FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    今年も終わり

    今日は冬にしては暖かい日で、日差しがたくさん入った午後は室温が
    結構あがりました。
    久々に半袖で過ごしてしまいました。

    ↓20時過ぎの状況2014123120330000.jpg

    冬の日射って大事ですね。窓際に居ると春の陽だまりのようで、なんだか
    ほくほくします。

    それにしても、ようやく今年もおわり。

    なんだか例年より長かった気がします。
    ひたすら仕事と子育てに追われた一年でした。


    今年も一年、テキトーなブログをお読みくださった皆様ありがとうございました。

    それでは良いお年を。
    スポンサーサイト

    灯油補充

    灯油屋さんが正月長めにお休みされるようなので、念のため灯油を補充
    することにしました。

    前回給油が12/15、つまり半月程度しかたっていないのですが、もう
    半月近くするとさすがにタンクが空になりそうで、年末のうちに、と。

    今回の給油量は104リッター。単価は100円を切りました。

    今のペースだと、1ヶ月でちょうど200リットル使う計算です。

    ここのところ寒かったので、消費量もかさんだのでしょう。

    これから2月まではだいたいこのくらいのペースのままのはずです。

    やっぱり月2万になりますねぇ。
    原油価格がさらに暴落しないかな・・・。

    年末にやること

    12月中にやっておきたいこと。

    床のワックス塗り→完了
    加湿器掃除→完了
    換気扇掃除→これから・・・

    旧家では年末には窓ガラスを掃除したりしてましたが、どうやら木製窓
    にはガラスクルーとか使えない模様・・・。
    あんまり汚れてないので、この辺は拭くだけで済ませます。

    玄関ドアは1年目安に塗れ、とメンテナンスブックに書かれていた気がしますが、
    我が家は1間ほどの奥行きで屋根をかけているので、日差しも雨もあまり当たりません。
    見た目は劣化もなく・・・まだしばらくいけるかな。

    壁紙のトメが開いてきた場所が若干数あるので、その辺も処理したいなぁ・・・。

    メンテはいろいろありますです。

    室温安定

    先日のエア抜き以来、室温が安定してきたような気がします。

    今年の12月はなんとなく寒さの訪れが早く、昨年に比べて室温が低い、
    かつ肌寒いと感じることが多かったのですが、エア抜きした20日を境に
    そういった感覚がなくなりました。

    室温は20度を切る事がほとんどなくなりました。
    (明け方とかは切りますが。)
    やはりエア抜き前はパネルヒーターの一部がまともに働いていなかった
    のかもしれません。

    外気温自体は相変わらずの低位安定で、ここ一週間ほどは最低気温が
    氷点下の日が続いています。29日は雪の予報も・・・。

    本気の真冬になるともう一段寒くなるはずですが、今この程度の室温
    が保てているならば、今年は問題なさそうです。

    答えは…

    答え おそらく c

    加湿器5台 気化式運転で1台あたり15w、24時間30日で 約54kWh
    →これは昨年も運転しており、ある意味折込済みの部分

    パネルヒーター 110w 24時間30日で約79.2kWh
    →これも昨年と変わらず。

    我が家はこの2点、計130kw程度が冬に増加するのは致し方ない。

    温水洗浄便座
    暖房45w
    温水300w

    それぞれ24時間30日×2台で248.4kWh

    さすがに最大負荷で運転しているわけではないので、ここまで消費しては
    いないと思いますが、それでもこれは見逃せない。

    そもそも全館暖房だからトイレ寒くないし。
    おそらく座ったときにヒヤッとするのがいやなのでしょうが、それも最低レベル
    の温度にして、ふたを閉めておけばそれなりに保温はされます。

    最近妙に便座が暖かい、というか熱い気がして気にはなっていたのですが・・・。

    昨年のピーク時も平常時から+300kwを記録してしまったので、二の舞に
    ならないよう、今年は平常+150kwを目標に犯人探しを続けます。

    11-12月電気大

    誤字ではアリマセン。

    ・・・”大”なんです。

    11/21~12/21の31日間の電気代が約15000円かかりました。

    昨年同月は28日間で465kw、今年は31日間で475kw。
    さほど使った実感はなかったのですが・・・

    改めて昨年と金額を比較してみると、10kw増に対して1200円くらい
    上がってます( ̄△ ̄)

    電気代単価そのものが相当上がっているのです。

    こうなると、自衛のためには今一度電気使用量を点検せざるを得ません。

    11月はほぼ平常時程度の360kw程度しか使っていなかったので、今月は
    100kwくらいの超過。

    季節性の利用状況から想定される犯人は・・・
    a.4台ある加湿器
    b.熱源は灯油のパネルヒーター
    c.トイレの暖房便座

    さてさてどれでしょう・・・

    窓の固さ調整

    パネルヒーターのエア抜きのついでに、監督さんに窓を開閉する際の固さの調整方法を教えていただきました。

    ↓この白い部分の下への出っぱり具合で調整します


    ↓拡大


    ↓さらに拡大



    この部分は1218のような、人が出入りするドアタイプの窓についてます。
    我が家の場合、固くなりすぎて、両手で全力で引っ張らないと開かない(嫁、母談)とのことで、開閉するたびに室内に音が響いて子供が目を覚ます(または目を覚ますのではないかと大人がヒヤヒヤする)という弊害がありました。
    調整次第でなんの抵抗もなく開くレベルにもできるのですが、そうすると今度は外に出たときにピシッと閉められません。(中からはカギかければきっちり閉まりますが)

    ということで、やり方は教わりましたが、ベストなバランスを模索してます。

    エア抜き

    実は昨年も、だったのですが、2F和室の巨大パネルヒーターさん、8枚の
    パネルのうち2枚しか仕事をしていない状況でした。

    1年点検(6月)の際、監督さんに相談したところ、冬になって相変わらずの状態
    であれば、見に来ます、とのことだったので、昨日見てもらいました。

    まずは外のボイラーの下部分の鉄板を外し圧力計を確認。
    →問題なし
    次に問題のパネルのエア抜きをしていくのですが・・・

    ぶろぐ用20141221

    ↑の写真は引渡し時のもので、まだエアコンなどついていません。
    現状は右の壁にエアコンがつき、かつエア抜きのネジは右壁側に
    ついているので、作業性は非常に悪い場所です。

    監督さんの作業を眺めていると
    ・ネジを緩めてエアを抜く
    ・空気が抜ける音が水っぽくなったらタオルで押さえながらネジを閉める

    これを時間を少し置きながら何回か繰り返していました。

    おかげさまで作業完了後は、パネルは全面暖かくなるようになりました。

    やり方を見せてもらったので次回からは自分でできそうです。
    狭い場所専用のドライバーが必要ですけど。

    寒さがきついんですが

    ここ最近、外の寒さがきついです。

    今年は例年より寒くなるのが早いような気がします。

    ちょっと興味がわいたので、過去の気象データを気象庁のページで調べてみました。

    ここ5年くらいのうちの地区の日別のデータを抜き出してちょちょいと計算してみると・・・

    ■12月1日~17日までの最高・最低気温の平均値
     2010年 最高14.4度 最低4.5度
     2011年 最高11.7度 最低2.4度
     2012年 最高11.3度 最低0.5度
     2013年 最高13.3度 最低1.3度
     2014年 最高10.7度 最低0.9度
    →少なくとも去年よりは寒いんですね。

    以下は参考値
    ■12月の最高・最低気温の平均値 
     2010年 最高13.2度 最低2.5度
     2011年 最高10.4度 最低0.7度
     2012年 最高10.3度 最低0.4度
     2013年 最高11.4度 最低0.6度
    →こうしてみると、例年の12月の平均と今年の12月半月あまりの平均が
     近い、つまり寒さの訪れが早かった、とわかります。
     2010年はやたらと暖かかったのですね。

    ■1月の最高・最低気温の平均値 
     2010年 最高9.0度 最低-2.6度
     2011年 最高7.9度 最低-1.8度
     2012年 最高8.9度 最低-1.6度
     2013年 最高10.0度 最低-1.7度

    ■2月の最高・最低気温の平均値 
     2010年 最高11.1度 最低0.5度
     2011年 最高8.4度 最低-0.7度
     2012年 最高10.0度 最低-0.4度
     2013年 最高8.9度 最低0.2度
    →1月が1番寒く、2月と12月はわりと近い数字になるのですね。

    何でこんなことを調べたかというと、我が家の気温の下がり具合が昨年よりも
    早い気がしたからです。
    ここ数日は20度を割り込む時があります。
    昨年は1月でないとあまり見られなかった状況です。

    数字で調べてみるとなんとなく納得感があります。

    ひどい一日

    昨日はひどい一日でした。

    あまりのひどさっぷりにブログを書くことすらできませんで。

    そのひどさを逐一書く気もしませんが、その締めくくりを飾った帰宅時の
    ことだけ記録しておきます。

    仕事で嵌って会社を出たのがおよそ22時。

    そこから電車に乗って、東京駅へ。
    (もくろみとしては、疲れたので東京から新幹線で帰っちまおう、というもの)

    狙いは22時24分の新幹線でしたが、東京駅寸前で電車が緊急停止信号
    を受信して12分止まる。
    (走行中の電車でドアが開いた可能性があるとかないとか)

    これにて東京駅への到着が22時26分となり、狙いの新幹線に乗れず。

    次の新幹線が44分なので、仕方なくそれを待って乗ると、今度は中央線
    が遅れていてその待ち合わせで5分遅延。
    (一本前は待ってくれなかったくせに)

    ジリジリ待って新幹線が発車し、大宮に着いたのが23時13分。

    そして、人身事故で電車が全部止まってる・・・と。

    ホームは人であふれかえっていて、おそらく動き出しても乗ることは
    できないので、タクシー乗り場に行くと、終電後でも見ないような長蛇の列。

    寒くて待ってられないので、駅からかなり離れたところまで歩いてタクシー
    を捕まえ家に向かうと、運転手さんの道選びがナイス過ぎて、料金が普段
    より1000円近く超過・・・。

    いったい何の罰ゲームなんでしょうか。

    灯油補充

    前回給油が11/22でした。

    1ヶ月弱で残量はこのように↓
    2014121412370000.jpg

    おおよそ1/4に近づいたので給油することとしました。

    灯油屋さん呼んで入れてもらって入った量は127リッター。

    単価など前回と同程度でだいたい税込みで104円くらいでした。

    最近ガソリン価格が下落しているので、もっと下がるかとおもったのですが・・・。

    現在のペースだと1ヶ月に150リットル強ですね。

    これから真冬にかけてもう少しペースが上がると思います。

    ゲートマンの電池

    ついさきほど、ちょっと庭に出ようとしたところ、玄関の電子錠、ゲートマン
    がいつもと違う音で開閉しました。

    そろそろ恒例の電池切れってやつです。

    マニュアル的なものを見る限り、電池の寿命はおおよそ1年とあるのですが、
    我が家はきっちり半年ごとに電池交換する羽目となっています。

    しかもこの電池、アルカリでないとダメなようで。
    我が家はほとんど全ての電池をエネループなどの充電池に切り替えてしまって
    いて、いまさらアルカリを購入することに若干の抵抗があり、さらに在庫はいつも
    ない、という・・・。


    今回はそろそろ電池切れというのを見越して、楽天スーパーセールの際に無駄に
    電池を買ってましたので、さっさと取り替えましたけどね。

    ガス点検

    私の留守中に東京ガスが点検にきたようです。

    どういう頻度で来るものなのか
    前触れもなしに来るものなのか
    そもそも本物なのか
    ガス点検詐欺的なものではないのか

    などなど考えてしまいましたが、お金を取られていないし、一応それらしき
    パンフも持ってきていたので、どうやら本物の模様です。

    面白かったのは、点検に来た人が
    「あったかいですねー。いったい何で暖房してるんです?」
    と興味深深だった、とのこと。

    世の中のガスユーザーの家はあまり暖かくないのでしょうか。

    ガスといえば、ガスでパネルヒーターのお湯沸かしてもらえるなら、そんな
    選択もあるのですが、東京ガス(というかそれに限らずガス会社)は床暖房
    方面とか発電方面ばかり攻めてるので・・・。

    気になったのは、
    「ガス漏れ警報機つけてないんですね。普通はついてますが」
    といわれたこと。

    旧家にはつけてましたが、作動したのを見たことはありません。
    それに最近のガスコンロやガス管は、ガス漏れ関係は昔に比べてガード堅く
    なっているのであまり心配してませんでしたが。

    商売の一環としての発言だったのでしょうか?
    それとも本当に「普通は」ついているものなのでしょうか?

    ケンプラッツのすごい(ダメな)記事

    日経BPにケンプラッツというサイトがあります。

    どちらかというとビルダーなど建設業のプロ向けのサイトなのですが、
    家作りの頃からなにかとちょいちょい眺めてました。

    参考になるか、というとなんとも微妙なサイトなのですが、いわゆる
    暇つぶし、ですかね。

    そんなサイトで見かけた記事なのですが・・・

    タイトルがすごい。
    「複層ガラスの窓はどの部屋にいれるべき?」
    てっきり釣りだと思いました。

    クイズ形式になっているのですが、
    選択肢が
    a リビング
    b 寝室
    c 脱衣所
    d トイレ

    出題者は100年を越える老舗工務店の若旦那だとか。

    工務店て歴史が古くてもダメなんですね。


    他国ではサッシのU値の最低基準が決められつつある状況で、
    日本でも各メーカーがこぞって樹脂のトリプルとかを出してきている
    状況で、ペアガラスをどこに入れるか(つまり残りの箇所は単版)が
    クイズになりえますか?

    家作りに対する見識を疑います。

    入居一年半での家の評価-収納編

    さて、収納ですが…

    我が家の場合、モノを捨てられない族出身の私と母の意向(=溢れたモノに囲まれて
    暮らすのはゴメン、という嫁の意向)により、間取りの段階からかなり収納スペースを
    多目に計画してました。
    床面積に対しての比率では18%強、実に8坪弱になります。
    一般的な指標では13%が目安と言われていて、もう2坪少なくても世間的には充分
    と言われるサイズです。

    その収納がどんな状況かと言うと、
    「総量としては足りている。個別には改善の余地あり。」
    です。

    総量としては、というのは今のところ部屋にモノが溢れることもなく、各所の収納スペ
    ースにも余裕がまだある、ということです。子供のモノや生活していくなかでのモノは
    いつの間にか勝手に増えていくので、1年前と比べると収納の余裕は減っています。
    今後も子供の成長とともにモノは増加の一途でしょうから予断は許しませんが、それ
    でもまあなんとかなるかな、と思っています。
    逆に13%程度にしていたら、そろそろ厳しくなっていたかもしれません。


    個別には~、とは、各所の使い勝手や収納効率の点でビミョーな部分があることを指します。

    それを以下に列挙します。
    ・ウォークインクロゼット
    面積に対する収納効率は決して良いものではありません。特に、入り口の位置に気を
    使わないとダメです。
    我が家の場合、寝室のクロゼットはこの点で損してます。
    平面図2Fその1


    ・シューズクローク
    作ってはみたものの、それほど活躍してません。
    入り口が入りにくいこと、広さがビミョーなこと、普段使いの靴は玄関の収納にいれて
    しまうこと、などが原因で家の中の物置小屋と化してます。
    やはり通り抜けられる形か、正方形に近い形にすべきだったかと…
    平面図1F


    ・押し入れ
    1間幅でふすまの引き違いにすると開口サイズがビミョーになります。
    布団の上げ下ろしする際に間口がちょっと足りないことに都度イラつくという…
    押し入れの用途にもよりますが、よくある形が正解とは限らない例です。観音開きか、
    1間半サイズとかにするかしたほうが良かったか…
    平面図2Fその2

    まあ総じていえることは、それでも収納は増やしておいたほうがよい、ですね。

    入居一年半での家の評価-ランニングコスト編

    家の評価シリーズです。

    サボっているうちに時機を逸するようでは入居半年シリーズの二の舞・・・。

    さて、今回はランニングコストです。

    とはいえまだ一年半なので、修繕にかかるような費用はわかりません。
    普通に過ごしていてどんな状況か、というだけです。

    ■電気代
    電気代については丸一年過ごすと概ねどの季節でどの程度となるか
    が見えてきます。
    わかってきたのは
     季節を問わないベースライン:月8~9千円程度
     夏季のエアコン代:月3千円~1万円程度
     冬季の加湿機代:月3千円程度
    おそらくこれで過ごせます。

    ベースラインの内訳は
     照明(ほとんどLED)
     家電(冷蔵庫2台・・・、TV、パソコン等)
     地下水汲み上げ用ポンプ
    などで、たぶん同じくらいの人数の一般家庭よりかかってます。

    ただ、これでも旧家では真夏に月3万とかしていたわけで、だいぶ抑えられて
    いるのかなと思っています。

    ■ガス代
    ガス代もおおよその傾向は見えています。
     春夏秋:4千円前後
     冬:6千円~8千円
    我が家は暖房器具など使ってないので、ガスは給湯のみ。
    風呂に入るかシャワーで済ますか、それだけが変動要素です。

    ■灯油代
    パネルヒーターを使っているので、冬季のみこれがかかります。
    灯油は価格変動が激しいので、金額というより量で示したほうが
    良いのかなと思いますが・・。
     1月2月あたりの真冬:月200リットル弱
     上記以外の11~3月あたり:月100リットル強

    光熱費関連ではこの灯油代のみが改善の余地ありと思ってます。

    ■水道代
    月7000円弱で安定してます。

    ■固定資産税
    ランニングコストを語る上で忘れてはいけないもの。
    我が家の場合
     土地家屋合わせ年額で24万くらい。
     元々土地で年額14万くらい払っていたので、家としては10万くらい。
     ※これで新築時3年間は半額くらいになっているので・・・( ̄△ ̄;)ウワァ
     
    ■火災保険
    35年一括払いで払ってしまっているので、個人的にはもう済んだ話し。
    一応ランニングで計算すると、年額2万ちょい、です。

    ■住宅ローン
    ・・・これは家のイニシャルコストを分割して払っているだけなので、ランニング
    コストではないですね。割愛。

    ■団信
    ・・・これも住宅ローンに付随するものなので以下同文。割愛。

    ということで、月割りで計算してみると
    夏季:ざっくり5万
    冬季:ざっくり7万
    春季秋季:ざっくり4万

    こんなところです。

    この数値自体を単独で評価するのは難しいです。
    結局はかけた金額に対して何ができているか、その対価としてどうか、という
    ことになりますよね。

    あらためて金額を眺めてみて、
    「そんなもんなら安いもんだ」
    とは思いました。

    最近寒いです・・・

    ここ数日、関東はやたらと冷えてます。

    最低気温が氷点下になったりならなかったり。
    最高気温が10度を超えるかどうか・・・。

    これって年末くらいの気温なのでは?とも思いますが、今年は
    秋の訪れも早かった上に冬まで早いとは。

    冬支度もまだまだ油断していて万全ではなく、マフラーも手袋も装備
    してません。(コートも真冬仕様ではない)

    家の温度もさすがに22~23度とは行かなくなってきました。
    20度は切りませんけど。

    そろそろ夏物パジャマもチェンジだろうか・・・。

    バルコニー塗装

    塗料を買ってから、長らく放置していたバルコニーの塗装ですが・・・

    私がぐずぐずしているうちに嫁が塗ってしまいました。

    それも、私は手すりの上だけ塗るつもりでしたがまさかの全塗装。
    2014120307280000.jpg

    ↓外側とかどうやったのか不明。(生活感のある干されているものは無視してくだされ)
    2014120308030000.jpg

    しかも私がやるより10倍くらい上手い・・・

    メンテナンス作業は男手でやらねばと思っていたのですが、どうやら仕事を
    取られてしまったようです。

    ちなみに、塗装してみて(されてみて)いくつかわかったことがあります。

    ・全塗装だと素人は3時間以上かかる
    ・厚塗りすると、雨で塗料が下に落ちる
    ・バルコニー床部分に落ちた塗料は速やかにふき取らないと取れなくなる
    ・油性塗料にしては、においがきつくない。
    ・2.5リットルも簡単には使い切れない
    ・発火の恐れがある、とか言われるとおいそれと室内で保管できない

    こんなところでしょうか。

    そして行ってきました

    朝の記事にてある通り、でもないですが、見学会に行ってみました。

    10時半頃行ってみたら貸切状態。やはりここの見学会は午前が空いてます。

    行ってみての感想は・・・

    ・吹き抜けの作り方が面白い。特に階段脇で天窓まで突き抜けた部分。
    ・和室の小上がりと反対側と双方から階段に行ける部分や、子ども部屋の
     作り方がユニーク。
    ・施主支給で色々つけられているようで、ECO HOUSEの標準では見ない
     ものをいくつか散見。

    間取りがユニークで、かつ上手くまとまっているなーと思いました。
    ここの施主の方は相当練ったんではないでしょうか。

    あとはパネルヒーターの熱源にエコヌクールを使っていて、これがまた
    珍しかったです。

    それに関連してアシスタントの方に聞いたのですが、エコヌクールを使った
    ほうが、灯油ボイラーに比べて熱量が低いので、パネルを増やしたり大きく
    したりしているそうです。

    ということは、私のひそかな野望(ボイラー壊れたらエコヌクールにチェンジ)
    は難しいということでしょうか・・・。
    今更パネル増やせんし・・・。


    何にしろ、冷やかしでもちゃんと対応してくれてありがたかったです。

    見学会

    今日明日はひさしぶりにECO HOUSEの見学会があるようです。

    久しく見ていないので、たまーには行ってみようかと思ったり思わなかったり。

    ま、行っても単なる冷やかしに過ぎませんが。

    HPを見ると、個別のポイント紹介がいくつかなされていますね。

    我が家のときは何にもなかったですが・・・特徴というかセールスポイントが
    なかったんでしょうか・・・。

    ちなみに、12/7は川口マラソン大会があります。
    東川口周辺も何気に交通規制が多いです。
    車で行くなら今日、土曜が良いかもしれません。

    ※2年前、私はこれを知らず、ECO HOUSEでの打ち合わせに向かったところ、
     大渋滞アーンドどこ曲がっても交通規制、というひどい状態に陥り、打ち合わせ
     に1時間以上遅刻する羽目になったことがあります。

    パネルヒーターが・・・

    一箇所のパネルだけなんですが、暖まりが悪いヤツがあります。

    8枚くらいあるうちの2枚しか暖かくならない・・・。

    症状は昨年からでした。

    とはいえ、暖房具合にはさほど支障はなく・・・、ほとんど気分の問題です。

    ただ、家というのは気分の問題も大事ではあるので、監督さんに連絡して
    見に来てもらうこととしました。

    忙しいようなので、しばらく先ではありますけど。

    エア抜きで解決するのかしら・・・。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR