FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    そのやり方はダメなのです。

    親戚が車を買い替えるとのこと。

    それも20年以上トヨタ車に乗っていた人がメーカーを変えるそうです。

    その理由は、車自体がどうこうではなくて、今のディーラーとこれ以上
    付き合いたくない、というものだそうなのです。

    点検時期が来るたびにそこのサービスマンだか営業から電話が来る
    のだそうですが、その頻度が尋常ではなく、家の留守電を満タンに
    された挙句に携帯に22時ごろに電話がきたりするのだとか。

    ノルマがきついのかもしれませんが、自分の都合だけを考える勝手
    なやり方ですよね。

    ・・・と、これで終わればただの雑談なのですが、ふとこの話を聞いて
    いて思い出したことがありました。

    私が高高住宅で有名というか圧倒的シェアの某工務店をなぜ選択しな
    かったのか、という話です。

    過去にブログ記事でまとめてはいますが、当時はあまり事細かには
    理由を載せていませんでした。
    決め手となった理由は書いていますが、それはすでに私の中で
    「選ばない理由」
    を探しに入っていた段階でのことであって、心の針が選ばない方向に
    進んでしまったそもそもの話が別にありました。
    それをこれから書いてみようと思います。


    話を整理(というか記述を減らす)のため以下の定義を先にしておきます。
    私が最初に足を運んだ某工務店のモデルハウス →A地点
    私が二番目に足を運んだ某工務店のモデルハウス →B地点
    私が三番目に足を運んだ某工務店のモデルハウス →C地点

    それぞれで相手をしてくれた営業さんを上記に対応してa~cさんとします。


    最初に足を運んだのは某工務店の中ではスタンダードというか若干
    古めかしいデザインのA地点でした。そこで出てきた担当営業のaさん
    は推定まだ20代で、若くて押しが強い感じなのですが、正直商品知識
    などはどこまであるのか疑問な感じ(といっても私もまだ勉強中の段階
    だったので今会えば違うのかも)でした。

    そこで一通り上っ面の説明と各種パンフレットをごっそりいただいて家に
    帰ったのですが、それを見ているとやっぱり”某スマート”が良いよね、と
    いう結論になり、では実物を見に行こう、という流れになりました。

    そこで次に訪れたのが当時はまだ数少なかった某スマートを展示している
    B地点でした。
    そこで応対してくれた営業さんは推定50前後と思われるベテラン風のbさん。
    色々と細々とした説明をしてくれるのですが、私が既にA地点を訪れていた
    ことを話すと・・・

    居なくなってしまいました!

    ハウスメーカーの都合など特に知らない私は、担当営業の仕組みなど知り
    ませんので、その理由もわかりませんでしたし、あまりに失礼な態度に唖然
    としたものです。
    見に行ったモデルハウス自体はなかなか快適でよいものだったと記憶しています。

    そして、その日の夜21時頃、家の電話が突然鳴りました。
    出てみると電話の主はaさんでした。会話の内容は
    「B地区に行かれたようですが、そういったときは私に事前に連絡をください。
    同行しますので」
    言葉尻は違ったかもしれませんが、相手の言いたいことは概ねこんな感じ
    だったと記憶しています。
    このやり取りで印象に残ったのは、某工務店の不自由さでした。
    ・・・この営業使えねーとも思いましたけど。


    それからしばらくして、色々と勉強をし、かつ様々なモデルハウスを見ていった
    中で、それでもなお某スマートは商品としては一番欲しいものでした。
    B地点の快適さを再確認したい思いと、営業の質を見たい思いがあり、別の
    地点を訪れることにしました。
    それが三番目のC地点です。
    こちらでは既にA、B両地点を訪れていることを気取られないため、アンケート
    は偽名で書き、あたかも初めて某工務店のモデルハウスを訪れたかのような
    体で臨みました。

    そこで担当してくれたcさんは年齢はbさんと同様のベテランな感じなのですが、
    今ひとつエネルギーというかやる気が伝わってこない感じの人で、通り一遍の
    説明はしてくれるのですが、実はモデルハウス来訪3回目のこちらからすると
    どこかで聞いた話ばかり、という状況でした。

    そこでマニュアル的でない反応を見るために質問をしてみました。
    「某工務店で注文住宅を作るとした際に、間取りとか製品選びとかでできない
     ことってどんなものがありますか。」
    いわゆる某ルールを暗に示したものです。だいたい自社商品についてネガティブ
    な質問を受けた営業の行動は3パターンです。
    1.全否定
    2.肯定しつつ観点を変えた形でポジティブな方向へ誘導
    3.はぐらかす

    1は論外というか客を無知だと思って馬鹿にしているのでアレですが、
    2か3かで営業の手腕が見えてきます。
    特に上手い人は2であることが素人にはわからない、かつ素人が
    考え付かなかったような新たな発見を与えてくれたりします。

    ではcさんはどうだったかというと・・・
    これを聞いたcさんは苦笑したように私には見えました。
    帰ってきたセリフは
    「何ができないかって何をやりたいかがわからないと答えられない
     ですよ。順序が逆です。」

    一般論としてなんとなくあっているようで、某ルールが存在するという事実を隠している・・・つまりです。

    結局私がお会いしたこの会社の営業の方々、客ではなく自分とか
    会社の都合をかなり優先して見ている、ということです。

    C地点に行った後も、ことある毎に私の正式な担当(と某工務店の
    ルール上はなっている)aさんから電話がきたり手紙がきたり・・・

    でもこの辺で心は離れていたんだなぁ、と今更になって思うわけです。

    彼らのうち(というかその他に会った人も含め5人の営業のうち)誰か一人
    でも、この人に仕事を任せたいと思える人が居たら、また違った家造りが
    あったのかもしれません。

    営業は必ずしも家造りの主力ではないので、私は営業との相性でビルダー
    を選んだわけではないのですが、これくらいひどいとそうも言ってられない
    というか会社の姿勢が透けて見えるというか・・・

    今では選ばなくて良かったと思っています。
    スポンサーサイト

    何の数字かわかります?

    11/24~12/28 206 5.8857
    12/28~1/20 163 6.7917

    上が何の数字かわかりますでしょうか。
    わかった人は相当なこのブログのマニアです。
    そんな人は推定で世界に一人いないくらいなはずです。

    答え
    期間別の我が家の灯油消費量(満タン法)と日別の平均消費量です。


    それでは次はこれです。

    12.87 / 2.59

    9.96 / -1.04

    答え
    前の答えの期間の居住地域の最高/最低気温の平均値です。


    ちなにみ我が家では今シーズン初めからパネルヒーターの運用方法
    を変更していたのはこちらの記事の通り。

    これにより劇的に、とは言わないまでも灯油消費量が例年より減少
    し、浮いたお金であれやこれや皮算用し、勝手な妄想を膨らませて
    いたのですが・・・

    結論がでました。


    パネルヒーターは間欠運転では燃費が改善しません。
    というか悪化します。


    12/28の給油結果をもって間欠運転をやめたので、上記の数字は

    11/24~12/28 間欠運転期間 だいたい6リッター/日
    12/28~1/20 連続運転期間 だいたい7リッター/日

    ということです。

    数字的にはおおよそ12月のほうが消費量が少ないですが、これは例年の
    データからすると当たり前というかなんというか。

    気温を見ていただければ分るとおり、12月と1月では2度以上の差があり、
    毎年1月は灯油消費がピークを迎えます。
    そういう意味で今回出ている1月のデータは例年通りです。
    これに対し、12月データは例年からすると考えられない悪さというか、だいたい
    クリスマス頃までの消費量ってもう40リッターくらい少ないはずなのです。

    結局冷えた不凍液やら躯体を熱するのに余計なエネルギーを要していた、
    ということのようです。

    連続運転が省エネ、というところはエアコンなどと同じ、と今更ながら自腹で
    証明する羽目になりましたとさ。

    最強寒波・・・

    先週末は数年に一度の寒気がどうこう、関東は平野部でも積雪がどうこう
    などと言われていましたが、どちらもどうと言うことはなかったですね。

    例年今頃は一番寒い時期ではあるのですが、それと比較しても言うほど
    低い温度だったわけではないです。

    ↓こうしてグラフにしてみても
    daily_a2_201701.png
    daily_a2_201601.png

    平均気温とか最高気温は確かに14、15日だけ見ると例年の最低レベル
    ではあるわけですが、最低気温の推移はさほど変わってません。

    このくらいの外気温の推移だと、我が家はまだまだ22度を保っていられ
    ます。

    そして、裸族生活も継続中・・・。

    新年明けまして体調不良→裸族

    新年明けましておめでとうございます。

    年齢によるものか、毎年この時期は体調がよろしくありません。

    昨年は1月3日に腰痛からのじんましんというコンボを炸裂させて
    嫁に冷ややかに見られながら寝込んでおりましたが、

    今年も昨年末からの腰痛→じんましんを繰り返し、じんましんは発症後
    1週間経過しても治らずそのまま年越しとなりました。

    このじんましんというやつ、ひどいときは服を着ていても体の各所が
    すれて腫れ上がります。何も影響がないのは足の裏だけ、という状態。
    抗ヒスタミン剤を飲もうが軟膏を塗ろうが治まらないとき、いっそのこと
    裸族になって暮らしたい・・・と思ってしまったり。

    そう、裸族と言う手段がありました。

    普通の家では「この真冬にそんなんしたら風邪引きまっせ」となるところ、
    常時22度以上ある我が家ならそれは可能なのです。

    ということで、ここ数日は全裸(+やわらかいタオル等)で過ごしております。

    早く治れ
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR