FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2016年の1月は暖かかったのか寒かったのか

    ここのところ寒い日が続いていました。

    それなりの断熱性能を持つ我が家も氷点下が何日も続くと徐々に冷え込んできます。
    最近、18度台の室温を目にしました。

    年末年始頃は暖冬とかいっていたような気がしますが結局1月はどうだったのか気になり調べてみました。

    結果、唐突に3枚のグラフを貼り付けてみました。

    データは気象庁のページから。

    daily_a2_2014.png

    最初は体感的に寒さが厳しかった一昨年のもの。
    最高気温は10度を下回る日が多く、最低気温は0度を上回る日が数えるほどしかありません。
    グラフからも寒さが厳しかったことが読み取れます。

    daily_a2_2015.png

    次は暖かかった記憶のある昨年のもの。
    最高気温は10度を下回る日が少なくなっています。
    最低気温は0度を挟んで半々くらい。
    全体的に前年に対してグラフが上にずれたような印象です。

    daily_a2_2016.png

    最後は今年のもの。
    前半は昨年よりも暖かい感じで推移してますが、中旬あたりからは一昨年と互角の展開です。
    前半ぬるかった分、寒さが厳しく感じられるような気さえします。

    こうしてみると、関東は温暖地扱いといっても結構寒いのですね。
    旧家で朝布団から出られなかったのも納得です。

    そして、今時の家(次世代省エネ程度の断熱性能)ではこの寒さに対しておそらく経済性からは局所暖房にせざるを得なくなる、と想定されます。(我が家の状況からの類推です)

    そうなると家がどれ程広くとも使える面積は限られますし、結露やカビやダニから逃れることもできません。ヒートショックも避けられません。


    もっと断熱気密を重視する人が増えて、住んでから後悔することが減ると良いのですが。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。