FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    日当たり を考える

    最近ふと思ったことです。

    皆さん、日に当たる場所って好きですか?

    もう少し正確に言うと、日に当たる場所に自分が居る状態って好きですか?

    これに対してNO!という人が結構いるのではないかと思ったのです。

    例えば今ぐらいの季節・・・

    公園でポップアップテントを使っている人、結構います。それも木陰のほうで。
    空いている電車では、日が差していないほうの座席から埋まっていきます。
    駅のホームで、わざわざ屋根の影になる場所に下がって電車を待つ人がいます。
    オフィスの窓際で日が差すようだとブラインドを下ろす人がいます。

    先日旅行で泊まったホテルは、ダイニングにサンルームが併設されていて
    そちらにも座席があったのですが、そこが埋まったのは最後でした。

    うちの息子は公園やその辺を歩く時、「日の当たらないところ」とつぶやきながら
    日陰を歩きます。

    日傘、サングラス、サンバイザー、帽子・・日を避けるためのグッズは多々あります。

    日なたに布団や洗濯物は干しても、人は干しません。(干したら拷問)

    日に当たると畳は焼けますし、パインも色が変わります。
    そしてそれは必ずしも好まれません。

    昼間に日なたでも気にせず活動しているのは、子供と若者だけです。
    (偏見?)


    こうしてみると、日に当たりたくない人は多数派のように思えます。

    ではなぜ、土地の売買や家の建築の際に「日当たり」が良いことを重視する人が
    多いのか(かく言う私もそうでしたが)、一体何を求めているのか。

    イメージに操られてませんか?

    実は、日陰から日なたの景色を見ている状態が欲しいのであって、自分に
    直接日が降り注ぐ状態が欲しいわけではないのでは?


    日が当たらないとカビるイメージもあるかと思いますが、実際問題として家の中
    は普通は日に当たらない場所がほとんどです。
    そしてカビが生えるかどうかは日当たりではなく湿度の問題、≒換気の問題
    です。

    冬の日射取得はできたほうが省エネ観点では良いのはもちろんなのですが、
    それだってオーバーヒートしたり安定しなかったりで、快適性の面では結構
    微妙。私は日が差さない状態で暖房しているほうが好きだったりします。

    こんなこと家建てるまでは考えもしなかったですが、もし次に建てることがあれば
    土地選びや窓の配置、間取りの際の方位の考え方など全然違ったものになる
    気がします。
    スポンサーサイト

    エアコンを試運転する

    毎年GWに前後して、初夏というか夏日になる日があります。
    そうすると我が家でも室温が26度を超えてくる場合があり、
    そうすると私の手は自動的にエアコンのリモコンに伸び、
    なし崩し的にエアコン生活が始まる、のが毎年の行事です。

    ただ、我が家は暖房にエアコンを使用していないので、約半年
    ぶりの運転となり、いきなりの故障発覚!という事態に直面
    すること3度(つまり毎年)でしたので、今年は事前に試運転を
    行いました。

    とはいえ試運転段階では部屋の温度は23度くらいなもんで、
    普通に運転してもよくわからないです。

    よって、18度設定かつ風量最大運転でしばらく放置。

    1Fリビングはキンキンに冷えた風が出てます。合格です。
    2F寝室は1Fより心なしかぬるい風のような気がしなくもない
    ですが、一応冷えた風が出てます。経過観察です。
    2Fの母の部屋のエアコンは・・・リモコンが見当たらない・・・。
    いいやこまるのわたしじゃないし・・・
    試験見送りとします。

    ということで、ひとまず夏を迎えることはできそうです。
    今年は壊れませんように・・。

    今年のゴーヤは・・

    毎年この時期はグリーンカーテン開始の時期です。

    そして今年については、結論から申し上げると

    グリーンカーテンなし

    と決まりました。

    理由
    ・なかなか生育状況がコントロールできないから
    ・おもったほどの遮蔽効果がみられないから
    ・夏真っ最中に枯れ始めたりして役立たずだから
    ・シーズンオフに網に絡まったのをとるのが大変だから
    ・副産物(ゴーヤ)が思ったほど取れないから
    ・副産物(ゴーヤ)が手の届かない場所にできたりして、そのうち熟れて破裂して壁を汚すから

    ・・・・こうして考えてみると、メリットなさすぎですね。
    なんというかエコとかオーガニックとかの電波にやられていたのかもしれません。

    ということで、今年はコレ↓
    170514_171408.jpg

    日本古来よりの伝統文化を継承すべく!!(大げさ)

    よしずとあいなりました。

    購入したのは240×180というサイズなのですが、若干縦が短く、
    ブロックその他でかさ上げしてます。

    というかコレより長いのなんて車に入りません。

    不安定なので台風来たらたたむ、という運用しかないですね。

    28度は暑いですよ

    なにやらクールビズの推奨設定温度に関する発言が話題と
    なっているようですが、日本は温度に対する所感を述べる
    こともできない不自由な国になったんですかねぇ・・・。

    それはそれとしてですが、この28度という温度設定だけを
    もって暑い寒いを論じるのはナンセンスである、ということは
    このブログを読まれている方には自明のことですよね。

    根拠があるとかないとか言ってますが、その根拠自体が正しい
    かどうかについて振り返らないあたりが役人らしいところです。

    オフィスの温度設定では色々とダメな思い出があります。
    あるときの勤務先のビルは
    「外気温が30度を超えないと冷房しない」
    というアホみたいなルールがあり、初夏を過ぎたあたりから
    大量のPC等の廃熱により外気より高温となる傾向に拍車が
    かかり、33度~35度くらいの室温(ちなみに湿度70%)で
    勤務が続き、誰かが熱中症などで搬送されて初めて勤務環境
    が問題視されて冷房運転が始まる、という茶番が数年繰り返
    されました。
    (しかもこのルール、目的はエコロジーを隠れ蓑にした経費削減
    にあったとかなかったとか・・・)


    また別の小規模オフィスでは、空調設定を誰でも自由に変えら
    れるようになっていて、必ず22度設定にするデブが一匹いた
    せいで、6月だというのに極寒の環境に耐えなければなりません
    でした。
    (こちらが温度を上げるとデブといたちごっこになる・・・)

    そもそもオフィスの天井噴出しのエアコンは冷気が直接体に
    あたるので健康にも良くありませんし、もともと温度感覚の違う
    女性などは28度設定でも寒がっているケースもあります。
    外回りから帰ってくる人は28度(推定湿度60%)だと30分くらい
    は使い物になりませんし。

    この問題はかなり根深いものがあり、温度が何℃か、なんて表面
    的な議論をしていても解決するものではないです。

    そもそもは体感温度の仕組みを個人がリテラシーとして理解すること
    オフィスや家の断熱改修をすすめること
    オフィスの空調の噴出し方向のコントロールをもっと適切にすること
    在宅勤務を法的に後押しすること
    FaceToFaceでないとコミュニケーションできないというスキルの低さを
    許容しないこと

    色々やること、考えることあると思います。

    固定資産税ががががが

    毎年5月は気候がさわやかで過ごしやすく、気分が上がってくる季節

    のはずなのですが、

    家を建ててからというもの、憂鬱なお手紙を受け取る季節にもなってます。

    特に今年は家を建てて4年目。

    これが何を意味するかって・・・

    固定資産税軽減期間の終了

    なのですよ。

    我が家の場合は例年だと

    土地がだいたい14万くらい ←こちらは軽減もへったくれもない
    家屋がだいたい10万くらい ←こちらは軽減対象

    だったのですが、今年は
    家屋がだいたい15万超・・・・

    4年くらいではほとんど償却されてないのですね。

    ちなみに旧家の場合は20年償却を過ぎた状態で税額が固定され、
    だいたい年3万くらいしか払ってなかった気がします。

    まぁ今が一番きっつい時期と割り切ってがんばるしかないです。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR