあるトーマスタウンまで足を伸ばしていってみました。

    なぜこの選択か、というと、最近息子がこの化物機関車に興味を示すこと
    しきりだから、というだけです。

    で、行ってみて思ったのは
    ・息子はクリスマスツリーの飾りに夢中で、トーマスはあまり関係ない
    ・小さい子向けであまり広くないので、それほど長時間は遊べない
    ・平日なのに、私のように正業についてなさそうなパパ多数
    ・店員のお兄さんお姉さん方が、金を使わせようと必死すぎる
    ・アトラクションの値段が高い、高すぎる

    特に値段的な部分では、悪徳商法に匹敵します。

    トーマスコインという通貨を使うのですが、これが600円で3枚、
    1200円で8枚買えます。ざっくり1枚200円と思っておけばよい
    のですが、そこらのゲーセンにあるような子供向けの乗り物や
    ゲームがトーマスコイン2枚とか3枚とか・・・市価の倍では??

    しかも、コインが1枚ずつ買えないこの仕組み、どうしても余りが
    出やすく、その余りを消化するためにまた購入してしまいかねない
    という、パチンコ屋の換金ルールも真っ青なシロモノです。

    普通に遊んだら2時間で数千円飛びそうで、かといってそこまでの
    レベルの施設ではないよなぁ・・・と思わされました。

    こういったキャラクターもので、まともな価格設定の商売をしようと
    いう人は居ないのでしょうか。


    ↓本日の唯一の収穫
    2014112511270000.jpg

    トーマスタウンのすぐ近くのゲーセンにて。
    最近のゲーセンは電源を床から取らず、天井のダクトレールからとっている
    のですね。床に配線がないのは歩きやすい感じでした。

    あれ、・・・これって住宅にも応用できるんでは?

    耐震基準て・・・

    一昨日の長野の地震、遠く離れた我が家では夫婦の携帯がそろって
    緊急地震速報メールを受信する形で知らされました。

    埼玉では実際ほとんどゆれを感じなかったのですが、今日の新聞を見て
    驚いたのは、震度のわりに倒壊した家屋が多いこと。
    そして、写真を見る限り、それほど古い住宅に見えないこと、でした。

    つまり、倒壊した住宅のうちには、2000年以降の耐震基準のものがあるの
    ではないか、ということです。

    元々基準法レベルの耐震性=品確法での耐震等級1は
    「数百年に1度程度発生する地震力に対して倒壊・崩壊等しない程度」
    の強さが必要です。

    この基準もなかなかひどいもので、文意を訳すと
    「倒壊しないけど人が死なない程度に壊れても可」
    ということです。
    外壁にヒビが入ろうが、屋根が割れようが、アンカーボルトが折れようが、
    その修理に数百万の費用がかかろうが、二度と元に戻らなかろうが、
    屋根が落ちてきて人が下敷きにならなければよい、と言う基準は、基準と
    して考えてよいものかどうか・・・。

    ただ、今回は「全壊」しているわけで、かつ震度自体は7とか6強ではないのですから、
    基準法の強度になかったのか、それとも基準法の強度設定自体に誤りがあるのか、
    という可能性があります。
    (もちろん地盤が弱くて局地的に震度より揺れた、のかもしれません)

    被害にあわれた方々にはその状況を想像するとかける言葉もありませんが、
    残念なことに今の基準法では、法律が施主を守ってくれると安心はできない状況
    なのかもしれません。

    きちんと検証が行われ、かつ今後の家作りや法制度に反映されるとよいのですが。

    10-11月電気代

    気づいたらポストに成績表が来てました。

    今月の電気代は・・・

    11000ちょい。

    先月比で2千円あまりのプラス。前年同月比だと5千円あまりのマイナス。

    原因を分析すると・・・

    昨年はこの季節から加湿器をぶん回し運転してました。
    ハイブリッド式なのでヒーターをONした状態で運転していたのですが、
    これがなかなに消費電力に効いたようでした。

    その反省から、今年は家中の加湿器全て、省エネモードで運転してます。

    その分の先月よりのプラス、かつ前年よりのマイナス、と思ってます。

    灯油補給

    灯油タンクの残量が1/4を切ったように見えたので、灯油屋さんに
    配達に来てもらいました。

    給油量は130リットル、お値段は13000円ちょいでした。

    思ったより入りませんでしたね。

    今シーズンの使用開始からはや1ヶ月近くですが、まだまだハイシーズン
    ではないので、消費量も控えめです。

    灯油の値段も落ち着くといいのだけれど・・・。

    入居一年半での家の評価-パネルヒーター編

    シリーズ二本目は温水パネルヒーターです。

    なんとなく季節柄、という題材選びです、はい。

    我が家のパネルヒーター、機器一式と施工費など全部込みでだいたい
    150万弱かかっています。
    値段だけ見ると、ハイエンドのエアコンが何台も買えてかつおつりが
    来てしまうくらいのものです。

    ランニングコストを見ても、決して安いとは言えず、1ヶ月で150リットル
    以上、時に200リットル近くの灯油を消費します。
    最近の灯油高もあって、ピーク時で月2万かかります。

    それでも、もしもう一度家を建てる機会があったとしても、暖房器具として
    はこれを選びたい、と考えてしまいます。

    理由は、「暖房してる感がなくて、家の中がいつも春」のようになるからです。

    おそらく一番省エネな暖房機器はエアコンです。
    COPなど比較したら、他の機器ではまずかないません。

    ただ、エアコンの風および音というのは、快適性という意味では決して上位に
    来るものだとは思いません。
    特に気密性を高めた住宅では、室内の音はより響く、というか目立ちますので、
    こういった機械音はできるだけ避けたいところです。

    また、温風による暖房はどうしても温度ムラを生じます。
    この辺全館空調であればまた違うとは思いますが、それでもエアコンはどこまで
    いっても風の力によるものです。

    パネルヒーターはかなり近くまで寄らないと暖房している感覚がありません。
    音も風もありません。
    輻射暖房なので、壁だの床だのが暖まるので、室温よりも体感温度は上に感じ
    ます。
    部屋の上のほうだけ暖かいとか頭がぼうっとするとかもありません。

    結果、今現在の格好は、夏物のペナペナなパジャマ、かつ裸足。
    昨年もスリッパなし、靴下なし、で過ごしてました。

    夜寝ていて布団を蹴っ飛ばしていても風邪を引きません。
    (特に子どもが、ですね。)

    ネックはコストだけですね。
    早くシェールガスがもっと普及して、原油価格が暴落しないかとジリジリしてます。

    入居一年半での家の評価-換気編

    どこかで書いたようなタイトルではありますが、新居に入居してから
    まもなく1年半となります。

    入居半年の・・・シリーズではうわっつらな評価しか書いていなかったので、
    もう少し踏み込んだ内容を書いてブログのねたを稼ごうかまとめておこうか
    と思い立ちました。

    第1回は換気、です。

    我が家はダクトを使用しないタイプの1種換気です。
    使っている換気扇は吸気側はこれ↓
    三菱V-08PQFF3

    排気側はこれ↓の旧バージョン
    三菱V-06PXLD

    吸気で吸い込み、排気で吐き出すわけですが、排気ファンしかない三種換気と
    違うのは、吸気能力のほうが若干強めに設定されていて、家の中が正圧になって
    いること。
    つまり、仮にどこかに隙間があった場合、そこから隙間風が入り込む、ではなく、
    隙間風が出て行く、という形になります。

    この換気方式のよいところは、
    ・ダクト式に比べて圧倒的に安価
    ・掃除や交換などのメンテが容易
    ・三種換気より計画換気が容易

    不利なところは
    ・三種換気より電気代がちょっとかかる(たぶん月千円とか)
    ・熱交換ができない

    スペックからみるとこんなところでしょうか。

    さて、それでは住んでみての評価、という意味では何があるかという話になりますが、

    何より良いのは
    ・家の中の空気が汚れない
    (計画換気が適切に動いているので締め切った空気が悪い部屋にならない)
    ・花粉が家に入らない
    (全ての吸気はフィルターを通じているため)
    ・ホコリが少ない
    (全ての吸気はフィルターを通じているため)
    ・カビがほとんど生えない
    (湿気が溜まらないため)
    ・換気口以外から冷気/熱気の侵入を感じない
    (正圧の効果?気密性の効果?パネルヒーターの効果?)

    といったところではないかと思います。

    換気方式を優先して工務店やハウスメーカーを選ぶ人というのはよほどのマニア
    か変わり者ではないかと思うのですが、住んでみると快適性に対する影響という
    意味で、意外と重要度が高いものです。

    24時間換気なんて不要のシロモノ、なんて思っている工務店など、未だに多そう
    ではありますが、家の中の空気質をいかに良いものにするか、つまり家族の健康
    を守るための選択として、気密性と合わせてもっと重要視されてもよい項目なの
    ではないかと思うのです。

    色々各所から情報を集めていると、日本においては換気はプロに任せておけば
    大丈夫、という状況ではまだまだ無いようです。
    逆に換気をきちんと考えているビルダーは、家作りに一家言持っている、と言える
    と私は判断していました。

    新居において、私の体調で明らかな変化があったのは
    ・花粉症の自覚症状がほとんどなくなった
    ・風邪を引く回数が明らかに減った
    ・頭痛の回数が明らかに減った
    ・眠りが深くなった

    こんなところです。

    断熱も気密も方法論であって目的ではありません。
    私は自分と家族が健康に過ごせる家が欲しかったので、この面では大変に満足
    して暮らしています。
    そして、この面に大きく寄与しているのは、実はしっかりと計画換気ができている
    ことなのだと思っています。

    車もVOC?

    車を買い替えてはや2ヶ月あまり。
    未だに新車の匂いというヤツがするのですが・・・。

    一つ問題があります。

    長時間運転していると、頭が痛くなるのです。

    以前の車では記憶にないことです。

    思い至ったのは、新車の匂いというヤツは、結局のところ接着剤とかの類
    の匂いなのではないかということ。
    つまり、新築時に問題になるVOC(揮発性有機化合物)、ホルムアルデヒド
    的なものと同じなんでは?ということです。

    今の家は、そういったものに悩まされることは一切ない作りだったのですが、
    車で悩まされるとは・・・。

    実際のところどうなんでしょうね。


    官民境界の画定・・

    二週間弱前のことです。

    市の建設局から何やら封書が届きました。

    全く付き合いも身に覚えもない組織から何が来たのかと開けてみると、

    道路測って家と道路の敷地境界を確定したいから立ち会え、と。
    11/18の10時頃行くからよろしく、と。
    都合が悪ければ、測量に行く業者に直接言って調整しろ、と。

    丁寧な言葉で書いてはあるものの、やたらと勝手ばかり言っている
    非常に気分の悪い文書でした。

    普通は候補日くらいいくつか通知するものだと思いますけど。
    普通は業者に丸投げせずに市のほうで日程調整までするものだと
    思いますけど。

    だいたい、一般のサラリーマンが平日にそんなに気軽に休めると
    思ってもらっては困るのですけど。


    業者に電話して、「10年くらい忙しくて無理です」とでも言ってやろう
    かとも思いましたが、業者は請け負ってるだけですからあまり生産的
    でもありません。

    ひとまず母に委任状を渡して立ち会ってもらいました。


    また、役所が嫌いになりました。

    灯油の残状況

    パネルヒーターの運転を開始してから一ヶ月あまり・・・。

    11月は比較的まともに運転を続けています。
    おかげさまで室温は23度前後と高値安定。
    室内では夏物のパジャマなど着て過ごしております。

    そこで気になるのが燃費。春先に満タンにした灯油タンクがどうなったかと
    いうと・・・。
    2014111612050000.jpg


    半分弱残ってます。思ったより減ってません。

    この季節はまだまだ冬とは比較にならないですね。
    昨年のピーク時は一ヶ月でだいたいカラになってましたから。

    今年は何かヒト工夫して、燃料消費を抑えたいところです。

    多忙でした・・・

    10日ほどブログを放置していました。
    というか、放置せざるを得ない状態でした。

    仕事があまりにも多忙で、土日含め毎日家には寝に帰るだけ、という状態でして・・。

    家のPCも今日久しぶりに電源を入れました。

    電車の中でガラケーでブログめぐりをしたりもしましたが、ガラケーでは記事を書く
    気力が出ませんで。

    ということで来週あたりからぼちぼち再開する予定です。

    お付き合いいただける方はマタよろしくお願いいたします。

    10月の光熱費

    恒例の光熱費まとめです。

    ガス代 6700円
    電気代 9300円
    水道代13500円(ここは2ヶ月分)

    月で見るとざっくり2万円、は超えました。

    電気代が先月から千円ほど減、ガス代は二千円強増でした。

    室温はあまり変化ないのですが、なんとなく湯船にお湯をはる回数が
    増えた気がします。

    床屋に見る諸行無常

    3連休の最終日、あまりにも伸びてうざくなった髪を切ってきました。
    (なんと半年振り)

    普段はQBハウスなどでちゃっちゃと済ませるのですが、家のそばに
    そういうものがないので、近くのいわゆる床屋さん、に行きました。

    10年ほど前、職場で床屋に関する議論になったことがあります。
    髪さえ切ってくれればいいのに派
     vs
      髭そってもらったり色々でリラックスしたい派
    で議論がなかなかかみ合わなかった記憶があります。

    おそらく前者は今QB系に流れているのでしょう。
    思えば近所の私が小学生のころに通っていた床屋は既に廃業。
    近隣にたくさんあったはずですが、やけに件数が減っています。
    昔ながらの床屋さんは生き辛いのかもしれません。

    でもね・・・
    ・忙しい時間を縫って行っても予約すらできない時間効率
    ・髪は正味15分で切り終わるのにフルコースで1時間という時間効率
    ・いつのだかわからない待合室の漫画や雑誌
    ・うつぶせ方向での水攻め拷問のような洗髪
    ・力任せで毛根にダメージを加えているとしか思えない洗髪
    ・何を使っているのか銘柄もわからないシャンプー&リンス
    ・何を使っているのか銘柄もわからないヘアトニック
    ・何を使っているのか銘柄もわからないシェーブローション
    ・どう要望を言っても結局同じ髪型になってしまうカットの腕前
    ・どう要望を言っても結局同じ髪型になってしまうブローの腕前
    ・熱すぎて拷問のような蒸しタオル
    ・きれいなんだか怪しげな少し異臭のする蒸しタオル
    ・上手いでも下手でもないかつ時間も半端なマッサージ
    ・どうリアクションしてよいか悩ましい下手クソな世間話
    ・カ○テルを疑いたくなる価格設定

    ・・・あらためて列挙してみると、行きたくなくなる理由なんて枚挙に
    暇がない感じですね。
    ※昨日行った床屋が上記全てに該当するわけではありません

    結局、同じことを無反省に繰り返しているうちに、時代に置いていかれた
    ということなんだと思います。

    3000円でも4000円でも上記のようなことがなくて、カット以外に何か
    付加価値が見出せる床屋があれば行くのですけどね。


    ・・・ちなみに本日息子も子ども専用の美容室でカットしました。
    ¥2500とは大人より値が張りますが、これは高いのか安いのか・・・。

    届きました

    先日発注したECOペイント外部木部用、が届きました。


    2.5リットル缶というものは馬鹿でかいものです。
    2014110315380000.jpg


    比較用にコップを置いてみるとこんな感じ。
    2014110315380001.jpg

    それにしてもラベルは全部ドイツ語か何か。
    缶の上部に唯一こんな日本語が。
    2014110315390000.jpg

    缶が梱包材に包まれてあっただけで、説明文書の類は一切なし。
    潔いですなぁ。かえってすがすがしいです。

    ちなみにこの商品、注文して1週間も音沙汰がなかったので問い合わせた
    ところ、入荷が遅れていて6日発送とのことだったのですが・・・。

    遅れます、もなければ、送りました、もないあたり、会社のカラーが出ている
    と思うのは私だけでしょうか・・・。

    来週末、塗ってしまうことにします。

    力がつきました

    ベビーエクササイズ(仮称)を開始して1年余・・・ウェイトである息子の
    成長速度になかなか筋量が追いつかず、エクササイズの効果を全く
    実感できずにいる私でしたが・・・

    なんとなく思いついて、息子でなく嫌がる嫁を持ち上げてみることに
    しました。
    えぇ・・お姫様抱っこというヤツです。
    1児の母にお姫様もなにもない、とは思うのですが、実験というヤツのため
    意を決して・・・。

    やってみたところ、思いのほか軽かったです。
    決して嫁に苦労をかけすぎて、やせ細らせているわけではなく。

    数年前に今と同じくらいの体重の状態で決行したときは、危うく腰がおかしく
    なりそうになり、ひ弱だ何だと罵倒を受けた記憶があるのですが、1年強の
    エクササイズによりすっかり力がついていました。

    思いのほか効果あり、です。

    ショウモナイハナシデスイマセン・・・。

    11月につき・・・

    本日よりパネルヒーターを本格運転することにします。

    理由
     なんとなく肌寒い感じがしたから
     キリが良いから

    10月は間欠運転に終始しました。
    ボイラーは入れていても、各パネルのダイヤルをろくに開けていなかったり・・・。

    ただ、こうは言ってみても、明日また結構暖かくなるようなんですよね。
    現在も室温的には22~23度であって、Tシャツで過ごしている私が悪い、
    とも言えます。

    朝令暮改は承知の上での宣言であります。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR