FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    2016年の1月は暖かかったのか寒かったのか

    ここのところ寒い日が続いていました。

    それなりの断熱性能を持つ我が家も氷点下が何日も続くと徐々に冷え込んできます。
    最近、18度台の室温を目にしました。

    年末年始頃は暖冬とかいっていたような気がしますが結局1月はどうだったのか気になり調べてみました。

    結果、唐突に3枚のグラフを貼り付けてみました。

    データは気象庁のページから。

    daily_a2_2014.png

    最初は体感的に寒さが厳しかった一昨年のもの。
    最高気温は10度を下回る日が多く、最低気温は0度を上回る日が数えるほどしかありません。
    グラフからも寒さが厳しかったことが読み取れます。

    daily_a2_2015.png

    次は暖かかった記憶のある昨年のもの。
    最高気温は10度を下回る日が少なくなっています。
    最低気温は0度を挟んで半々くらい。
    全体的に前年に対してグラフが上にずれたような印象です。

    daily_a2_2016.png

    最後は今年のもの。
    前半は昨年よりも暖かい感じで推移してますが、中旬あたりからは一昨年と互角の展開です。
    前半ぬるかった分、寒さが厳しく感じられるような気さえします。

    こうしてみると、関東は温暖地扱いといっても結構寒いのですね。
    旧家で朝布団から出られなかったのも納得です。

    そして、今時の家(次世代省エネ程度の断熱性能)ではこの寒さに対しておそらく経済性からは局所暖房にせざるを得なくなる、と想定されます。(我が家の状況からの類推です)

    そうなると家がどれ程広くとも使える面積は限られますし、結露やカビやダニから逃れることもできません。ヒートショックも避けられません。


    もっと断熱気密を重視する人が増えて、住んでから後悔することが減ると良いのですが。
    スポンサーサイト



    窓の結露の原因は・・・

    1/20に浴室および洗面室の窓が結露した件ですが、その後原因と思しきもの
    が見つかりました。

    端的に言えば
     「そういえば換気扇の掃除してなかった・・・。」
    です。

    換気扇掃除については、ビルダー提供のメンテナンスマニュアルに
     吸気側は2ヶ月に1回
     排気側は4ヶ月に1回
    と目安が記載されています。

    が、洗面室にある排気用換気扇については、洗濯物を扱ったりする関係からか
    埃のたまりっぷりが半端ないので、我が家では吸気側の掃除のタイミングに
    併せて排気側も2ヶ月に1回掃除する、としていました。

    ところが、昨年12月に吸気側を掃除した際、年末でドタバタしていたことも
    あり、排気側を後回しにしていて、そのまま忘れていたのです。

    写真は撮りませんでしたが、恐る恐る蓋を開けてみると、案の定・・・

    埃が邪魔をして排気の効率が落ち、水気が十分に排出されなかったのだろうと
    思われます。

    掃除後はここのところの低温にもかかわらず、窓の結露は改善しています。


    換気扇て大事ですね。

    1月電気代

    1月の電気代通知が来ていました。

    今月は521kw使用で約15000円。

    使用量は前年同月から比べて5%UP(30Kwほど増加)
    料金は前年同月から比べて5%弱DOWN(700円ほど減少)

    使用量増加の原因は判然としません。
    が、最近家族がまったく節電を意識しているように見えないことから、
    細かな積み重ねによるものかもしれません。

    料金的には原油安の影響があからさまに出ていますが、気になるのは
    再生エネ賦課金が800円を超えてきたこと。
    燃料調整費の減少分を相殺する勢いです。


    話が少しそれてしまいますが

    もし仮に原油価格が再度高値に振れたとき、家庭の電気料金はどうなって
    しまうのかが大きな懸念です。

    再生エネ賦課金の理屈はその公益性にあるはずですが、太陽光等は投資
    が動機で普及している感じです。
    税金を使って公共工事でパネル設置するケースと構図的には大差ないの
    ですが、経済的にパネル設置ができないような家庭にとっては税金よりも
    逆進性の大きいものになってきている感じで、制度的に失敗している感が
    あります。

    20年後くらいに、誰も得をしていない結果になっているかもしれません。

    排水管洗浄広告(おそらく悪徳業者)

    久々に家に関係のありそうなチラシが舞い込みました。

    排水管の洗浄をなにやら格安でやってくれるとのこと。
    細かい文字がいろいろいろいろ書いてあります。
    要約すると
    1.マンション等は1~2年に1度洗浄するが、戸建は管理が施主任せであるため、適切に実施されておらず、年月が経ってからトラブルになるケースが多いです
    2.戸建の洗浄作業はマンション等と比べると作業効率が悪く、割高になるうえ敬遠する業者も多いです
    3.そんな状況の戸建住宅について、今回は特別に通常の市場価格15000円程度のところを8000円くらいでやってしまいます

    文面だけ見ると、ついつい頼んでしまいそうになりますが、私は以下の部分にひっかかり、これは悪徳と推定しました。
    1.マンションの排水管洗浄は、他の部屋に迷惑をかけない保険として行われているものと私は認識していた。戸建はトラブル後に対応しても自分の問題なので、こういった予防的措置は費用対効果で検討されるべきもの。だが、8000円で毎年実施すると、数年で交換工事の費用を超えてしまう。

    2.そもそもメンテにうるさい我が家のビルダーが排水管洗浄に関しては一言も触れていない。

    3.チラシに記載されている申込期限がおかしい。
     12/24~1/16とあるが、配布されたのは1/15。
     チラシなどは使いまわさずに配布先に合わせて文言を調整するのは容易なこと。

    特に悪質なのが3で、それをやっていないのは、おそらく最初から期限ギリギリにわざと配布して、相手の思考にかける時間を奪うという、一般的によくある悪徳商法と推定。

    そもそもがこういった「XXの作業を実施します」というものは、その結果に対して責任を負っていないことが多々あります。結果、ひどい場合はまともに作業をしないケースもあるでしょう。

    こういったものに引っかからないために、本来の家守であるべきビルダーとはよい関係を続けておくべきで、つまり建てる際の相手選びがますます重要なんだと改めて思いました。

    今シーズン2回目の給油

    ブログに書くのが遅れてだいぶタイムラグが出てしまいましたが、16日にシーズン2回目の給油を行いました。
    約1ヶ月の期間での灯油使用量は170リットル、単価70円で11900円でした。

    年末年始が比較的温暖だったこともあり、使用量は例年と比べて少なくなっています。金額的にもここのところの原油安を反映してて、例年の半額近い感じです。

    毎年このくらいだとたいへん助かりますね。

    窓が結露しました

    タイトルどおりです・・・。

    昨日の朝、浴室及び洗面所の窓で発見しました。
    160120_073320.jpg

    いままでもうっすらと窓の下部に結露したことはあるにはありますが、今回は結構まともに水滴になっています。

    このときの外気温は朝8時近くにも関わらず-4度くらい。
    室温は(時計の日付が狂っていますが20日です)珍しく20度を下回りました。
    160120_074617.jpg

    結露が見られたのは上記の場所だけで、同じ方角の窓でも階段やトイレや1Fのものは全然何もなかったので、低温と湿度の関係によるものなのでしょうね。(上記温度計は居室なので、浴室はおそらく60%以上)

    結露は一度起きると、気化→冷却→再結露のループに陥るケースがあるので、さっさと拭いておきました。

    ちなみに我が家の窓は木製で、ガラスが8mm、4mmのペア、空気層が16mmです。
    相当結露しにくい部類のものですが、このように条件次第ともいえます。
    どんな条件でもぜぇっっっっっっっっっっっっっっっっったい結露はイヤ、と言う人は真空断熱のトリプルとか選ぶしかないと思います。

    家の前の雪かきはすべき?

    本当は昨日書こうと思っていた記事です。
    飲み会のため、本日に延期していますので、内容的に若干タイムリーさが
    かける点にご容赦を。

    雪が降るたびに面倒なのが道路の雪かきですが、我が家の場合隣近所の道路に対する出足が異常に早いので、致し方なくあせって追随して行っているのが実情です。

    通勤がてらに道を歩いていると、家の前面道路に対する雪かきの考え方は千差万別のようです。
    ・まったくやらない家
    ・とりあえず人が通れる程度にやる家
    ・雪のかけら一つ残さないような徹底した家
    ・自分の都合に合う方角だけ(玄関から駅方向など)やる家

    私は義務というよりマナー的に自分の家の前くらい雪かきはしておくべき、と思うのですが、今回必ずしもやっていない家を”けしからん”といえない事態に陥りました。
    ■要因1 腰痛
    年始の腰痛からまだ完全に回復していないため、嫁から雪かき禁止令が出されました。
    結果、育児の合間に嫁が雪かきしていたのですが、当然ながら人手減の影響で仕上がりは微妙なものに・・・・

    ■要因2 道具破損
    ↓ポリカーボネート的なシャベルがボッキリと折れました。
    160121_160748.jpg

    要するに事情によりやりたくてもできない家もあるんだろうな、と思うようになりました。
    中には三方を道路に囲まれている家なんかもありますので、そういうところはさぞ
    たいへんだろうなぁ、とも。

    ただ、一般家庭はともかくとして、お店は別だと思います。
    自分の店の入り口の前すら何もしていない店なんて、果たして客を客と思っているのか疑問です。
    家の近所に1軒だけそういうところがありました。
    ↓危なくって困ります。
    160119_202648.jpg

    あえてどことは言いませんけどね。

    今週末に再度雪の予報が出ているので、雪かきスコップは買いなおしました。
    ↓アルミ製
    160121_160819.jpg

    屋根から雪が

    昨日は久々に雪が積もりました。我が家周辺では10cm前後だった
    ように思います。

    朝9時前後から雨になり、湿って重たい雪で道を歩くのに大変難儀
    したり、電車が動かなかったり、さんざんな一日だったわけですが、
    深夜にイベントが待っていました。

    3時ごろ、地鳴りのような音で目覚めました。
    家が若干揺れています。
    第一感は地震と思いましたが、そういう揺れではありません。

    音はすぐに収まりました。

    あわてて外を見てみると・・・屋根からの落雪のようでした。

    そういえば2年前の大雪の後も今回より大量の落雪があったはず。
    すっかり忘れていました。

    ちなみに我が家は雪止めはつけていません。
    予算の関係と、頻度を秤にかけて、不要としたのです。
    あと、屋根勾配が6寸なので、どちらかというと雪を落とす角度である、
    ということも考慮しました。
    当時の雪止めだと止まるかどうか微妙だったので・・・。

    ↓勾配の緩い隣家と比較すると一目瞭然。ほとんど雪が残ってません。
    160119_075140.jpg

    以前の記事でも書いたことですが、我が家の場合、落雪はほとんどバルコニーに落ちます。
    雪止めをつけなかったことより、軒を伸ばさなかったことのほうが後悔ポイント
    ではありますね。

    ・・・それにしても、遮音性の高い室内で目が覚めるほどの音がした、ということは
    結構近所迷惑だったかもしれません・・・。

    はたして思うとおりに行く・・・か?

    役人の考えることというのは一見名目が立ちそうでいて、その実は利権
    狙いだったりする(と私は思っている)わけですが・・・

    昨日yahooニュースで出ていた以下の記事

    -以下引用--------------------------
    国土交通省は10日、中古住宅を安心して売買できるよう、専門家が家屋の傷み具合を調べる住宅診断を促進する方針を決めた。
     売買の仲介契約時に、住宅診断を行うかどうかを売り主や買い主に確認するよう不動産仲介業者に義務付ける。今国会に宅地建物取引業法の改正案を提出、2018年の施行を目指す。
     質が担保された中古住宅が増えれば、選択の幅が広がり、若年層がマイホームを取得しやすくなるほか、リフォーム市場の活性化にもつながる。中古住宅の売買が住宅取引全体に占める割合は、日本では約1割だが、住宅診断が普及している欧米では7~9割を占める。
     そこで同省は、住宅診断の普及を進め、中古住宅の流通を促す。改正案は、仲介契約時の契約書などに住宅診断の有無を記載する項目を設けることを不動産業者に義務付けることが柱。診断する場合は、不動産業者があっせんする業者が実施する。診断結果は、契約前に不動産業者が買い主に行う重要事項説明に盛り込むこととした。
     また、最終的に売買契約を結ぶ際には、家屋の基礎や外壁などの状態を売り主と買い主の双方が確認し、確認事項を契約書に明記するようにする。購入後のトラブル回避が狙いだ。
    -引用終わり------------------------

    普通の人が見たら、腰の重い役所がなんかまともなことしようとしてる、
    と見えるのでしょうか。

    私は上記記事が大事な視点を漏らしていると思っています。
    1.「中古住宅の売買が住宅取引全体に占める割合は、日本では約1割だが、住宅診断が普及している欧米では7~9割を占める。」の部分
     これだけ見ると、あたかも日本と欧米の差は住宅診断の普及状態がメインである、
     と読めそうです。
     住宅の質が売買に耐えるかどうか、という点はどうなのでしょうか。

    2.「診断する場合は、不動産業者があっせんする業者が実施する。」の部分
     ものすごく突っ込みどころがありそうですが、何も触れてません。
     そもそも自社物件に対して不利な診断をするような業者をあっせんするでしょうか。
     もっと言うと、ハウスメーカーが不動産業を兼業しているようなケースもあるかと
     思いますが、まともに機能する仕組みでしょうか。
     さらには建築士など、飯のタネに困っている人は山ほどいると思いますが。

    3.「家屋の基礎や外壁などの状態を売り主と買い主の双方が確認し、確認事項を契約書に明記」の部分
     この文章から類推するに、”診断”のポイントは耐震性とか耐久性なのでしょうか。
     仮にそうだとして、それだけで「質が担保された中古住宅が増える」のでしょうか。
     そもそも「質」とはなんでしょうか。

    4.行間から
     こういった施策を行った場合、かなりの高確率で虚偽の診断をした、とか実際には
     診断をせずに売買を行った、とかいうケースが少なくとも数件出てくると予想します。
     そういった場合、これもまたかなりの高確率で業界団体であったり行政の外郭
     団体のようなものができて、チェックを担うようになるとおもうのですが、そういった
     時にだれがそういった団体の役員になるのでしょうか。


    最後に私の予想。
     仏作って魂入れず、の典型になると想像します。

    我が家の結露ポイント発見

    腰痛からやっと回復しつつあり、新年から書こうと思っていた記事に
    徐々に着手できそうです。

    年末年始は例年より暖かかった、とはいえやはり寒い時期であることには
    違いなく、我が家周辺の最低気温も0度を下回ることが多かったようです。

    そんな状況でももちろん家の中は快適で、20度を下回ることはないのです。

    ↓こんな感じで
    160102_181608.jpg
    ※日付がちょっと古いのは、記事を書こうとしていた時期とずれているためです。

    ところが、最近キッチンで足元に冷気を感じることがありました。
    腑に落ちないことです。
    新築してから3年目の冬ですが、今までこういったことの記憶はありません。

    冷気のもとをたどっていくと・・・

    ↓これだ
    160102_182003.jpg

    暗くて分かりにくいですが、キッチンの換気扇のための吸入口です。

    そういえば秋口ころ、換気扇を回す時にこれを開けるように、と家族に
    (今頃)指導した記憶があります。

    その結果、冬の寒い時期に開けっ放しになっていた、と。

    とりあえず吸入口は閉めたのですが、ここはいわゆるルーバー窓と同じで、
    きっちりしめても漏気してしまいます。手をかざすとわずかに冷気を感じます。
    また、構造的にも単なる穴ですので、断熱の観点から見ると欠損部分です。

    さらにさらに、ちょっとさわってみたところ水気が・・・

    結露しとるやん( ̄△ ̄;)

    確かキッチンの換気扇吸入口って法規で決まっているものでしたね。
    ちょっと調べてみると
    以下富士工業さんのHPから引用-------------------
    調理室に換気扇を設けた時の給気口の位置については、建築基準法施行令第20条の3第2項において「適当な位置」と定められています。「適当な位置」とは以下の点に留意した位置とされています。

    (1) ショートサーキットが生じない位置に設けること。
    (2) 寒気を感じることにより、使用者が塞いでしまう位置に設けないこと。
    (3) 駐車場等で有害ガスの発生する場所から給気しないこと。
    (4) 外気の侵入により、ガスの炎が立ち消えない位置に設けること。
    (5) ベランダ型、壁掛け型等の給湯器からの廃ガスが入らないように、給湯器の排気筒(煙突)に近接した位置に設けないこと。
    引用終わり----------------------------

    まったくもって余計な法規です。
    本当はつけたくない的なことを引き渡し時に聞いた気がします。

    最初は目張りしてやろうかと考えていたのですが、今は断熱施工してやろうか
    と考えています・・・。

    腰痛再発

    皆様あけましておめでとうございます。

    新年早々ろくでもない記事を書こうとしております。
    新年早々ろくでもない目にあったので致し方ないものとご容赦ください。

    今朝のことです。
    まだ完全にはオムツが取れていない息子が”大”をしたのでお風呂場へ
    連れて行き、お尻を洗ってました。
    しゃがんだ状態で18キロオーバーの息子がひざにうつぶせに乗っかってます。
    そこから少し遠目の位置にある子供用ボディソープを取ろうとしたとき・・・

    ぐきり

    といってしまいました。

    もともとヘルニア的な腰痛もちでしたが、ここ数年特に問題なく過ごしていました。
    今回は過去最痛(こんな言葉はありませんが)のシロモノで、身動きが取れなく
    なってしまいました。

    ほぼ一日役立たず状態で寝たり座ったりして過ごしていましたが、改めて我が家の
    バリアフリー性の不足に思い至りました。

    1.風呂
     我が家は高齢者も居るので手すりの取り付けを検討しましたが、予算の都合と
     営業さんの
     「あとでつけてもいいのでは?」
     の一言で見送ってしまいしました。

     ↓ECOHOUSEは違うものですが、こんなやつ(画像お借りしてます)
    600400.gif

     高齢になる前に必要に駆られるとは・・・

    2.トイレ
     我が家は高齢者も居るので手すりの取り付けを検討しましたが、以下同文

    3.階段
     蹴上げを標準より緩やかにしていますが、もっとゆるくてもよかったです。
     手すりにしがみつきながら何とか上ります。
     建築基準法の制限なんて、ありえないほど急ですね。50度以上ですから。
     究極的にはやっぱり平屋がベストか。
     もしくは駅の階段くらい。

    4.寝室
     ベッドのマットレスが体に合わない上に、幼児転落の危険性もあるので、
     ここ2年ほど布団にしてますが、寝るのも起きるのも地獄の激痛・・・。
     ここも壁に手すりが欲しいくらいです。

    5.(番外編)ゴミ箱
     なぜ我が家のゴミ箱はみな低い位置にあるのか・・・
     まぁ普通と言えば普通なのですが、ゴミを捨てるのがいちいち苦痛です。
     

    ということで日常生活がいきなり非日常になった感じですが、明日会社に
    いけるでしょうか・・・・





    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR