FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    保険金で焼け太り

    家とは全く関係ない話です。
    興味のない方は読み飛ばしを。



    これはある人に聞いた話です。

    出産というのは病気ではないので、健康保険が効きません。

    妊娠中の検診や検査は自治体の補助もある程度出ますが、自費(100%負担)
    になるものもそこそこあります。

    また、出産時の入院費用というのも自費(100%負担)です。

    この際、健康保険から一時金が42万円出ますが、一般的には50万くらい
    かかってしまって、多少足が出る、という人が多いようです。


    ところが・・・
    分娩が何らかの異常により帝王切開となるとワケが違ってきます。

    帝王切開は手術なので医療行為です。
    従って健康保険の適用となり、手術代や入院費については3割負担になります。

    分娩に関わる費用は自費となる部分もありますが、一時金の42万はここでも
    そのまま出ますのでそれで充分まかなえます。

    また、日付次第では高額医療費の対象となるケースがあり、せいぜい8万+α
    の負担で済んでしまうことがあるようです。

    そうなると、一時金の42万が余る、というケースも・・・

    出産一時金は固定払いなので、余った場合は健保組合に請求できます。

    私が聞いた相手は5万以上余ったそうです。


    -----------------------------------
    と、ここまでは最近出産に関わった人間であれば、よく聞く話。

    最近は少額医療保険なるものがあり、その中には妊娠中でも加入可能で、かつ
    帝王切開による手術、入院が支払いの対象となるものがある、・・・そうです。

    私の聞いた相手は、奥さんが帝王切開になりそうな予感がしたのでこれに加入
    していて、20万以上の保険金支払いを受けられたそうです。


    こうなると、通常分娩から帝王切開に切り替わっただけで本来十万以上支払う
    ところ数十万の収入があったことになります。

    まさに焼け太り、というところですね。

    そして、制度のおかしさというか不平等さも浮き彫りになってきますね。

























    ちなみに、教えてくれたのは H という人です。


    そのお金は全額奥さんに巻き上げられたようです・・・。


    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR