FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    春が来た・・・気がする

    花粉症患者には春の訪れ=症状の訪れであり、決してうきうきする
    ようなことではないのですが、最近の私は花粉症を克服しつつあり
    ます。

    家の中はどうやら花粉がない状態なので、つらいことはありません。

    外では以前はクリスタルヴェールをつかってしのいでいました。
    しかしこの製品、難点がいくつかあり・・・
    ・鼻に塗るので、鼻をかんだりすると取れる
    ・目や口はノーガード
    ・髪の毛に付着する花粉を家に持ち込みやすく、いつまでもそれに攻撃される

    毎年このあたりが悩みだったのですが、今年は花粉吸着防止スプレーを使って
    ます。
    持続時間が今ひとつ短いのが難点ではありますが、これだと頭も目も口もガード
    できるんです。今のところ、効果もちゃんとしています。

    ということで・・・

    やっと春が来たようです。

    というか、春の訪れに気を回せる余裕ができた、というか。

    今日は暖かでした。日射をたっぷり取り込んだ家は、19時ごろでも24度
    ありました。
    こうなるとパネルヒーターはお役ご免とばかりに冷たくなってました。

    20~22度で過ごす冬も確かに快適なのですが、24~25度くらいになる
    と薄着でプラプラできるようになるので、もっと快適で気分があがります。

    今年はどこに花見に行こうか・・・。
    スポンサーサイト

    明朗会計は本当に明朗か

    家の見積りでも飲み屋の会計でも、金のかかる基準が明確だと安心感があります。

    でもそれは一つ一つ計上された数値が妥当であってこそなわけで…
    ビール一杯一万円
    はぼったくりバーですね。


    最近本棚に並んだ家関係の書籍を暇潰しに見ていて気づいたのは、「見積りが
    明細で出ない会社は信頼ならん」という論調が多いこと。
    本当にそうか?という話です。

    X坪の家を建てるとして、プランが決まって金額が出たとします。
    その時、柱が200本必要で、1本の値段が5000円なので100万円となっていた
    場合、本数200本は図面があれば確かめられそうですが、1本5000円が高いか
    安いか…わかりますか?
    仮に柱1本の原価相場を知ることができたとして、それと売値の差額をもって高い
    安いを論じることができるのは、専門家だけな気がします。

    あるいは大工の工数がXXかかるから五百万かかる、と提示されても素人には工数
    算出の妥当性も金額の妥当性もわかりません。

    結果、ずらずら数字が並んだ表を見て、わかったんだかわからないんだか…となる
    気がするのです。
    ・・・ビールなら価格相場がわかっても、普段なじみのない知らない国のお酒を出さ
    れて一杯いくら、といわれても高いか安いかわかりませんよね。同じことです。


    逆に数字を出す方は、計算式が確立しているような大きな会社でない限り、数値に
    矛盾や破綻がないように余計な気を使って時間をかけます。(これはどの業界でも
    同じです。普段数字をはじく人間としてはよくわかります)
    その数値計上をしている人のコストは…建築費に上乗せされますよね。

    ※細かく明細を出す場合、原価に対して経費や利益を乗せる際、上手く数字を作ら
    ないと不自然なモノになります。これは、原価は材料などのボリュームで発生する
    のに対して、経費や利益は必ずしもそれに比例しないので、固定的な金額を数に
    按分する必要があるからです。
    ところが、そうやって按分方式でやっていると、数が増減した際に明細単位に分けた
    数字のままでは必要な経費や利益が確保できない場合があります。かといって、
    一度見せてしまった例えば「柱一本」の単価を後からいじることも不自然、という
    ジレンマに陥るのです。
    例えば、それぞれの数値は適当なものですが、
     柱1本を3000円で仕入れられる状態として、
     家1件建てるあたりに、会社の経費として10万を確保しなければならないとして、
     家1件建てるあたりに、会社の利益として10万を確保しなければならないとます。
     計算を簡単にするために、経費と利益は柱の金額に混ぜることとします。
     柱を200本使う家ならば、経費と利益の20万は200本に分散して乗せるので、
     柱1本あたりの金額は3000+200000/200=4000円です。
     でも、見積を出した後に家の形が変わって、柱が180本になったら・・・
     同じ柱1本4000円では、経費+利益で18万しか確保できません。
     かといって、同じ金額を確保しようとすると、
     3000+200000/180=4111.1111・・・・円となります。
    もちろん、経費や利益をいくらだ、と別途計上してしまう手もありますが、自分の会社
    の利幅を明示した見積なんて、どの業界でも見たことはアリマセン。
    つまり、必ず何かに混ぜるんです。

    じゃあその明朗なんだかどうか怪しい明細作成は誰得なんだ?となります。
    改めて本棚に並んだ書籍をみると、「見積りは明細で論」は第三者監理をするような
    建築士が書いているケースがある(というか多い?)ようです。

    商売的都合から書かれている話ではないか、と思ってしまうのは下衆の勘繰りでしょうか?

    建築士の監理を入れたとして、明細見積りをコストダウンした分(できたとして)で
    施主的に勘定が合うことはない気がします。頼むほうもそれはたいてい承知して
    いて、手探りの家作りに安心感を求めている部分が大でしょう。

    こういった建築士たちが書く本を数冊(片手以上)読んでみて思うのは、不安をあお
    ろうとする意図を感じる、ということです。
    工務店はXXができていないところが多い。XXがダメである。XXをちゃんとチェック
    しないと失敗する。でも、それは素人では難しいので、プロに任せるべきである、
    という論理展開が如何に多いか。

    でも、建築士だって誰もがちゃんと仕事ができる人なのか、怪しいものですよね。
    信頼できる建築士を選ぶ目を持っているならば、信頼できる工務店だって選べそうです。

    キッチンハンガーシステムのフック追加

    入居前に取り付けてもらい、それから使うこと1年半以上・・・
    ずっとずっと5個では少ないと思っていた、キッチンハンガーシステムのフック。

    先日なんとなく思い立ち、カワジュンのオンラインショップで発注したものが、
    本日届きました。5個セットです。
    2015022520090000.jpg

    取り付けは簡単で、バーに引っ掛けて押し込むだけ。
    2015022520110000.jpg

    ふと取説が目に留まったので眺めてみると・・・
    2015022520130000.jpg

    パイプの耐加重的に、ハンガーをいくつもいくつも足すようなものでは
    ないのかも・・・。


    ちなみにECO HOUSEの色々な金物はだいたいカワジュン製だったりする
    ようですが、この会社の商品、その辺のネットで買おうとするとだいたい
    お取り寄せ扱いが多く、さっさと入手したい場合は直営のオンラインショップ
    が高いけど一番早いという状況でした。

    1月-2月電気代

    今月もやってきました成績表。

    今回の使用量は518Kw、16600円ほど。

    前年同月と比較すると100kwほど減っていますが、前月と比較すると
    26kwほど増えました。

    冬の電気代のピークは昨年も今年も2月。
    一年で一番寒い時期とおぼしき期間にピークを記録しているようなので
    すが、パネルヒーターを使用している我が家で、寒さのきつさが電気代に
    どうやって影響するのか、未だによくわかりません。

    ちなみに

    昨年度11月~2月の使用量合計・・・2105Kw
    今年度11月~2月の使用量合計・・・1854kw

    ということで、昨年度よりはだいぶこの家での暮らし方が上手くなっている
    はずなのですが、金額で見ると

    昨年度11月~2月の電気代計・・・63165円(税抜き60157円)
    今年度11月~2月の電気代計・・・58927円(税抜き54562円)

    と、10%以上の節電に成功しているにも関わらず、金額的には7%弱の
    削減にしかなっていません。
    もちろん消費増税の影響もありますが、微妙に電気代が上がっている点
    も見逃せませんね・・・。


    それにしても今日は暖かかったです。
    コートも薄手のものに替えました。
    冬もそろそろ終わりですね。

    耐震リフォームのチラシ

    日曜日の新聞折込は、ほとんどが求人関係なのですが、1つまぎれて
    いたのが耐震リフォームのチラシ。

    なんとなく興味がわいたので、食事しながらナナメ読みしました。

    耐震リフォームを考えたほうがよい建物の例は以下だそう。
    ・大きな開口部がある(壁面に対して3/4以上)
    ・2Fが大きくオーバーハングしている(図では1Fの倍くらい(笑))
    ・2Fの壁の下に1Fの壁がない
    あといくつかありましたが、忘れました。
    まぁセオリーといえばセオリーですわね。

    で、耐震リフォームの方法として書かれていたのは
    ・屋根を軽くする
    ・壁に筋交いやら構造用合板を入れる
    ・基礎を補強する(どうやって???)
    まぁ特別なやり方でもないわけです。

    ただ気になったのは具体的にどうすんの?というところで、
    例えば一口に壁を補強するといっても、現状どこがどのような耐力壁
    になっているかがわからなければ、壁のバランスが取れません。
    気分的にリフォームの枠を超えてしまいますから、まさか全部はがすわけでも
    ないでしょうし、そうなると適当にどこかの壁に筋交い入れて、「はい補強終了」
    ということでしょうか?
    こういう将来的なリフォームを考えると、家の図面は大事ですね。
    でないと、業者にテキトーに工事されてしまいそうです。

    ちなみに壁補強のお値段は200万弱と書かれていました。
    筋交い1箇所入れるなんて、手間込みでも1万くらいのもんだと思いますから、
    壁を全部はがしそうな値段設定、なんですかね。
    古い住宅がターゲットでしょうから関係ないのかもしれませんが、気密性とか
    どうなっちゃうんでしょうね。

    屋根を軽くするほうは100万くらいの価格設定。
    ということは瓦をスレートかなんかに替える想定だと思われますが、耐震性だけ
    考えてのこの対処は本当によいのかどうか・・・。
    耐震補強をするということは、その家にまだまだ住むということでしょうから、
    耐震性のために屋根の耐久性を犠牲にするのは、業者の都合的側面を感じて
    仕方がありませんね。


    読んだ限りでは、耐震性は上がるかもしれませんが、その他色々とめちゃくちゃ
    になってしまうかもしれません。
    新築時にちゃんと考えておけ、ということでしょうか。

    スピードと精度

    ここ数日、体の節々が痛かったり熱っぽかったり、端的に言うと体調が悪かったのですが、今日昼寝したあと発熱した感があったので、熱を測ってみました。

    20秒予測方式の体温計が表示したのは
    38.5度

    最初に頭をよぎったのは「インフルエンザだ。自分を隔離しなければ。」

    あわてて寄ってくる息子を突き放し、布団一式をもって階段をかけおり1Fの和室に逃げ込みました。

    これでしばらく会社行けないぞ、来週の予定どうする?その前に検査しなきゃ、でも土曜だしどこの医者に行けば…
    などなど色々なことが頭を巡っているうちに、ふと、「38度以上あるのになんか元気だな俺」と思い、もう一度測ってみると
    37度ちょうど…

    首をひねりながらもう一度測ると
    37.1度

    息子用の耳ではかる体温計で測ると
    36.9度

    10分もかかる実測式の体温計で測ると
    37.0度

    どうやら微熱はあるものの、最初のヤツは誤報だったようです。

    予測方式の精度が実測式より落ちるのは仕方がないのですが、さすがに
    1度以上もずれては使い物になりません。

    TERUMOさん、選挙速報みたいな製品やめましょうね。

    信用毀損罪ねぇ・・・

    あえて誰とは書きません。本物かどうかもわかりませんし。

    某鵜野日出男さんのHPにて、自分の本を批判されたことに腹を立て、
    「信用毀損罪で告訴する」
    と書き込んだ人がいます。

    まあ鵜野さんは遠慮のないぶった切りかたをするので、そういう反応をする
    人もいるかも知れませんね、とは思いましたが。

    しかし面白かったのはコメントの書き出し。
    ”貴殿の「今週の本音」を毎回拝読し、多くのことを学んでいる者です。”
    と書いているのですが、たぶんこれウソです。

    なぜならば、鵜野さんは2003年ごろのブログにて
     くたばれ「外断熱・2重通気工法」
    というシリーズで同一人物を槍玉に上げているから。


    それにしても、「信用毀損罪」という罪状を今まで知りませんでした。
    ただ、住宅業界の一般的なセールスの手口も、あるいは書籍に記載されて
    いる内容も、相手を誰と特定していないだけであって、他人を貶めること
    で自らの商品の優位性を表現しようとする傾向は非常に強いと思います。

    今回コメントを書き込まれている方もまさにそういったタイプ。
    それなのに自分のことは省みないのですね。

    そういったことをしていてはいつまでも「いい家」はできないと思います
    けどねー。

    抱っこひも追加

    一歳半になり、ますます体重を増すわが息子。

    そして、いまだに「いざ」というときにおんぶが必要という状況。

    そしてそして、持っていた抱っこひも(最近はベビーキャリアとかいうのですか)
    の体重制限が・・・15キロまで・・・

    息子の体重は16キロ。

    はいだめー。NG!!!

    メーカーも多少の余裕は見ているんだろうと思って静観していたのですが、
    最近はひもの各所が徐々にほつれ加減になってきてました。

    我が家にあったのはapricaの腰ベルトタイプのこんなやつ

    で、今回は定番のエルゴベビーを買いました。

    ちょうど偽造品のニュースが出回っていて、ネットに転がっている怪しい安さの
    ブツには手が出せませんでした・・・。

    今度の耐加重は20キロまで。少なく見積もってもあと1年はいけるでしょう。

    それにしても、”ひも”はこれで3本目です。
    最初からコレ買っとけば良かったのにね。

    もう一度家を建てるとしたら

    知り合いの家作りの相談に乗って色々考えるうちに、ありえない話ですが、
    ふとこんなことを考えました。

    もし仮にもう一度家を建てる機会があったとしたら、そして別のビルダー
    で建てるとしたら、どうするだろうか。


    いきなりビルダー選定には入れないので、前提条件から整理します。

    ■構造
     おそらく迷うことなく木造にします。
     鉄骨やコンクリートに特段の優位性を感じないのと、その割りに値段が
     安くないのと、断熱の不利さ加減を考えて。
     2×4にするか在来にするか、はたまたSE工法のような金物関係にする
     かはなんともいえませんが。
     でも耐震性は相当気にするでしょう。

    ■大きさ、形状など
     いまより小さくするかもしれません。30~35坪くらい?
     人数に対して広すぎる家は掃除も大変ですし維持費もかかります。
     形状的には土地が同じなら似たようなものになりそうですが、サイズが
     小さければ平屋にするかもしれません。一番スペース効率がよいですし。

    ■外観デザイン
     実はあんまりこだわりがありません。
     でも、シンプルモダンみたいのは好みでないのでそれは避けるか・・・。

    ■設備関係
     太陽光・・・たぶん乗せません。蓄電池が実用的な金額になるまで待ちます。
     エコキュート・・・どうするでしょう・・・それほど魅力は感じません。
     冷暖房・・・冷房はエアコンでしょう。暖房は輻射にします。ここは今と変わらず。
     オール電化・・・熱源は分散したいタイプなので、おそらくやりません。
     換気設備・・・もしかしたら顕熱交くらいは入れるかも・・・
             できれば湿度制御が効く製品が出ていれば・・・・

    ■断熱仕様
     今よりもう少し上の仕様を考えるかもしれません。冬場のランニングコスト削減
     をしたいので。
     当然、窓には投資します。樹脂か木製のトリプルにするでしょう。
     窓は予算配分上最上位にすると思います。

     ・・・今となっては次世代省エネ程度で妥協するのは無理です。

    ■外装
     屋根・・・たぶん瓦にするでしょう
     壁・・・たぶん塗り壁にするでしょう

     
    ■内装
     天井・・・どこかしら勾配天井にしたいなぁ・・・木視率も上げたい
     壁・・・石張りとかアクセントは入れるでしょう。ドライウォールでもよいかしら・・・
     床・・・少なくとも子ども部屋に限っては、もう少し硬い木にしたい。メープルとか。

    ■コスト
     35坪までなら、2500万はかけたくないです。
     →本体価格ではなくエアコンカーテン照明給排水ガス工事くらいまで込みの
      数字で。本体だけなら坪60~65まで。
     とはいえここは妄想なので、適当ですね。

    と、こうして希望を列挙してみると、たぶんビルダーの選択肢ってかなり限られて
    しまうのですね。後ろ4つの要素だけでも、大手は全滅でしょうし、ローコスト系も
    ないでしょう。建築士を介するのも無理でしょう。

    コスト的に微妙だけど、他を満たせそうなのは・・・施工エリア的に北州くらいかしら。



    以上、しょうもない妄想記事でした。

    網戸発注

    かねてからの懸案であった、北側窓の網戸を発注しました。

    夏、ではなく主に春秋の各々1ヶ月程度の期間、エアコンを使うのは
    どうも心理的抵抗がある、という時期に限って窓開け生活をする可能性
    があります。
    ターゲットは4月ないし5月、そして9月終わりから10月半ばです。

    我が家は網戸を主に南面に集中配置してしまったので、北面に網戸付き
    の窓がありません。
    で、やっぱり対面する窓を開けないと風の通りが悪く、網戸追加の運び
    となったわけです。
    ※今後窓開け生活のほうに心理的抵抗が強くなる可能性もありますが。

    追加するのは
    ・2F洗面の0812の窓1つ
    ・階段の0806の窓1つ
    の都合2箇所です。

    金額は2つで税抜きで3万ちょい。以前聞いていた額より安いです。
    (取り付けおよび運搬はセルフサービス)

    納期は3~4ヶ月先とのことなので、春には間にあわなそうですが、
    意思決定が遅れた(というか忘れていた)ので仕方がありません。

    納品されたらまたレポートします。

    指輪騒動

    日曜日のこと。

    風邪引きでしばらく外に出られなかった息子のストレス解消のため、休みくらい
    は外に連れ出そうと思ったのですが、なにぶん風は強いし気温も低い。

    そこで方向転換して、室内で遊べる場所に行くことにしました。

    今回行ったのは大宮イオンのキッズーナ

    ショッピングモールによくあるような有料の子どもの遊び場を想像していくと
    めんくらいます。

    内部のスペースが異様に広い。そしてやたらと充実した遊具類などなどなど。

    息子の年齢的に必ずしも合っていないものばかりなのですが、そんなことは
    関係なしに息子はあっちへこっちへ猛ダッシュ。
    散々楽しく遊んだのでした。
    2015021511200000.jpg
    と、ここまでは充実した休日のひとコマ、だったのですが・・・。


    その後、家に帰ってきて昼食のパスタを茹でていたとき、
    ↑私だってこのくらいはやるんです( ̄▽ ̄)

    なんとなく左手に違和感が。
    ふと指を眺めると、

    あるはずの結婚指輪がない!!

    家の中で落とした記憶もなければ、外した記憶もありません。
    というか今日一日、指輪を確認した記憶がありません。

    つまり・・・どこで落としたかわからない、ということです。

    そこから
    家中引っ掻き回して探し、玄関周り、車、庭など一通り確認しましたが、全く
    見当たりません。

    嫁は十分不機嫌になっていて、「見つからなければ作り直せ」、と。

    作り直せば済むもんでもない気もしますが。( ̄▽ ̄;)


    一通り捜索して結局見つからず、そこから藁にもすがる思いでキッズーナに
    電話してみました。

    すると・・・
    「男性用の結婚指輪の落し物が届いてます」
    とのこと。

    デザインや裏側の刻印を聞いてみた限り、私の物で間違いないようです。

    助かりました。
    届けてくれた親切なお客さんありがとう。


    さっそく受け取りに行き、自分のものであることを確認しました。(大汗)


    ボールプールにあったらしいのですが、どうやって抜けてしまったのか、記憶
    は全くありません。
    大人もはしゃぎすぎた、ということでしょうか。

    ただ、改めて指輪をつけてみると、「緩い」と思いました。
    指輪を作った時期と今を比較すると、ベビーエクササイズなどの成果により、
    だいたい10キロくらい体重が減っています。

    知らず知らずのうちに、指も細くなっていたようです。

    今後は気をつけねば・・・。

    灯油補充

    前回給油から20日ちょい。
    またまたタンクが空に近くなってきましたので、宅配の灯油屋さんを
    呼びました。

    今回の給油量は131.1リットル。
    価格は11300円でした。

    単価が86円/リットルに近くなっており、一時期に比べ30円ほども安く
    なっています。これは大変助かりますね。

    ちなみに給油量が少なかったのは、灯油屋さんのタンクが空になった
    から。つまり、我が家のタンクは満タンにはなってません・・・。

    前回の使用量が1日あたり6.75リットルでしたから、消費量が変わって
    いなければ155リットルは入る計算でした。

    満タン法が使えなくなってしまうとは・・・

    時計を買う

    我が家は今まで、壁や柱に穴を開けたくないがため、1Fリビングの
    ハトポッポを除いて、壁掛けの時計というものを使っていませんでした。

    必然的に小型の置時計を各所に設置していたのですが・・・

    先日、息子の攻撃により全滅しました。

    平日の間は買いにいく暇もなく、しばらく携帯で確認するような生活を送って
    いたのですが、さすがに不便なので買おう、と。

    息子の手の届くところにあっては、今回の二の舞となりますので、壁掛けも
    致し方ありません。

    ということで向かったのは最寄、ではないけれど比較的近くのKEYUKA

    ↓店内で暴れる息子を抑えつつ、購入したのは木でできたこんなヤツでした。
    2015021420030000.jpg


    また、置時計は温湿度計も兼ねていたので、こちら↓も購入。
    2015021420030001.jpg

    温湿度計の置き場については、検討中です・・・。


    それにしても目に見えるところに時計があるのは便利ですねー。(笑)

    花粉飛散開始

    金曜日のこと。

    今週は風邪が残っていることもあり、ずーっとマスク生活だったのですが、
    電車の中にいてやたらと鼻がかゆい。そして時折水のような鼻水が出る。

    始まった

    と思いました。

    花粉です。

    家に居るときはほとんど症状のない私ですが、外に居るときは用心して
    いないと飛散量によってはダメです。

    今回は風邪で粘膜が荒れていたこともあるのかなと思いますが、何より
    準備を全然していなかったです。

    案の定、家に帰ってニュースを見ると、飛散開始とありました。


    私の考えでは花粉症は公害であり人災です。

    無策な林業政策により、山にあふれた杉林が出す花粉というのは、喘息
    などを起こした工場からの煤煙と何も変わりません。

    もっともっと杉の板や柱が住宅にふんだんに使われるべきだと思いますし、
    使われるような商品化が必要だと思います。

    ただ山を持って木を生やしているだけの地主さん、時代が変われば訴訟
    されるようになるかもしれませんよ。

    ちなみに我が家では梁に杉使ってます。
    産地紀州ですけどね・・・。

    うらやましい・・・

    先週に引き続き、ECO HOUSEの見学会がありました。

    今回は家族の体調も回復しており、家から比較的近くということもあって、
    リベンジとばかりに突撃したのですが・・・。

    今回のおうち、つけ麺でいえば「全部乗せ」といえるような感じでした。
    ECO HOUSEのオプションで、そういえばこんなのあったねと思うような
    ものが全部とはいいませんが、色々採用されていて・・・。

    サイズも今まで見たものの中では最大級。
    金額的にはかなりのレベルまでいってしまったんではないでしょうか。

    ただ、タイトルの件はそういったことについてのものではありません。

    ここは、作業所兼自宅として作られていたのです。

    つまり
    ・ずっと家で仕事ができる身分がうらやましい
    ・ましてやECO HOUSEで建てた家に24時間近く居られるのがうらやましい
    ・従業員の人、職場がECO HOUSEで建てた家、という贅沢さ加減がうらやましい

    ・・・・・・私の職場なんて夏32度になることもあるのですよ・・・。
    家に引きこもりたい。

    浴室の木製窓がボロボロ?

    昨夜のこと・・・・

    浴槽から出ようとした際に、ふと浴室の窓枠が目に留まりました。
    木製の枠が黒ずんだり塗装が剥げたり、とてもとても1年半程度
    の使用とは思えないような有様・・・。

    ただ少し違和感があったのは、
    「我が家の窓ってこんなに大きかったか?」
    「そもそもECO HOUSEの仕様のものと違うような?」
    「なんかこの浴室、旧家のもののような・・・」

    そんなことを考えながら風呂を出て・・・

    そこで夢から覚めました(笑)。

    なんとなく寝覚めが悪いので、リアル浴室の窓を確認しに行きました。

    ・・・何の問題もありませんでした。
    2015021321010001.jpg

    道路工事

    家のすぐそばの県道で道路工事が始まりました。

    数年に一度、舗装をやり直すようなのですが、なにぶん交通量の多い
    道なので、必ず工事は夜間、かつ数ヶ月に及びます。

    旧家の時代だと、舗装時のパンパンうるさい音、発電機の音、エンジンの音
    などなどで、睡眠を妨害されることもしばしばでした。
    特に夏などだと、音はうるさいわ暑さもひどいわで・・・。

    そういえば、姉の子どもが小さい頃に里帰りでしばらく我が家に滞在して
    いましたが、しょっちゅう音で目が覚めて泣いていたりもしました。


    新居では、こういった類の音はほとんど聞こえなくなりました。
    あるいは仮に聞こえても、気にならないレベルになりました。
    家族の健康はまず睡眠から、と考えると外界の影響は極力抑えるべきですね。


    家の遮音性については、慣れてくるとわからなくなるものですが、改めてその
    恩恵は大きいと感じる今日この頃です。

    周辺環境が騒がしい方、窓選びは遮音性も重要ですよ。
    自然の風を感じる間取りとか、外とつながった開放的な間取りとかいう、何かと
    幻想を抱きそうなコピーに気をとられる前に、

    まず、きっちり閉じることができる

    を追求することをおススメします。

    外とつながりたかったら開ければいいんです。

    成長の記録 息子の様子 一歳半

    読者不在の個人的な備忘録、先日一歳半となった息子の記録です。

    身長90cm はないか・・・
    体重16キロを超えた・・・

    ほとんど走れるようになった
    ほとんど常時爪先立ちで歩行している
    ジャンプはまだできない
    言葉と物が一致するものが増えた(野菜、果物、乗り物、動物・・・etc)
    まだ言葉はそれほどしゃべらない ママパパくらい
    一日の睡眠時間 昼2時間 夜10時間くらい

    食い意地はそれほどはってない
    甘いものやジュースはほとんど与えていないので欲しがらない
    すっぱいヨーグルトが好き
    納豆が好き
    ごはんが好き
    とうもろこしが好き
    野菜は比較的嫌がらない
    肉はあまり食べない

    せっかく快適な家を建てたのに、相変わらず外が大好き
    自転車、三輪車、ベビーカー、車などなどの車輪が相変わらず大好き
    お医者さんは大嫌い
    ドライブは大好き
    ブロック遊びに熱中するようになった
    ノンタンは2本(60分)見ないと納得しないようになった・・・

    頼んでもいない色々な仕事をしようとする
     コロコロで床を掃除する
     ゴミ(時折ゴミでないものも)をゴミ箱に捨てる
     洗濯物カゴの中身を洗濯機に放り込もうとする
     何かを(本人が考える)所定の位置に移動する、収納する
     加湿器の水を取り替えようとする
     カーテンを開け閉めする
     

    そして、まだまだおっぱいをやめられそうにない・・・

    2014123120100000.jpg


    結局買ったのは・・・

    先日の記事で買おうか悩んでいたフラワーガーデン、結局やめました。

    そして、今日たまたま近くの紀伊国屋で見かけたこれを買ってしまいました。

    森のうんどう会

    「森のうんどう会」というスロープトイです。
    大きさ的に相当グレードダウンではありますが、お値段も1/4程度。

    木製のスロープトイとしてはなかなかのコスパです。

    そして、さっそく息子がとりつかれたようにいつまでもいつまでも遊んで
    いたので、まぁ良かったのかなと。

    一家丸ごと風邪引き・・・

    先週のインフル騒動は二次感染者もなく、封じ込めに成功しました。

    が、しかし

    今週に入って

    息子→嫁→私と普通の風邪が連チャン状態になりまして・・・

    一番きつかったのが水曜日の夜。
    39度を軽く超える熱を出した息子がひたすらぐずって眠らず、それに
    つきあった夫婦二人がほぼ完徹で、そこから体調を崩す、という事態。

    日曜になり、全員快方に向かってはおりますが、ブログの更新もまま
    ならないここ数日でした。

    えぇ・・・木曜の坪単価の記事は、徹夜明けで書いてます。

    見学会どころではなかったなぁ・・・。

    坪単価

    見学会の告知、メールだけでなくDMも来ました。
    こちらに入っていたチラシ、基本的にはWebに出ているものと同じですが、一部違ったのは坪単価が記載されていること。

    今回の物件、坪546000とありました。

    木の家55プロジェクトなので、標準仕様=パネルヒーターなし、でしょうけど、私の時より2万位安いのは、企画型だからでしょうかね。

    当時よりだいぶ円安なのに…

    今週末は見学会

    というメルマガが来ました。

    ECO HOUSEのイベント宅配便に登録しっぱなしなのですね、私。

    今週末なら行けるかもしれません。
    ええ・・・意味もなく冷やかしにですが。

    今回のおうち、注文住宅ではなくて建売のようなんですね。

    場所は過去に何度も見学会などで見に行ったところなので、よくわかります。

    建売というと安いイメージがありますが、HPを見る限りではSE工法で冷暖房パネル
    まで付けているので、普通の木の家より安いとは思えません。

    注文住宅ではないけれど、企画住宅の位置づけに近い感じですね。

    インフル襲来

    母がインフルエンザに罹りました・・・。

    現在我が家は二次感染を防ぐべく厳戒態勢にあります。

    感染防止策
    ・加湿器の設定を変更し、全館湿度50%超とする
    ・除菌用アルコールティッシュでドアノブなどをマメにふく
    ・除菌用アルコールで手をマメに消毒する
    ・息子は母に会わせない
    ・母は(自主的に)部屋からでない

    母が医者に行ってインフルと診断された際、「うちには赤ん坊が居て・・・」
    と話したら、医者から「赤ん坊よりお年寄りのほうが大変です。まず自分の
    心配をしてください。」と言われたそうですが、もう熱は下がっているようです。

    家の中に患者がいる場合、環境をそれなりに整備してしまえば飛まつ感染
    だけ注意すればよいかなとは思います。

    そうした際、気になるのは換気方式。
    こういうとき、全熱交換式のダクト一種換気とかだとウィルスが充満しないですかね。

    我が家の場合、居室間には空気の行き来はない(居室→トイレ洗面などへの
    一方通行)ので、部屋にいる分にはそうした心配はなさそうです。

    家族全員で寝込むのはぜひとも避けたいものです。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR