FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    日当たり を考える

    最近ふと思ったことです。

    皆さん、日に当たる場所って好きですか?

    もう少し正確に言うと、日に当たる場所に自分が居る状態って好きですか?

    これに対してNO!という人が結構いるのではないかと思ったのです。

    例えば今ぐらいの季節・・・

    公園でポップアップテントを使っている人、結構います。それも木陰のほうで。
    空いている電車では、日が差していないほうの座席から埋まっていきます。
    駅のホームで、わざわざ屋根の影になる場所に下がって電車を待つ人がいます。
    オフィスの窓際で日が差すようだとブラインドを下ろす人がいます。

    先日旅行で泊まったホテルは、ダイニングにサンルームが併設されていて
    そちらにも座席があったのですが、そこが埋まったのは最後でした。

    うちの息子は公園やその辺を歩く時、「日の当たらないところ」とつぶやきながら
    日陰を歩きます。

    日傘、サングラス、サンバイザー、帽子・・日を避けるためのグッズは多々あります。

    日なたに布団や洗濯物は干しても、人は干しません。(干したら拷問)

    日に当たると畳は焼けますし、パインも色が変わります。
    そしてそれは必ずしも好まれません。

    昼間に日なたでも気にせず活動しているのは、子供と若者だけです。
    (偏見?)


    こうしてみると、日に当たりたくない人は多数派のように思えます。

    ではなぜ、土地の売買や家の建築の際に「日当たり」が良いことを重視する人が
    多いのか(かく言う私もそうでしたが)、一体何を求めているのか。

    イメージに操られてませんか?

    実は、日陰から日なたの景色を見ている状態が欲しいのであって、自分に
    直接日が降り注ぐ状態が欲しいわけではないのでは?


    日が当たらないとカビるイメージもあるかと思いますが、実際問題として家の中
    は普通は日に当たらない場所がほとんどです。
    そしてカビが生えるかどうかは日当たりではなく湿度の問題、≒換気の問題
    です。

    冬の日射取得はできたほうが省エネ観点では良いのはもちろんなのですが、
    それだってオーバーヒートしたり安定しなかったりで、快適性の面では結構
    微妙。私は日が差さない状態で暖房しているほうが好きだったりします。

    こんなこと家建てるまでは考えもしなかったですが、もし次に建てることがあれば
    土地選びや窓の配置、間取りの際の方位の考え方など全然違ったものになる
    気がします。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    今回の記事は色々考えさせられる記事でした。
    確かに日射取得を考えると日当たりいい事ばかり考えますが、
    日射取得型のガラス選択した時点でUA値に多少なりと影響を与えるんですよね。
    その数値まで考えて設計できる実務者が日本でも本当に少数なので
    難しい問題なのかもしれません。
    日射取得した事により紫外線での外壁の劣化、シーリングの劣化
    窓枠の樹脂の劣化など悪影響な事のが多いのかもしれませんね。
    劣化に対するランニングコストよりも暖房費のランニングコストのほうが安く済むかもしれませんし。

    大変考えさせられた記事でした。
    色々勉強になります。

    大江さん こんばんわ

    コメントありがとうございます。

    稚拙な記事に共感いただき恐縮です。

    よくテレビや雑誌なんかで、建築家がデザインした南面大開口の開放感あふれるリビング、みたいなおきまりのやつ、ありますよね。
    そういう物件に住む人って感覚が私とは全然違うのか、軒はまず出さないし、場合によってはカーテンもなかったり、そもそも大開口をアルミの引き違いにしていたりして、日差しが入ることと視線が通ることを何よりも優先していたりします。

    それを雑誌で見て、「いいわねぇ~」なんて言っている人に対するアンチテーゼです。

    狭小住宅なんかだと、視線を通す部分なんかはまた優先度が変わってくるのかもしれませんが、見晴らしはいいけど暑かったり寒かったり光熱費が多くかかったり劣化が早かったり、なんてことを理解して建てているのか、甚だ疑問です。

    というか家は建ててしまった後に別のプランと住み心地の比較なんかできませんから、今ある状態をそのまま受け入れて過ごしている人が多いんだろうなと思います。(知らぬが仏というヤツです)

    現代の家ってまだまだ不十分で、至る所にバーターの関係となる要素があります。そんな中で、これから建てる人が、何かを決めたことによるデメリットをきっちり秤にかけて考える一助になればいいなと思ってます。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。