FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    スランプ・・・

    ここ最近、まともな記事がかけません。

    月別の記事数を見ても、一日一本だったのが、三日に二本になり、
    二日に一本になり、最近は三日に一本いけるかどうか。
    晩年のホームランバッターのホームラン数みたいになってきてます。

    特にここ最近、本数よりも記事自体の内容の薄さが我ながら気になって
    きてます。

    書きたい記事はあるのだけれど、うまくまとまらない。
    撮りたい写真もあるのだけれど・・・タイミングが合わず撮影できない。

    仕事の忙しさもあって、プレッシャーもあって、どうもブログに向き合えて
    いない感じです。

    スランプですかね・・・。

    ちょっと8月はお休みするかもしれません。
    スポンサーサイト



    農産物直売所にて・・・

    うちの嫁が野菜マニアというか、野菜好きというか、そういう人なので、
    私はよく農産物直売所への出動を命じられます。

    旅行先でも同様で、山間部の道端に”直売”の文字でもあろうものなら
    問答無用で停止を命じられます。

    明日も朝から近所の直売所へ行かなければならないようです。


    その直売所について、私は常々ある疑問を抱いています。

    ”直売”とはいわば中間マージンを排除していることから、暗に値段が
    安いこと、そして配送ルートが短いことにより新鮮であることを匂わせて
    いる、と私は勝手に思っています。

    事実、直売所で売られている野菜類の多くは、その辺のスーパーで買う
    より安かったり新鮮だったりします。

    ただ、例外があります。それは「米」です。

    なぜか米だけはむしろ割高感があり、私は一度も手を出したことがありません。

    だいたい玄米のまま売っていたりしますが、玄米10キロの価格がその辺の
    スーパーのブランド米の精米10キロの価格くらい。

    たぶんここで売っている米をスーパーに並べたら誰も買いません。
    そして直売所でも売れている感じではありません。

    いったいどういう理屈、ソロバン勘定であるのか・・・誰かご存知のかたいたら
    是非教えてください。



    池 です

    我が家の庭で、大きな占有面積のもの。
    今まであまり言及してきませんでしたが、こんなものがあります。

    ↓池です。(見切れている部分はクリックして見てください)
    2015081717140000.jpg

    これは旧家の時代から、それどころか私が生まれる前からあったものです。
    聞くところによると、祖父が勤め始めた頃(今から約90年くらい前)最初の上司
    の家に行ったときに、それはそれは立派な池があり、それに憧れたのか何なのか
    自分で家を建てたときにこれを造ったんだとか。

    まぁ自分の家なのでどうしたって自由ではあるのですが、子孫としてはどうにも
    できないものでもあります。
    これがあるだけで庭のうち10坪くらいは動かせないわけですから。

    現在は鯉が6匹、金魚が6匹居ます。
    写真の真ん中辺に見えている小さい赤いのが最近買ってきた鯉で15cmくらい。
    右側に見えている金魚達は40cmくらい。
    真ん中付近に居る鯉は80cmくらいです。

    これより大きい1m超えのもいたのですが、先日の猛暑にやられてしまいました。
    (暑さ寒さがきついと何年かに一回のペースで死んでしまいます。)

    造るのにいくらかかったのかは存じませんが、維持費は井戸水汲み上げ用の
    ポンプの電気代が月に1000円くらいと、エサ代が1000円くらい。
    維持するのに困る金額ではありませんし、水さえ出しておけばエサを数日与えなく
    とも池の藻などを食べるので問題ありません。

    しかし、将来どうするのか想像が付きません・・・

    たかが1度の差で

    一昨昨日のこと。

    息子が39度近い熱を出し、恒例の夜鳴きがはじまりました。

    いつものことなのですが、調子の悪いときは抱っこで無いと寝付きません。
    そして、寝付いた頃合を見て布団に寝かすと起きて騒ぎます。
    ジャイロセンサーでも付いているのか、抱っこ状態で座っても気づきます。
    結果、一晩中立って抱っこしているという苦行が待っています。
    ・・・しかも18キロ。

    一昨日になってめでたく熱は下がったのですが、昨夜もなぜか夜鳴きが
    止まりません。
    発熱しているときほどではないものの、1時間に1回ほどぐずり、その都度
    抱っこで寝かしつける羽目になり、夫婦そろって二日連続の寝不足でグロ
    ッキーです。

    原因不明の夜鳴きなので、先が見通せず、これからどのくらい続くのか
    考えて暗い気分でしたが・・・

    ふとエアコンの設定温度を見てみると、26度になっています。
    嫁が最近良く冷えているので1度上げたよう。
    ためしに25度に戻してみると・・・昨日はすやすや寝てくれました。

    どうやら暑かっただけのようです。

    ちなみにこの温度、私の体感と全く同じで、私も26度だと寝苦しく、25度
    は快適、24度は寒いのです。
    そういえばここ数日暑かった気もするのですが、色々大変だったので
    あまり深く考えてませんでした。

    遺伝・・・ですかね。

    ECO HOUSE のHPが変わりました

    最近更新頻度が・・・と思っていたら、一昨日くらいにデザインが全面的に
    変更されていました。

    情報量はあまり変わっていないような気もしますが、若干の説明の追加が
    なされているようにも思えます。

    壁やら窓のU値が明示されたり、標準価格が明示されたり。

    今まではっきりと書かれていなかったGermanHouse仕様の金額も明記されて
    ますね。
    壁が20cmを超えてしまうような仕様、都市部ではほとんど需要がなさそう
    ですが、今の家とどの程度の性能差があるのか興味深いところです。
    ※興味はあっても手はでませんけど。

    ちなみに、断熱のページで冷暖房費に言及していますが、以前も書いた気が
    する部分が改善されていません。

    その1.展示場の冷暖房費の実績値は参考になりません。
         なぜなら、生活していない場所は熱源がありません。
         間取りも一般的なものではありません。
         エアコンやパネルヒーターを動かしていても、暑かったり寒かったりして
         文句を言う人もいません。
         ましてや、その実績値が”未来”のものとなると、色々仕様が普通では
         ありませんから・・・。

    その2.前提条件が不足しています。
         温度設定の条件がなく、坪数と金額のみが書かれています。
         快適温度は個々人で異なるのに、金額のみに目をとらわれがちで、
         数字が一人歩きしかねません。というかそれを狙っているようにも
         見えてしまいます。

    その3.OBたちの実績値と乖離しています。
         数人ブログをやっている人達の実績値は月4000円とか7000円で
         冷暖房費が済んでません。坪数を換算しても乖離しています。
         もちろん上にあるように条件が違うからです。
         ただ、OBたちのほうがより実態に近いデータを持っていると思います。

    ということで
    車の燃費表示みたいなことしないで、OB客におんどとり配りましょうよ。
    もっと説得力があって誤解の無いデータがそろいますよ。

    アドバンサフィックス

    息子の体重増加ペースは収まらず、18キロ超えによりついに
    購入しました。

    2015080910570000.jpg

    6月頃からミキハウスだけ正規輸入業者の品の取り扱いがあるようです。
    値段が並行輸入品より何故か少し安くなってます。

    今までのチャイルドシートではパンパンだった息子もコレに変えてから
    ぐずらなくなりました。

    25キロまで5点式ベルトでいけるので、なんとか4歳まで・・・ムリ?

    ひどい暑さでした(外は)

    今日のさいたま市、この時期にしては比較的過ごしやすかったと思います。
    昨日までとは5度くらい気温が違いました。

    ちなみに
    37.5 36.6 36.5 36.7 36.0 37.1 37.6
    この数字、私の住むさいたま市の8月の最高気温の羅列です。

    東京で猛暑日8連発、みたいに騒いでましたが、あちらは35度ギリが
    何日か、こちらは余裕でクリアです。

    面白かったのが、8/7のアメダスランキング。
    午後2時ごろの数値を見ていたのですが、そこに出てきた都道府県が
    トップ10だと群馬、埼玉、岐阜だけ。
    トップ20だと群馬、埼玉、岐阜、東京、愛知、栃木だけ。
    南のほうの気温はどうなっているのでしょうか。

    埼玉はいつの間にか日本で一番暑い部類の地域となっているようです。
    (熊谷だけだと思ってました)

    次世代省エネ基準の地域区分、現実にあっているんでしょうか?

    「関東あたりはそこまで暑くないので断熱・遮熱はそこそこで良い」
    なんて言う人がいたら、私は「ダウト」と叫ぶことにします。


    そんな状況ではありますが、家の中は25度、湿度60%です。
    クーラーの風はあまり感じません。
    時々微風、もしくはクーラーのほうから冷気を感じる、程度です。
    24時間運転してますが、音も気にならない程度です。


    会社など行かず、ずっと家に引きこもっていたくなります・・・。

    その話は本当か?

    今日、仕事から帰ってみると、郵便ポストにチラシが入ってました。

    具体的な名称は伏せますが、リフォーム会社が遮熱塗料を宣伝したものでした。

    その効果のほどは全くわかりませんし、否定するつもりもありませんが、書いてある
    文言が面白すぎたので、以下に引用します。
    小文字部分は私の感想です。
    ----------------------------------
    遮熱:太陽光線から受ける影響の約95%を反射することができるため、
        外断熱となり、夏は心地良い涼しさが持続します。
    →遮熱なのに断熱?しかも外?
      そんなふうに遮熱と断熱を混同してると神様が・・・いや、やめましょう。


    断熱:外に逃げてしまう熱エネルギーの約60%を封じ込めることができるため、
        内断熱となり、冬は心地良い暖かさが持続します。
    →今度は内断熱ときたか・・・。言葉の意味わかってるのかしら・・・。

    防音:特別な工事を行わなくても、XXXを塗るだけで屋根、天井、壁を通過する音が
       4~10db低下して静かな住環境になります。
    →効果のほどは知りませんが、設定している数値が絶妙です。
      仮に4db低減するとして、窓からのそれを考慮外とすると、体感的には全くわかる
      はずがありません。


    消臭:特殊セラミック層により、空気中の気になる臭いが中和・イオン化され、室内の
       空気がさわやかになります。
    →効果のほどは知りませんが、余計な話に見えます。遮熱ならそれだけで押せばよい
      のに、こういうこと書くと怪しさが30%増しに・・・


    防露:近・中・遠赤外線の波長が効率よく反射され、熱エネルギーの移動が抑えられ
       ることにより、結露の発生率が約20%以下になります。
    →前提条件なしで数字出して平気なんだろうか・・・。つーか、窓には塗らないから
      窓の結露は防げないと思いますが・・・・。


    防護:例えば100℃に熱せられた鉄板であっても、表面にXXXが塗布されてあれ
       ば、触れても火傷することはありません。
    →眉がつばでずぶぬれになりそうです。仮に塗布により表面温度が上がらないのだと
      するならば、40度前後に抑える必要がありそうですが、導入事例を見る限り、そこ
      までの遮熱効果には見えないのですが・・・。
      それに塗料を塗ってしまった鉄板の表面温度が上がらないのだとしたら、その鉄板
      が100℃に熱せられていることをどうやって測定するのか・・・。

    ----------------------------------


    重ねて言いますが、私は製品自体の効能について肯定するつもりも否定するつもりもありません。
    だって実態を知らないですから。

    ただ、この宣伝の仕方はないな、と思っただけです。

    べりべりっと

    最近雑談ばかり書いている気がします。

    でも、そのときそのときで思いついたことを書くだけのブログですので、
    あきらめてお付き合いください。

    タイトルは「そのとき」の擬音です。

    そのときとは

    以下引用
    -------------------------------
    患者の大半が子供とはいえ、稀に大人が手足口病に罹患することもあり得ます。しかも、大人が感染した場合には子供よりも症状が重くなる傾向にあるのです。

    手足口病について調べていただくと分かりますが、熱が出たとしても38度以下が大半だと書かれていますが、これは子供の場合です。大人が罹患すると、3割ほどの方が40度近い高熱になり、さらに指先へ発疹やかゆみが生じることで、1~2ヶ月後に爪が剥がれてしまうこともあるのです。
    -------------------------------

    はいそうです。先日の手足口病感染から約2週間ちょい。
    足の小指の爪がべりっといってしまいました。

    数日前からなんかちょっとぐらついてるなーとは思っていたのですが。

    爪がはがれた指は、今回特にひどくはれた部分で、皮も脱皮したようにむけました。


    子どもの病気と侮ってはいけません・・・。

    今年のゴーヤはダメですね。

    タイトルどおりです。

    今はこんな状況。
    2015080407480000.jpg

    右のほうのプランターからはどれもまともに育たず、左のプランターの2本が
    越境して右へ枝を伸ばしています。

    それでも去年より葉の密度は少ないですし、なにより実がなりません。
    そして、越境しているヤツのうち1本は枯れ始めました。

    何が悪かったのか・・・。

    避暑地とは何よ

    二泊三日で那須へ旅行に行ってきました。

    いつも家に居る嫁がだんだんストレスを溜めていくのを放置すると
    家庭平和的によろしくないので、時々ガス抜きをします。

    真夏まっさかりなので少しでも涼しいところを、と考えたのですが、
    ハイシーズンでお値打ちの宿はだいたい満室。色々探した挙句、
    子どもがそこそこ遊べる場所がそろっている那須に落ち着きました。

    が、しかし

    暑いのです。暑すぎるのです。

    8/1~3の埼玉の気温は37度、36度、36度。
    まぁ冗談じゃすまないレベルです。

    これに対して黒磯の気温は34度、33度、33度。
    もう少し上部の那須高原は31度、31度、31度。

    確かに気温は低いです。

    でもね・・・30度もあれば十分暑いわけで、避暑地としての価値はないですよ。

    家にいたほうがよっぽど快適。

    避暑地だからとあぐらをかいて、エアコンすらないような宿とかありますが、
    今年はさぞきつかったでしょう。
    年々そういうビジネスは成り立たなくなっているんではないかと考えさせられ
    ました。
    そのうち避暑地で熱中症、とかね。


    ちなみに
    宿に居る間もエアコンをずーっとつけっぱなしだったのですが、冷えません。
    風が届いている場所だけちょっと涼しくて、止まるととたんに暑い。
    築20年の物件でしたから、たいした断熱もなくて、輻射熱が効くのでしょう。

    土地柄か、築年数にしては珍しい樹脂サッシでしたが、ペアガラスではなく、
    インプラス的な内窓が付いてました。
    2015080307230000.jpg

    でもこれだと窓と窓の間の空気層が厚すぎて、対流が起きて断熱効果は・・・

    とにかくキツイ三日間でした。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR