FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    土間収納は結露するのか?

    某有名ブログを見ていて、断熱気密がウリの某工務店の某smartの土間収納
    が結露するという記事に目が止まりました。

    はて・・・確かに土間収納(我が家ではシューズクロークが該当)は盲点です。
    そんなことがあり得るとも思わず、確認したこともありません。
    我が家とは工法も仕様も何も違うので一見関係ないのですが、ついついあわ
    てて確認してしまいました。

    結果・・・我が家の土間収納には結露もその形跡もアリマセンでした。

    ここでめでたしめでたしでもよいのですが、せっかくなので、そもそも土間部分に
    結露が起きるのは何故か考えて見ます。

    ■まずは前提(空気中の水蒸気量)の確認

    我が家でありそうな温湿度の組み合わせでは
     22度のとき
      湿度40%で水蒸気量7.8g
      湿度50%で水蒸気量9.75g
      湿度60%で水蒸気量11.7g

     21度のとき
      湿度40%で水蒸気量7.34g
      湿度50%で水蒸気量9.175g
      湿度60%で水蒸気量11.01g

     20度のとき
      湿度40%で水蒸気量6.924g
      湿度50%で水蒸気量8.655g
      湿度60%で水蒸気量10.386g

    ■これに対して壁面などであり得そうな表面温度の飽和水蒸気量
    15度のとき12.85g
    14度のとき12.08g
    13度のとき11.36g ←22度 湿度60%なら結露ゾーン
    12度のとき10.68g ←21度 湿度60%なら結露ゾーン

    冬季に60%以上の湿度まで加湿することは我が家では至難なので、
    壁床天井の表面温度が13度前後まで下がらなければ結露しない計算
    になります。(浴室など除く)

    で、施工図も確認してみました。

    ↓矩計図(土台部分)
    2015012021500000.jpg

    ちゃんと土台を覆う形で断熱材(ラスモルタルの右、透湿防水シートとの間)が施工されてます。


    これに対して、某ブログの某工務店の画像を見る限りだと、土間部分が土台よりも
    下がっているのですね。それで断熱欠損になっているようです。断熱材のない基礎
    コンクリートむき出し部分が土間床部分にあって、表面温度が下がって・・・というこ
    とですね。

    我が家の場合、玄関および土間収納部分はGL±0の高さなので、土間収納の内側
    でも断熱ラインの内側になります。
    (上の図で言うと、基礎パッキンと同じ高さで土間収納がある)
    なので、土間収納であってもそこまで表面温度は下がっていないようです。
    (計測はしてませんけど)

    それと、これは推測ですが、もしかしたら換気方式の影響もあるかもしれません。
    某smartは全熱交換なので、ダーティーゾーンは個別換気。土間収納が換気計画上
    どうなっているか知りませんが、たぶんダーティーゾーン扱いでしょう。
    24時間連続排気していれば、ちょっとした結露も解消されそうですが、間欠なのか。


    つらつら書きましたが、断熱ラインとしては確かに盲点になりそうな部分ですね。
    一瞬ドキリとしました。
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    気になったので確認しました。

    我が家の土間収納も某smartほどではないですが(笑)、一部で軽微の結露が見られました。
    外気に接する土間部分も断熱材を入れてもらっていますが、やはりちょっと弱いようです。
    カビが発生は避けたいですし、定期的に観察する必要がありそうです。((+_+))

    土間収納の面積にもよりますが、しっかり施工されないと、大きな断熱欠損になりそうですね。

    yagi8さん こんばんわ

    コメントありがとうございます。

    おそらく、ですが
    基礎断熱をしているか、外張り断熱をしているかでないと、通常の基礎形状の土間収納はどうしてもコンクリ部分が熱橋的な働きをしてしまうのだと思います。

    実際に結露が起きるかどうかは、室温設定と加湿具合によるとは思いますけど。

    某smartは条件が合致してしまうのでしょうね。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR