FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    専門家・・・ですか

    たまたま普段めったに見ることのない午前中のワイドショー的な番組を
    見ることがありました。

    やっていたニュースは
    「そろばん塾に斧を持った男が侵入」
    というやつで、騒音トラブルが発展したもの、のようでした。
    そろばん塾と犯人の家は道路を挟んで向かいにあって、以前からトラブル
    があり、双方ともが警察に相談していた、とのこと。
    あと映像を見る限りでは犯人の家は築40年以上な気配でした。

    一通りニュースが解説された後、”専門家”なる人が出てきて言ったコメント
    があまりにも秀逸でした。
    「最近は住宅トラブルが増える傾向にあります。
     最近の家は気密性が高まっていて、少しの音でも響く構造になっています。
     また、秋口になると窓を開けることが増えるのでこれもトラブルを増やす
     原因になります。」
    ドーデモ良いので細かい文言はすっかり忘れてしまいましたが、概ねこんな
    内容でした。

    そうですか・・・最近の家は気密性が高まっていますか・・・。
    ”高い”ではなく”高まって”と比較級を用いているのがポイントでしょうか。
    確かにC値5以上と想定される古い日本家屋から、最近のそれでもスカスカと
    評される2とか3の家になれば高まっては居ますから、絶対値がどうであれ嘘
    ではないですね。
    ただ、それで音が響くかというと・・・。

    ・気密性を高めるとろくなことがないですよ
    ・今の家は十分気密性が高いですよ
    と気密の苦手なハウスメーカーが世論誘導のために金でも渡しているんでしょうか。
    と素人はうがった見方をしてしまうのですが、専門家ならではの深い洞察と理論が
    裏に隠れているのを見抜けていないだけなのでしょう、きっと。

    仮に気密性が高かったとして響くのは中の音じゃねぇか、とか、吸音を考えたつくり
    になってないだけじゃ・・・とかいうのも素人が間違っているのでしょう、きっと。

    そして
    「秋口になると窓を開けることが増えるので」と続くのがイカシ過ぎていて、窓
    あけたら気密性とか関係ないじゃん、と考えてしまうのは素人の浅知恵なんで
    しょうね、きっと。

    さらに、このコメントの元となった事件の犯人の家が推定C値5以上に見えるという
    点も、きっと事実はそうではなくて、専門家ならではの鋭い眼力で特殊な気密施工
    が行われていたのを見抜かれた上でのものなのでしょう、きっと。

    建売で狭い敷地にぎゅうぎゅう家を詰め込んでいることとか
    遮音性スカスカな家だの窓を開けないと居られない家だのが増えていることとか
    人付き合いが希薄な社会が非寛容な方向に向かっていることとか

    そういうのは関係ないんですね。不勉強でした。
    すごいなぁ・・・
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。