FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    入居一年半での家の評価-パネルヒーター編

    シリーズ二本目は温水パネルヒーターです。

    なんとなく季節柄、という題材選びです、はい。

    我が家のパネルヒーター、機器一式と施工費など全部込みでだいたい
    150万弱かかっています。
    値段だけ見ると、ハイエンドのエアコンが何台も買えてかつおつりが
    来てしまうくらいのものです。

    ランニングコストを見ても、決して安いとは言えず、1ヶ月で150リットル
    以上、時に200リットル近くの灯油を消費します。
    最近の灯油高もあって、ピーク時で月2万かかります。

    それでも、もしもう一度家を建てる機会があったとしても、暖房器具として
    はこれを選びたい、と考えてしまいます。

    理由は、「暖房してる感がなくて、家の中がいつも春」のようになるからです。

    おそらく一番省エネな暖房機器はエアコンです。
    COPなど比較したら、他の機器ではまずかないません。

    ただ、エアコンの風および音というのは、快適性という意味では決して上位に
    来るものだとは思いません。
    特に気密性を高めた住宅では、室内の音はより響く、というか目立ちますので、
    こういった機械音はできるだけ避けたいところです。

    また、温風による暖房はどうしても温度ムラを生じます。
    この辺全館空調であればまた違うとは思いますが、それでもエアコンはどこまで
    いっても風の力によるものです。

    パネルヒーターはかなり近くまで寄らないと暖房している感覚がありません。
    音も風もありません。
    輻射暖房なので、壁だの床だのが暖まるので、室温よりも体感温度は上に感じ
    ます。
    部屋の上のほうだけ暖かいとか頭がぼうっとするとかもありません。

    結果、今現在の格好は、夏物のペナペナなパジャマ、かつ裸足。
    昨年もスリッパなし、靴下なし、で過ごしてました。

    夜寝ていて布団を蹴っ飛ばしていても風邪を引きません。
    (特に子どもが、ですね。)

    ネックはコストだけですね。
    早くシェールガスがもっと普及して、原油価格が暴落しないかとジリジリしてます。
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR