FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    分譲地が増えてゆく

    私の住む地域は昭和40年前後に一気に宅地化が進みました。

    その頃はまだ住宅ローンは一般的ではなく、我が家の祖父のように
    退職金で家を建てるケースが多かったと聞いたことがあります。

    つまり、その時期に住み始めた人々の年齢や家族構成もわりと
    近いものがあったようで、その最初の世代はだいたい百歳を超え、
    その子供の世代がだいたい70歳~80歳を超え・・・という感じの
    ようです。

    そのせいか、最近大きめの土地がある日急に更地になり、分譲
    されるケースが増えてきたように感じます。
    ※元の区画は100坪前後あったりします。時代を感じます。

    代替わりの際に土地を手放すケースがあるんでしょうね。

    で、それが不動産屋などにより建築条件付とか建売で細切れに
    されて・・・なぜかそこそこ売れるようです。

    こうした動きとあわせるように最近道で目立つのが置き看板。
    それも、明らかに違法なカラーコーンと組み合わせたタイプの
    もの。
    捨て看板となんら変わらないのですが、業界的に遵法精神は
    ないんでしょうかね・・・。

    思いっきり会社名を入れてしまっているアホ丸出しのヤツもあれば、
    「売地⇒」とだけ書いてある確信犯的なものもあります。

    人に持たせれば多少なりとも雇用に貢献するんですけどね。

    スポンサーサイト

    9月電気代

    久々に光熱費関連の記事です。

    書かないようにしていたわけではなく、書くのを忘れていただけです・・・

    9月の電気代は408kWh 11600円ほどでした。
    前年同月対比で見ると80kWhほど増加。(測定期間も1日増なので実質は微増)
    8月との対比では12000円弱下がりました。

    エアコンの運転方法はほぼつけっぱなし(時々OFFにされてましたが)でした。
    我が家のボトム時の電気使用量はおおよそ300kWhですので、9月は100kWh
    ほどエアコンと除湿機に費やした、というところです。

    まぁ3000円ならつけっぱなしでよいか、と思います。

    今年は結構涼しかったイメージがありましたが、電気使用量からは昨年との
    違いがあまり見出せない結果となりました。

    きんもくせい

    最近すっかり秋めいて、通勤途中の家々からきんもくせいの香りが
    してくるようになりました。

    我が家にもあるにはあるのですが、ほぼ枯れてしまっていて、ここ数年
    花もつけませんし、葉もほとんど出ていません。

    近所の家のようにまるーく整えた大きなきんもくせいが庭にあるとよい
    のだけれど・・・と考え始めたらうずうずしてきて

    150927_085819.jpg

    買ってしまいました。 1500円弱でした。

    成長の遅いこの木が大きく育つのはいつのことやら・・・

    それ以前に植える場所を決めなければなりませんね。

    寒風で枯れないように

    日当たりがそこそこある場所で

    成長の記録 息子の様子 二歳ちょい

    読者不在の個人的な備忘録、まもなく二歳二ヶ月となる息子の記録です。

    身長95cm はないか・・・→2歳6ヶ月児でも成長曲線の上限付近
    体重19キロを超えた・・・→4歳児でも成長曲線の上限付近
    ※ちなみに私が6歳のときの記録が出てきたので比較してみると
     身長115cm、体重20キロでした。4年で1キロ差!!

    走れるようになった
    平気で1キロくらい歩く
    ジャンプはまだうまくない
    爆発的に言葉をしゃべるようになった
    二語文もしゃべるようになった
    助詞すら活用するようになった
    一日の睡眠時間 昼2時間 夜10時間くらい
    トイレトレーニングを始めたいが、本人がトイレを嫌がる・・・

    食い意地はそれほどはってないが、おいしいものだけ選り好んで食べる
    甘いものやジュースはほとんど与えていないので欲しがらないが
    カキ氷やアイスを与えてみるとパクパク食べる
    すっぱいヨーグルトが好き
    納豆が好きだが、以前ほどではない
    ごはんが好き しかも酢飯が好き
    とうもろこしが好き
    野菜は比較的嫌がらないがにんじんは食べなくなった
    肉は上等なものは食べる

    せっかく快適な家を建てたのに、相変わらず外が大好き
    自転車、三輪車、ベビーカー、車などなどの車輪が相変わらず大好き
    お医者さんは大嫌い
    ドライブは大好き
    ジグソーパズル(50ピース弱)に熱中するようになった
    電車や車のおもちゃにより熱中するようになった
    相変わらずノンタンが大好き。泣き止まないときの最終兵器。

     

    そして、まだまだおっぱいをやめられそうにない・・・

    150921_153903.jpg

    家具屋からDM

    新築時にベッドを購入した家具屋からDMが届きました。

    閉店セールをやるようです。
    家具が30%OFFだとか、インテリア小物が80%OFFだとか
    書いてあります。

    でも・・・全然行く気がしません。

    そのお店のことは良く知っていて、価格設定に不満があるわけでも
    品揃えに不満があるわけでもないのですが、我が家の家具需要は
    ひとまず充足してしまっていて、買うものがないんです。

    家具を購入する動機やタイミングって
    ・家を新築する
    ・引越しする
    ・結婚する
    ・子供が生まれる
    ・子供が学校に入る
    ・既存の家具が老朽化する
    などかと思うのですが、新築時の需要って上の結構な割合を占めている
    イメージがあります。
    で、新築時の需要にはそれ以外の要素も多分に含んでいるでしょうから、
    新築で家具をバーっと揃えてしまうと、需要の空白期間が発生します。

    家を新築した後、誰もがしばらくこういう時期があるのではないかと
    思うのですが、そうすると家具屋が出すDM、ひいては顧客名簿って
    いったい何の価値があるんでしょうね。

    見込み薄客名簿のような気がします。

    通風生活・・・苦痛

    シルバーウィーク真っ只中ではありますが、ここ数日体調を崩し、
    どこにもいかず家で過ごしています。

    暑さ寒さも彼岸まで、どころか今年はとっくに暑さはどこかへいって
    しまっていて、9月に最高気温が30度を超えた回数は、こちらの
    地方ではなんと4回だけ。(20日までで)
    調べてみると昨年も4回、一昨年は8回。

    数字的には昨年とあまり変わらないようなのですが、今年はずいぶん
    と涼しいイメージがあります。
    ここ何年か、夏→ちょっとだけ秋→冬、という季節の移り変わりになって
    いる気がしていましたが、今年はしっかり秋がありそうですね。

    そんな中、我が家のエアコンもいつの間にか止まってました。
    外気温が少し高いと窓が開けられたりしています。
    (寝ている身分では、それを見ているだけですので)

    で、この久々の通風生活なのですが、相変わらず苦痛です。
    我が家はロケーションの問題(すぐそばに県道)からとにかくうるさい。
    聞こえてくるのはトラックの音、バイクの音、緊急車両のサイレン・・・。
    短くとも家が憩いの場所でなくなる季節です。

    よく、通風を重視してプランニングをされる方いらっしゃると思いますが、
    周辺環境がそれを許す状況なのかどうか、よくよく吟味されることをおススメ
    します。

    たとえがナンですが
    オープンカーは確かに気持ちいいでしょうが、その気持ちよさを味わうための
    条件がどれほどあるか、条件を満たす日がどれほどあるか、なぜ売れ筋の
    主流とならないのか、
    この辺想像されると、イメージがわくかと。

    業者との意識の違い

    最近の大雨、我が家は特に何の影響もなかったのですが、
    うちの近所で、雨漏りがあったようです。
    といっても、以下の状況証拠からの推測に過ぎませんが。

    ・その家の屋根(スレート)が以前から外観上ひどく劣化していた。
    ・屋根の業者が来てなにやらその家の主人と話をしていた。

    その話の中で聞こえてきた断片なのですが
    業者:「家を建てられて何年くらいになります?」
    主人:「15年くらいですね」
    業者:「あーそれじゃもう葺き替えてもいい頃ですね」


    業者さん、本当にそう思うんでしょうか?
    15年しかもたない屋根なんて不良品じゃないんですか?
    だいたい屋根の葺き替えなんて数百万ものなのに、家のメンテで
    それを何回も組み込んでおけと言うんですか?
    こんな程度の低い家作りをしているから、葺き替え2回目のサイクル
    の30年目だと建て替え一直線になるんではないですか?


    まぁ、来ていたのは建てたHMではなくてただの屋根業者だったようで、
    この人が建てたわけでも部材を選んだわけでもないでしょうけど。


    ちなみに、その家、丈夫と言われる鉄骨造です。
    でも屋根がこの調子では構造上の利点なんて吹き飛びますね。
    どういったポリシーでの家作りなのか、私が施主なら半日くらい問い詰め
    たくなるような状況です。

    ・・・家電だけ作ってりゃよいのに・・・

    ヒトゴトながら、ちょっとイラッとしてしまいました。

    おとなしくても怒らないわけではないんです

    昨日のこと

    息子を連れて、比較的近所(といっても車で30分は走る)にある大崎公園という
    ところへ行ってきました。

    ここは子供用の動物園があり、時間によってはヤギだのモルモットだのを触る
    ことができるのです。

    そこで息子が目をつけたのが白黒のヤギ。

    ↓最初はおそるおそる・・・
    150912_103354.jpg

    ↓そして狙いは尻尾へ
    150912_103358.jpg


    尻尾を触るとヤギはイヤなのか、プルプルプルっと尻尾を動かします。
    これがたいへん息子のツボにささったようで・・・

    ↓くりかえしくりかえし
    150912_103418.jpg

    ↓いやがってもくりかえし・・・
    150912_103411.jpg

    このあとヤギが嫌がってどこかへ移動しても追いかけていって触って
    いたのですが、20分くらいやっていたらさすがにヤギが怒ってしまい
    角で”ツン”とつつかれてました。(角は丸めてあります)

    結果もちろん息子は大泣き。

    まぁこれで他者との関係性を少しでも学べればよいのかな。(笑)

    20年たっても後悔しない 一戸建ての選び方がわかる本?

    「20年たっても後悔しない 一戸建ての選び方がわかる本」という雑誌を
    本屋で見かけ、家を建てるわけでもないのにちょっと立ち読みしてました。

    内容的にはこう言ってはなんですが見るべきものはなく、
    工務店だとXXで
    建築家だとXXで
    大手HMだとXXで
    みたいなありきたりなお話が書いてある入門書でした。
    (入門する門をこういったもので間違うからみんな苦労するのですが)

    そこにあった大手ハウスメーカーの比較のページなのですが、
    7社くらいの比較が載っていて、比較ポイントとして
    ・構造
    ・耐震性
    ・断熱性
    みたいなものが並んでいたのですが・・・

    耐震性は3等級、省エネルギー性は4等級できれいに横並び。
    基準のレベルからすれば、そりゃそうですよね、と思ってみていて
    ふと気づきました。

    こう表示されていれば、読者は
    「どこのHMで建てても性能面は最高水準で横並びなのね。
     なら、それぞれの特色で選べばいいんだね。
     工務店とか建築士だと、こういうふうに明示されないから不安だよね。」
    というふうに入口でミスリードされるんですね。

    そういえば住宅展示場の広告なんかも、同様の全部横並び的な
    性能レベルの表示をしてます。


    つまり、売り手の意識として選定基準となることを避けたいのですね。
    某Smartの工務店なんかはこの動きからみると異端なわけで、嫌われる
    でしょうね。


    以下のようなこと、考えてみたり調べてみたりすると面白いと思います。
     なぜ国がこれ以上の基準値を規定しないのか
     国は誰の味方なのか
     等級Xは具体的に何が保証されているのか
     等級Xは自分が求める十分なレベルの性能なのか
     他の住宅先進国ではどういう状況か


    ちなみに、雑誌のコピーの「20年たっても」の部分、なぜ20年なんでしょうね。
    HMの意図を感じます・・・。

    復興住宅の気密性が高い?

    先日ニュースで、

    「復興住宅にカビが生えた」

    というものがやってました。
    復興住宅ということを考えると、普通の家でおきるよりひどい話です。
    実際に住まわれている方々には言葉もありません。


    カビの原因は普通に考えれば結露。
    結露の原因は普通に考えれば断熱の問題。
    ひねって考えれば換気の問題。

    そういった意味で、施工した大○ハウスが
    「気密性が高いため、換気が適切にできていないと空気がよどんで
     カビが生える可能性がある」
    と言ったのはあながち的外れでもない・・・のですが。

    この「気密性が高い」はどういった基準での発言でしょうね。

    ちなみに宮城県のページに復興住宅の整備計画が記載されているのですが、
    その中にこんな文言が。
    「基本性能の確保と環境負荷の低減
     高気密高断熱による省エネルギーか、住宅性能表示制度の適用、
     維持管理のしやすさや耐久性を高める工夫 」

    普通に文字通り読めば、ちゃんと考えて作ってくれそうな感じですが、
    役人なら、次世代省エネ基準に合致したあたりで思考停止でしょう。
    高気密高断熱というなら発注先間違っている気がします。

    それとも、次世代省エネ基準にはC値基準がないから、C値5くらいでも高気密
    とかいう詭弁でしょうか。
    でもそれだと一般的な三種換気は機能しないのですが。


    話は変わりますが、復興住宅のカビ、床板の裏に結露なんて話もありましたね。
    この現象は換気とは全く関係ありませんので、施工会社の発言は妥当でない
    ことになります。

    仮に断熱欠損があってこんなことになっていたとしても、基準には合致するんですよね。
    次世代省エネ基準てレベル的にもアレですが、あくまで机上計算ですから。

    国の基準というものを盲目的に信じ、思考停止するとろくなことはないと思います。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR