FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    ビルダー選び ECO HOUSE編

    ECO HOUSE(ナカジマホーム)

    鵜野日出男さんのホームページ(http://homepage3.nifty.com/net-forum/)に
    「パッシブハウス、Q1、R-2000の性能基準に準じているかエコロジー、
     又は地場の信頼性が特出しているビルダーのみ」
    としてリンクされている会社の一つです。

    高断熱高気密について、ネットで色々調べていくうちに鵜野日出男さんのページに
    行き当たり、その歯に衣着せぬ書きっぷりにファンになりました。
    最初はブログやフォーラムを延々と読み漁っていたのですが、あるときページの下
    のほうにビルダーがリンクされていることに気づき、そのうち私の地域を施工エリア
    としている会社として、この会社が気になりだしました。

    私はエコロジーには関心の薄い人間です。住まいに高断熱高気密を求めるのは、
    エコのためでなく、あくまで住み心地のためです。
    そんな私にとってこの会社のコンセプトは、空き缶をポイ捨てしている人間に
    とっての環境保護団体グリーンピースのようなもの。(失礼)
    正直、なんだかなぁ、と思ったのですが、ホームページや取り寄せた資料を
    読んでいくと、さすがに鵜野日出男さんがリンクしているだけあり、断熱気密
    についての考え方は骨がありそうです。
    木製サッシに木製断熱材の内外ダブル断熱、U値は窓1.3、壁0.33と結構いけてます。

    とりあえず一度見てみようと思い、モデルハウスに行って見ました。

    モデルハウスでは、アシスタント?の女性が案内してくれたのですが、感心したのは
    どこぞのメーカーと違い、よく勉強していること。
    他のハウスメーカーなどでは、営業担当がなかなか答えてくれないような私の繰り
    出すマニアックな質問も、即答でサラサラと答えてくれます。

    そして、5月の初夏の日差しの中でしたが、中に入った時の他と違うカラッとして清涼
    な感じの空気感が今でも印象に残っています。
    正直、その瞬間に自分の中では”ここだ!”という感じでしたが、なにぶん大きな買い
    物です。
    本格的な夏にどうなるのかそこを見極めてから決めよう、と考え、空いた時間で別の
    色々な角度から検証してみることにしました。

    ネット上の評判
    →ほとんどありません。
     若干ネガティブな情報(木製窓がボロボロとか、ヒバの風呂がカビるとか)
     もありましたが、それぞれの信憑性など考えていくと問題ないものと判断しました。
     (けなされている木製窓は時期的に見ると、スウェーデンハウスと同じものを採用
      していた頃のことのよう。風呂については個人の使い方もあるでしょう。
      アフター対応どうこうについては、具体的な話が乏しく、信憑性が低いです。)

    財務状況
    →帝国データバンクを見てみました。毎年そこそこ利益を出してます。
     自己資本比率など見ても、問題がある、というよりむしろ健全な部類です。
     その後、私は埼玉県庁へ行き、建築確認申請に関連する決算書類なども全部確認
     しましたが、問題ありませんでした。

    透湿性の考え方
    →断熱気密関係の本を色々と買いあさり調べてみましたが、使っている素材が独特
     なので、なかなか該当する情報がありません。
     結局、各素材の透湿抵抗値を並べてみると、一部気になる物はありますが、どうやら
     問題なさそうです。

    逆ベタ基礎
    →コンクリート2度うちを行わなくて済むため、ローコストメーカーがコスト削減で使って
     いる、という情報がありました。ただ、そこで議論されていたのは、逆ベタの強度云々
     というよりは床下がないため、床下配管が埋め込みになりメンテできなくなるとか、
     基礎断熱で基礎コンクリートを蓄熱に使うと、シロアリが寄ってくる、とかでした。
     ECO HOUSEは配管が全部壁出し、かつ基礎断熱でないため、該当しません。
     ただ、2点ほど不利な点があるにはあります。
     ・1Fに浴室を持ってきた場合、床下がないので浴槽や排水管など埋め込みが
      できず、脱衣所と浴室床に段差が出る。
     ・長期優良住宅に対応しようとすると、床下(人通口)が必要となるため、スキップ
      フロアにしなければならなくなる。
     私としては耐震性を重視したく、上記は問題ないものと考えました。

    構造・使用部材
    →とにかく丈夫で長持ち、取替えが利いて産廃にならない、ということにこだわった物
     でできています。 屋根瓦、窓、内外装、柱や梁、床材、配管、雨どいなどここまで
     こだわったところはあまり見たことがありません。

    価格
    →木の家55プロジェクト、ということをやっていて、坪55万(40坪前後で)が目安
     になっているようです。地場のビルダーで坪55とはなかなかいいお値段です。例え
     ば富士住建などと比較すると坪10万以上違います。ただ、使っているもの自体が
     相当良いもので、家自体に金をしっかりかける、という考えのようです。

    6月になって、完成現場見学会が何件かあったので、待ってましたとばかりに
    向かいました。
    6月の見学会の日の外気温は33度。家に入ると26度、蔵の中のようにひんやりして
    います。3Fにエアコンが1台だけついていて、運転も微風、かつ見学者が10人前後
    うろうろしている状態でも、汗がスーッと引いていきます。

    高断熱高気密住宅はQ値を稼ぐため、窓を小さめに設計しているのを良く見ますが、
    ここは南面の2F3Fが吹き抜けで、大きな窓をつけています。それでも窓のU値が
    壁なみなので、室内温度が上がらないようです。

    7月後半は36度でしたが、レーザーで測ってみると内部は壁も天井も床も26度。湿気も
    あまり感じません。こちらも日射はガンガンに入っているのですが、エアコンは3Fの
    1台だけ。(この日はやや強めの運転でしたが。)

    この時点で、私の中では第一候補となりました。
    早速ファーストプランをその場で依頼し、契約に向けた打ち合わせを重ねていくことになったのです
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    経緯

    財務状況まで調べられる行動力は凄い。
    高気密高断熱を調べていくうちに鵜野さんのファンになり、鵜野さんのサイトにリンクしてある工務店へ行く経緯、私と同じですね。

    No title

    この会社は完成保証を付けてません。
    まぁ付けたからと言って誰が引き継いでくれるのか、というところでもありますけど。

    そういった意味で、最大のリスクは建築中の倒産と考えていました。

    まったく杞憂でしたが・・・

    県庁行くと、調査専門にやってるような業者ばかり来ていて面白いです。
    素人は多分私だけでした。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR