FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    佐野のアウトレット

    5月の連休中、富士山方面に行ったついでに少し足を延ばして
    御殿場のプレミアムアウトレットへ行きました。

    これは嫁のたっての希望によるものでしたが、その日は途中で息子の
    機嫌がナナメ60度くらいになってしまい、結局何も買わず退散すること
    になってしまいました。

    これが尾を引いて、嫁は今月ずーっと買い物欲求を抱えたままモヤモヤ
    していたようです。

    この解消のため、車で1時間程度の佐野のアウトレットへ行ってきたわけです。
    今回は息子対策として世話要員を増員(母)して臨みました。


    結果、嫁はあちこち見ることはできて、買いたい物も買ってまぁ満足といった
    感じでしたが、なんというか各地の三井系アウトレットのアラみたいなものも
    見えてしまって、私は少しげんなりしています。

    理由その1
    御殿場のアウトレットと同じブランドの店で同じ品揃え、同じ値段、のケース
    が多々あった。

    最近はアウトレット向けの商品をわざわざ開発して売っているなんて話も
    聞きますが、正直普通の店を見ているのとなんら変わらない気分にさせられ
    るんです、これ。
    アウトレットって掘り出し物的なものを見つけに行く気分なので、わざわざこんな
    遠距離まで来て近場のデパートやショッピングモールと同じ感じ、だと精神的
    ダメージが結構あります。
    大きな店舗で、どこのアウトレットにも出店しているようなブランドほどこの傾向
    が強いように思えました。
    1年落ちとか季節はずれ物とか全然ないという・・・。そして値段も・・・。


    理由その2
    店の並びに意味が無い。

    同じような品はまとめてみたいので、配置を固めて欲しいんです。
    でもそういうところはほとんど見たことが無いです。出店する側の都合とか
    大人の事情とかで配置が決まっている感がありありで、見て回るのに全然
    便利でない。
    結果、体力的にも心理的にも疲れてしまって、全部見る前に帰ることになる、
    と。
    もう少し考えればよいのに、と思います。


    理由その3
    客層と店やサービスのアンマッチ。

    これみよがしに色々なブランドの店が並んでいるのですが、客層を見ていると
    圧倒的に家族連れ、それも小さい子連れが目立ちます。
    それなのに、小さい子が遊べる場所というのがほとんど無い。
    プレイゾーンと名の付いた滑り台とちょっとした遊具がある一角はありましたが、
    スペース的にはお店1個分に欠けるくらい。そして日陰がなく日射にやられそう
    な過酷な環境。
    これ以外にはMIKI HOUSEとLEGOのお店でそれぞれ店内に3~4畳もないくらい
    のスペースがあるだけです。
    そして当然そこは激しく混雑・・・。

    そもそもそれ以前に子どものおもちゃや服などを置いている店が数えるほどしか
    ないのもどうなんでしょう。


    お金を使う気分にならない、微妙な施設になっているように思えてなりません。
    スポンサーサイト

    住宅のチラシをみていて・・・

    休日の土曜日、新聞の折込チラシがいつもの倍は入ってきます。

    なんとなくそれに目を通していたら、新築だか中古だかよくわかりませんが、
    住宅(一戸建て)のチラシに目が留まりました。

    あたかも中古車のチラシのように、色々なキーワードが踊ってます。

    ・即入居可、未使用(建売の売れ残り?)
    ・XX畳のLDK(戸建てとしては普通)
    ・日当たり良好(=田舎?酷暑?)
    ・XX駅まで徒歩X分(地元民の目で見ると無理。走ってX分の誤り?)


    この辺はまぁ置いとくとして、気になったのは以下。

    ・長期優良住宅
    ・住宅性能表示取得
    ・XXホーム施工

    色々並んでいる中で、こんなことが書かれていると多分知らない人は
    「あ、これいいじゃない」
    とか思ってしまうのだろうなぁ、と。

    ・・・今の私なら絶対選ばないんですが、建てる前の私ならやっぱり着目
    してしまったでしょう。

    ・長期優良住宅
     実態を知らなければ目を引くキーワードですよね。
     なんせ国のお墨付きが付いているわけで、なんとなく胡散臭い業界の中で
     これならまともなんじゃないか、とか。
     ネーミング的にも長持ちしそうだし・・・、とか。
     ・・・まさか国自体がその業界側とは思わないですからね。

    ・住宅性能表示取得
     これもなんとなく信頼感を上げるキーワードですね。
     でも本当に大事なのはどの程度の性能表示を取ったのか、それとその性能
     表示を取ることが具体的にどういった意味を持つのか、ですが。
     ・・・最高等級を取ったとして、それが必要十分な性能でない、なんてコントが
     ありうるとは普通思わないですもんね。

    ・XXホーム施工
     これが一番の殺し文句なんでしょうか。
     私的には、営業が換気のかの字も知らないようなところはどれだけ大手であって
     も価値を見出せませんけど。
     そういえば昔、賃貸住宅を探していたときも似たような売り文句を良く見ました。
     DAIWAハウス施工とか、積水のシャーウッドとか・・・。
     事情を知らなければ魅力的に見えちゃったりします。
     実際私もそういうほうが良いかも、と考えてました。
     当時の不動産屋さんも、
     「大手施工なので他より良いと思います。」
     なんていってました。
     何が良いのかなんて誰も説明できませんけどね。

    結局のところ、買い手の目は節穴、と思われているわけです。
    で、実際に節穴の人がいくらでも居て、成り立っているんですね。 

    重量制限問題再び

    ここのところ、また我が家特有の問題がクローズアップされてきました。

    我が家 といっても家ではなく、恒例の息子問題です。

    まもなく1歳10ヶ月を迎える息子の体重は17キロを超えました。

    この体重は
    3歳だと上限超過(97パーセンタイルに入りません)
    4歳でも平均のかなり上(75パーセンタイルより上)
    5歳だと平均のやや下
    という位置づけです。
    ※ちなみに1歳10ヶ月の平均は11キロちょっと・・・。

    この実年齢と体重の世間とのギャップが問題なのです。

    以前の抱っこ紐問題に続き、今回はチャイルドシート問題が発生
    しつつあります。

    我が家のチャイルドシートはコンビのラクティアターン

    いわゆるチャイルドシートのうち新生児から4歳くらいまでを守備範囲
    としたものです。
    これの体重制限が18キロまで、ということでリーチかかってます。
    そして、最近座っている息子の様子がパンパンで、猶予はあと1~2
    ヶ月くらいではないかと思い始めています・・・。

    そこで次のシートを探すのですが、これがなかなか難航しています・・・。

    私が考える条件は
    ・ISO-FIX対応であること(せっかく対応した車を買ったので)
    ・次の購入を最後としたい(つまり少なくとも小学校入学くらいまで使いたい)

    このたった二つの条件を満たすものが見つからないのです。

    例えばISO-FIX対応のシートというのは、国内では主に4歳までのシート
    ばかりが売られていて、これらは体重制限が18キロと今のものと変わり
    ません。
    ほぼ唯一見つけたのは最近エアバックで世間を騒がしているタカタ製の
    TAKATA-312ifix Junior
    ですが、これは体重こそ15~36キロと適応範囲ですが、年齢が
    3~12歳となってます。

    体重と年齢のうち片方適応すればよいのか?と都合よく考えてしまおうかと
    思いましたが、どうやらそういうものではないようです。

    いわゆる3歳や4歳から小学校高学年までを守備範囲としたジュニアシート
    というものは、車についている3点式シートベルトをそのまま子どもが付けます。
    ここが専用の5点式ベルトを使うチャイルドシートとの大きな違いです。

    3点式の場合、股の間にベルトが無い関係で、
    ・子どもがちゃんと座らなかったり
    ・抜け出したり
    という問題があり、3歳~という年齢設定はそういうことをしないよう言い聞かせて
    も理解できるだけの年齢、という意味もあるようなのです。

    ・・・振り返って息子だと・・・まだ2歳前ですから言って聞かすのは無理でしょうね。
    ということでジュニアシートも却下。


    これ以外に1歳~12歳を守備範囲とした兼用タイプもありますが、このタイプでは
    5点シートベルトが使えるのが18キロまで、がほとんどだったり、
    そもそもISO-FIX対応しているものが無かったり・・・・


    世の中に同じような悩みの人は居ないものかとため息をついていたところ、
    こんなものがありました。

    レーマン Advansafix

    新製品のようです。
    年齢は1歳~12歳対応で、5点式ベルトが25キロまで使えます。
    そして、ISO-FIX対応です。

    私の要求を全部満たしてます。

    これだー、これしかない!と思いながら値段を見ると・・・
    税込み7万超・・・

    しかもネットで見る限り、日本で正式発売されているわけではなく、並行輸入業者
    のページばかり見つかります。日本語のマニュアルもないようです。

    いやいやどうしたものか・・・。

    除菌の顛末

    4月頭に実施したぴろりんの除菌治療の結果が出ました。

    呼気検査の結果

    0.4‰(パーミル)

    基準値は2.5‰なので陰性、つまり除菌成功です。

    まぁなんとなくやる前からわかってました。
    最近胃の調子がよかったですし。

    それにしても、あの面倒な服薬と検査をもう一度やらなくて済むのは
    幸いでした。

    これで私の将来の死因から”胃がん”は消えた、のですかね。
    まぁなんともわかりませんね。

    4月~5月の電気代

    気づいたら1週間強もブログを放置してしまいました。

    先週仕事が少しハードだったのと、休日なぜかPCに向き合う前に寝落ち
    してしまったのが原因です。
    疲れがたまっていたのでしょうか・・・。

    さて、そうこうしているうちに月末も近づき、毎度の成績表がやってきました。

    4月23日~5月24日の32日間の電気代は

    264kwで8372円!

    なんと3段料金までいきませんでした。

    入居以来の最低水準ですね。

    この時期は毎年冷暖房の使用がなく、使用量としては底を打つ時期ではある
    のですが、それでも例年より安い気がします。
    消費税、燃料調整費、再生エネ賦課金など、電気料金の単価が上がる要素は
    いくらでもある状況ですから、使用量はぐっと抑えられたということでしょう。

    今月はたまに暑い日あって、ちょいちょいエアコンを使うこともあったのですが、
    電気代にはほぼ影響してないようです。

    最近暑いです

    ここ三日ほどのさいたま市の最高気温は
    13日 約28度
    14日 約30度
    15日 約29度
    だったようです。

    ・・・5月の気温ではないですよね。

    昨年はどうだったかと過去の気温を見返してみると、
    5/14に29度を記録してはいます。
    ただ、そこまで暑かったわけではなく、5月15日までのうち一日の平均気温が
    20度を超えた回数は
    2014年 2回
    2015年 8回( ̄□ ̄;)

    どうりで暑く感じるわけです。

    家の室温はだいたい一日を通して25~26度で安定してます。
    夏の冷房時と同じ状態なので、格好は夏と同じですが。

    温暖化は確実に進んでいるのでしょうか。
    それとも特異な年なのでしょうか。

    将来を見越すと、断熱仕様をもっと盛っていてもよかったような気もします。

    カジノとギャンブル依存症

    家とは関係ない独り言です。


    新聞の社説にて

    超党派の議員がいわゆるカジノ法案を国会に出したことに対して、
    「依存症のケアを考えていないのは無責任である」
    と書かれていました。

    よくカジノ解禁のデメリットとしてギャンブル依存症者の増加が議論のネタ
    (というか反対のための理屈)として挙げられることが多いのですが、そういう
    ことを言う人達はこの国のことを知っているのでしょうか、と疑問に思います。


    日本でギャンブルが禁止されている、なんて言うのは幻想です。

     パチンコの景品は換金できますし
     3競オートもありますし・・・

    認められていなくとも日常的に
     雀荘では賭けマージャンが行われていますし
     ゴルフでは握りますし


    年金支給日になるとパチンコ屋がジジババで混雑する、という
    事象を知っていっているのでしょうか?
    依存症の人なんて程度の差こそあれ、その辺にあふれてます。

    そして、そういった人およびその予備軍が公営ギャンブルや一部業界
    を支えている現実があります。

    つまり、
    「依存症患者が増えるからカジノ反対」
    を声高に唱える人たちの裏には、依存症患者をよそのシマに取られたく
    ない利権が透けて見える気がするんです。
    あるいは・・・社会に対する無知、ですか。


    仕事と育児ですっかりギャンブルなどやる暇がなくなった身からすると、
    遠い過去の世界の話であり、カジノができてもできなくても関係ないこと
    ではありますが。

    ぴろりん除菌できたか検査

    本日、ピロリ菌除菌の抗生剤を飲み終えて1ヶ月経過したので、
    医者に再検査に行きました。

    除菌できたかの検査は血液ではなく呼気検査で、以下の手順で
    行います。
    1.朝食を抜く
    2.コーヒーなど色のついた飲み物を抜く
    3.深呼吸後、吸気して10秒止めた後、容器に息を吐く
    4.なにやら錠剤を飲む
    5.5分間、左を下に横になる
    6.15分間、座って安静にする
    7.深呼吸後、吸気して10秒止めた後、容器に息を吐く

    ・・・非常に面倒ですね。

    結果はまた後日・・・

    エアコンとネコ?

    先日エラーコードが出てストップした2Fエアコンの修理(というか
    チェック?)にDAIKINの人が来ました。

    室内機を見て、室外機を見て・・・という手順は以前にも見たもの
    だったのですが、不思議な質問を受けました。

    「ペットとか飼われてます?」
    「いいえ」

    「外の室外機のそばの汚水枡って下水につながってます?」
    「雨水用の浸透枡なので、つながってません」

    「野良猫とかきます?」
    「あぁそれはよく見ますね」

    その方曰く、猫が室外機周辺でおしっこしたりすると、機械が腐食
    してガス漏れを起こすことがあるそうです。

    つまり、前述の質問は全て、アンモニアに関連するものでした。


    もしかしたら、2年で2回もガス漏れが起きた原因は、野良猫による
    ものなのかもしれませんね。

    でもね・・・

    室外機なんて外に置くものですし、エアコンは外気を取り込んで動く
    ものですから、居住者が気づかない程度のアンモニアで穴が開く程度
    の物を作ってはダメだと思いますけどね。

    何か猫よけ考えないとダメかしら。

    高高住宅の副作用

    GWを少しずらして、2泊3日で山中湖へ旅行に行ってきました。

    日付を少しずらすだけで混雑度は雲泥の差で、
     道路は空いていて渋滞知らず
     宿は貸しきり状態
     ついでに遊覧船も貸しきり状態 ↓
    DSC03344.jpg

    という贅沢な感じの旅行となりました。

    居室からは富士山も望むことができました。
    2015050806460000.jpg


    それはそれでよかったのですが、不満もあったのです。

    それは、宿のつくりと現地の気温による温熱環境の問題です。

    宿自体は平成5年築ということで、約20年前の建物です。
    標高1000メートルという土地柄か、サッシはアルミ製ですが、ガラス
    はペアガラス(推定厚さガラス3mm+空気層6mm)でした。
    たぶん当時としては先進的だと思います。

    ただ、5月というとさすがに暖房はされておらず、しかし外気温は夜は
    1桁まで下がります。すると窓からはあからさまな冷輻射を感じるように
    なり、室温も15度くらいまで下がります。

    この状況が寝ていてこたえる体になってしまっているのです。

    室温の変化が一日で5~7度程度もあると、服も着替えなければなり
    ませんし、夜中に布団を蹴飛ばしていると寒くて目が覚めます。

    改めて自分の家の快適さに気づかされる体験でした。
    そして、今後の旅行計画をどうしたらよいか悩む体験でもありました。


    ちなみに、家に帰ってきて玄関ドアを開けた瞬間、濃密な木の香りが
    しました。
    来客者にはよく言われることだったのですが、家族一同麻痺していて
    わからなくなっていたのですね。

    帽子がない…

    最近、やたらと日射が強い気がしてます。

    息子と外に居ると、暑さでくらくらする感じ。
    日陰に逃げ込みたいのですが、ヤツはなかなか思う通りには動いてくれませんし・・・。

    そこで親子そろって帽子を買おうと思い立ちました。
    麦藁帽子のようなつばの広いタイプがいいなぁ、なんて考えながら帽子を
    探していると・・・

    ないんです、サイズが。

    息子の頭のサイズはだいたい53センチ超。
    2歳にもなっていないにしては、相当大きい部類です。しかし、こちらは小学生用
    とか探せばあるんです。

    問題は私。息子のサイズから想像していただければわかるかと思いますが・・・。

    そういえば帽子をかぶる習慣というものがありませんでした。最後にかぶったのは
    小学生のときだったか。そのときのサイズが60。
    無意識に避けていたのかもしれません。

    その辺の服屋にディスプレイされているような帽子ではまず入りません。
    専門店でも60センチオーバーはなかなか置いてません。

    いたたまれなくなってとぼとぼ歩いていると目に付いたのは外資系のスポーツ
    洋品店。サイズがアメリカンならあるいは、と考えて入ってみると、一つだけXL
    サイズのブツがありました。
    そして、何とか入ります。あご紐もついているので、多少浅くかぶっていても
    風で飛ばされることもありません。
    ということでコレを購入。

    帽子一つ探すのに数時間かかりました。
    疲れました・・・。

    やねよりひくい

    母のたっての希望により、鯉のぼりを飾ることになりました。

    とはいえ、庭にポールを立てるのも面倒、かつベランダに取り付けるタイプは
    我が家には付きそうも無い、ということで

    ベランダから庭の松の木に紐を渡してそこにくくりました。

    2015050509280000.jpg

    ちょっと間隔が狭かったか・・・時々絡まります。

    エアコン故障再び

    本日も我が家周辺は快晴でした。

    とにかく日差しがジリジリ暑く、ちょっと出かけて帰ってきたらすっかり
    体が熱くなっていて、たまらずエアコンを試運転してみました。
    (室温は25~26度で、それほど暑くもなかったですが)

    すると、2Fのエアコン(昨年購入)から出てくる風がぬるい・・・。
    そしてしばらくすると
    ・運転ランプが点滅状態になり
    ・送風口が閉じてしまう

    どこかで見たことのある事象です。

    エラーコードを見てみると・・・”U0”

    またガス漏れかい!!!

    というのも、2013年の9月に1Fのエアコン(こちらも当時買って1年目のダイ
    キン製)で同じ事象を体験してます。

    ダイキンさん、漏れやすいんですか?
    丈夫だとかなんだとか広告してませんでした?
    それとも我が家がハズレばかりつかんでますか?

    イライラしながら保証関係を確認していると、購入から1年たつかどうかの
    微妙なライン。
    取扱説明書では”まずは販売店に連絡を”、となっています。
    そこでビックカメラに電話してみると、
    「購入日1年未満の場合は直接メーカーに連絡を」
    と自動音声に冷たくあしらわれました。

    釈然としない気分でダイキンのコールセンターにかけると、出張修理に来て
    くれるとのこと。
    前回の経験からすると、おそらく最初は漏れ具合を見に来て、漏れてたらガス
    補充して、1週間後くらいに本体交換、でしょうかね。

    我が家のように冬に使わない家のエアコンは、ハイシーズンより前に動作確認
    したほうがよさそうです。

    今年も通風生活始まる

    例年に続き、今年も我が家の苦手な季節がやってきました。

    春、というか初夏、というかこの時期、昼間暑くなるときは夏のように
    なり、そのとき取り込んでしまった日射で夜まで家が暑い、という時期
    です。

    今日の日中は私は在宅していなかったのですが、母によると室温が30度
    になったとか。まだ夏前なので日射対策も何もしてないということもありますが、
    上がりすぎです。
    エアコン入れてしまえば全て解決ですが、5月の初めにそれも心理的抵抗
    がありますし・・・。

    ということで、例年のこの時期は窓を開けて風を通して家を冷やします。

    ただ、やるたびに思うのは、
    「全然快適ではない」
    ということです。

    このブログでも何度か書いていますが、ダメなハウスメーカーによくある
    「自然の風を取り入れたXXな暮らし」
    みたいなキャッチコピーは幻想以外のなにものでもありません。

    この季節、外に居ていい風が吹いてきて、「あ、気持ちいいね」というのと
    家でのそれは全然違います。

    思いつく限りのデメリットを挙げると
    ・外の騒音がそのまま入ってくる。遮音性が台無し。
    ・外のホコリがそのまま入ってくる。換気のフィルターが台無し。
    ・室温自体のコントロールが至難。
    ・そもそも風が体に当たるのは決して快適なものではない。

    ま、言ってしまえば外と似たような環境になってしまうわけで、私の感覚
    からすると、快適度は 家>外 であるべきだと思いますので、その家
    を外と同じようにしてしまうようでは全然ダメなわけです。

    「自然の風を取り入れたXXな暮らし」
    をやりたいなら、外に居ればいいのであって、そんな 家<外な快適度
    の家作りしかできない連中のごまかしに乗る必要もないんです。

    ということで我が家での通風生活は苦肉の策です。
    来年あたりからは普通にエアコン入れてる気がします。

    あなたが換気をセールスポイントにしますか・・・

    yahooのトップページに出てきた広告。

    文言はうろ覚えなので多少細部は違うかもしれません。

    --------------------------
    空気の汚れを家電に任せていてよいですか?
    私達XXホームなら花粉・PM2.5などの有害物質を90%カットできます
    --------------------------

    これを見て契約しちゃう人、少しはいるんでしょうね。

    上記は当然24時間換気の吸気フィルターによって実現する性能でしょうから、

    計画換気が適切に機能すること
    →家の気密性が適切に担保されていること

    が必要なわけですが、この会社は気密性なんて売りにしてないというか、
    むしろ苦手な部類ではなかったかと。
    (次世代省エネ基準にC値が関係しないのは利権によるもの、という人もいます)


    広告なんて言ったもん勝ち。いい加減なもの。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR