FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    屋根から雪が

    昨日は久々に雪が積もりました。我が家周辺では10cm前後だった
    ように思います。

    朝9時前後から雨になり、湿って重たい雪で道を歩くのに大変難儀
    したり、電車が動かなかったり、さんざんな一日だったわけですが、
    深夜にイベントが待っていました。

    3時ごろ、地鳴りのような音で目覚めました。
    家が若干揺れています。
    第一感は地震と思いましたが、そういう揺れではありません。

    音はすぐに収まりました。

    あわてて外を見てみると・・・屋根からの落雪のようでした。

    そういえば2年前の大雪の後も今回より大量の落雪があったはず。
    すっかり忘れていました。

    ちなみに我が家は雪止めはつけていません。
    予算の関係と、頻度を秤にかけて、不要としたのです。
    あと、屋根勾配が6寸なので、どちらかというと雪を落とす角度である、
    ということも考慮しました。
    当時の雪止めだと止まるかどうか微妙だったので・・・。

    ↓勾配の緩い隣家と比較すると一目瞭然。ほとんど雪が残ってません。
    160119_075140.jpg

    以前の記事でも書いたことですが、我が家の場合、落雪はほとんどバルコニーに落ちます。
    雪止めをつけなかったことより、軒を伸ばさなかったことのほうが後悔ポイント
    ではありますね。

    ・・・それにしても、遮音性の高い室内で目が覚めるほどの音がした、ということは
    結構近所迷惑だったかもしれません・・・。
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    雪というものは載せとくべきなのか、落とすべきものなのか良くわかりません^^
    でも仰る通り、軒を出して危なくない所に落とすのが、一番良さそうです
    Hさんのお宅は軒の出が800なんですね
    標準は910だと思ったので、何かオーダーを出したのでしょうか?

    拙宅は東西の切妻で、南の妻面にバルコニーがありますが、雪はあまり積もっていませんでした
    それより雪が舞っていた様で、通常濡れない窓に水滴が付き汚れてしまいました
    軒の出は雨には有効ですが、雪には無力と感じた次第です…

    ゴッチさん こんにちは

    コメントありがとうございます。

    雪を乗せたまま溶かすか、さっさと落とすか、これは雪の量によるのだと思います。
    落とすのは雪国の発想ですよね。

    屋根勾配も軒の出も私から何かを要望したことはなくて、図面をみたらこうなっていた、というもので、図面を書いたのは今はもういない営業さんです。

    説明も何も特になくて、「こんな感じでいかが」程度だったような。

    今の自分ならいろいろ言うところではありますが、当時は調べることが多すぎてそこまで頭がまわりませんでした。

    こんにちは
    屋根の雪は落とすものか、落とさずに融かすものかというのは仰るように雪の量によって変わってくるものだと思います。
    私の田舎の山形あたりだといろんな屋根の形があります。
    落とすパターンはほんとに屋根に登ることが出来ないような急勾配です。一方で雪降ろしを行うことを前提にすれば落ちない方がむしろ安全ですよね。
    Hさん邸は敷地に余裕がありそうでうらやましいです(笑)うちでは落ちると隣の家にあたってしまわないようにしなくては・・でも雪止めないんですよ!

    mazzyさん こんばんわ

    コメントありがとうございます。

    雪国なんかだと「とんがりお屋根」を良く見たりしますね。
    我が家はそこまでの勾配ではありませんが、ばっさばっさ落ちます。敷地的に裏手のほうはそこまで余裕があるわけではないので、もしかしたら隣家に・・・。今度確認してみます(汗)。

    雪止めのいらない屋根材、初めて聞きました。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR