FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    ビルダー選び ミサワホーム編

    私はミサワにはまったく興味がありませんでした。収納として”蔵”が欲しいわけでは
    なく、そもそもこの会社は断熱気密についての情報がほとんどありません。Q1とか
    R-2000クラスを求めている私としては、よくてせいぜい次世代省エネ程度の性能、
    では選考対象にならないのです。

    このモデルハウスに立ち寄ったのは、たまたまセキスイハイムを見に行って、同じ展示
    場内にあったところに気まぐれで入った、というものです。

    なので、間取りの参考になれば・・・程度の見方しかしてません。
    「蔵」も見せてもらいましたが、高さ1.4m以下というのは・・・果たして実用性がある
    かどうかわかりませんでした。容積率ぎりぎりで、とかの事情がなければいらないな、と。
    ※子供の遊び場とか秘密基地としては面白そうですが(笑)

    性能というか家作りの考え方については、案内してくれた方との以下のやり取りで、
    概ね理解しました。
    案内してくれたのは、新人?と思うような若い女性でした。便宜上以下「営業さん」とし
    ます。

    私「ところでこのモデルハウスは換気はどうしてます?」
    営業さん「換気?といいますと?」
    私「一種とか三種とか」
    営業さん「いっしゅ?・・・・といいますと?」
    私「あぁ結構です」

    営業さん「ところで今キャンペーンをやってまして、・・・(以下略)」

    ・・・客前に出す従業員はちゃんと教育しておきましょうね。
    ちなみに上記質問のやり取りは、住宅CMサービス京都の高田さんがモデルハウス
    めぐりで実際にやっていたものを試してみたものです。
    同じ会社で同じ回答が来たところに社風が見え隠れします(笑)

    元々選考の土台に乗せてませんでしたが、そのプレ選考自体のやり方は間違って
    なかったな、と思った瞬間でした。

    ビルダー選び スウェーデンハウス編

    大手で高気密高断熱といえば、ここかもしれません。
    ただ、高価格でもあるのはわかっていましたので、最初から選考に入れてませんでした。

    また、私は輸入住宅に興味があるわけではなく、むしろ懐疑的に考えています。
    スウェーデンと日本では気候その他の条件が違うわけで、スウェーデンで良いもの=
    日本で良い、とは限りませんし、日本向けのカスタマイズがきちんとされているよう
    にも思えないのです。

    例えば
    スウェーデンの夏と日本の夏は相当違いますが、遮熱に対しての言及は特にありませ
    ん。夏場、というか初夏の段階からオーバーヒートの懸念があります。

    スウェーデンの木製窓は、対候性があまり高くなく、それでも現地で問題ないのは現
    地の深い軒・庇に守られているからであって、それがあまり軒の出せない日本でどう
    なるかわからない、という意見もあります。

    それ以外にも、詳しくは書けませんが、窓にXX上の問題があるとかないとか・・・
    (この会社は三層ガラスが簡単にXできない、といいますが、Xしなくても・・・)

    良い物が値段が高いのは当然ですが、本当に値段ほど良い物かどうか、そこが怪しいのです。


    ここもたまたま行った住宅展示場にあったから、冷やかし程度に入ってみた、という程度です。

    ただ、見る気があまりしなかったので、正直印象が薄いです。
    木製窓は一見頑丈そうで、ぐるぐると回るのですが、手を挟んだら大怪我しそうです。
    室内からはなんとなく木の香りがする・・・気がします。
    案内してくれた方は、自社製品については色々と勉強していそうです。

    でも、同じ値段であれば、もっといいものが買えそうです。

    ビルダー選び セキスイハイム編

    ここは太陽光発電で有名(今や一条にお株を奪われた感も・・・)ですが、大手では
    珍しく高断熱高気密を売りにしており、是非とも見ておかなければと思っていました。

    ただ、断熱材にはあまりこだわりがないようで、安価なグラスウールを使っています。
    窓もアルミ樹脂複合だし、それほどQ値が出るような感じはしないのですが、壁や
    天井などの断熱材の厚さが他とかなり違うので、壁で稼いでいる感じですね。
    グランツーユーだと2×6なので、それだけ断熱材を充填する厚さがあるからですね。

    だとすると、大きな開口部を作れば当然Q値は悪化するでしょう。
    よくQ値計算の対象となるモデルプランで、開口部を極端に小さく設定しているケース
    があると聞きますが、そういったことかもしれません。
    こうして今書いてみると、他社と比べて何が良いと思ったのかいまいちわかりません。
    CMの力、イメージの力ですかねぇ。

    なにはともあれ、実物を見て色々聞いてみよう、と近場のモデルハウスに行って見ま
    した。残念ながら外気が快適な季節だったので、なかなか断熱の具合とかは推し量り
    にくい状況でしたが、オーバーヒートの有無を見たり、エアコンの台数から推測する
    ことはできます。

    結論から言うと、オーバーヒートはしてませんでした。が、エアコンの台数は多すぎ
    ます。モデルハウスはリビングが大きな吹き抜けで、開口部も大きめにとっているの
    で、おそらくカタログ値通りの性能ではないでしょう。
    まあ最低でも次世代省エネはクリアしてくれる、くらいに考えておいたほうがよいの
    かもしれません。あと、窓の遮音性がそれほどよくない気がしました。一条なんかだ
    と、ほとんど外の音は聞こえないのですが、それより気持ち落ちる感じです。これは
    あくまで私の感覚でしかありませんが。

    営業さんと少し会話をしました。断熱気密換気あたりの話になると、
    営業さん
    「そういったマニアックな話であれば、工場を見学していただいたほうがよいかと」
    ・・・いやいやこの会社その辺を売りにしてるんでしょ。ここであなたがペラッと話
    せないと駄目でしょ。

    気を取り直して、話題を変えます。

    「ところでだいたい予算てどのくらいを見ておけばいいもんなんですかね。総額で」
    営業さん
    「40坪なら坪70万くらい、それとは別に700万くらい見ておいていただければ」

    ・・・この性能に対してこの金額は法外です。私の中では一瞬にして選外になりました。
    やはり大手だと価格にブランド代とか広告代とか色々混ざって来てそうですね。
    そういえばハイムは社員の平均年収も結構すごいことになってますし・・・

    ということでパスですパス

    ビルダー選び 三菱地所ホーム編

    モデルハウスめぐりの第一号として入ったのは三菱地所ホームでした。

    色々サイトめぐりをしているなかで、大手の中では高断熱高気密の評価が高めで、
    かつ、全館空調(エアロテック)を採用しているところです。

    実際のところは体感としてどんなもんなんだろうと確認してみたかったわけです。

    当時はまだ勉強不足だったので、これが高気密住宅の空気感かぁ、程度しか感想が
    ありません。というか、その後に色々見すぎて正直印象が・・・
    なんというか外から隔離された世界、のような感じだった記憶がかすかにあります。

    正直まだモデルハウスのどこを見てよいのか、ポイントすらつかんでいませんでした。
    その中で、間取りや設備を見る気がなかったのは返ってよかったのかもしれません。

    ここについては、なんとなく敷居が高いというか、お値段も高いんでしょ?という気が
    したので、それ以降連絡を遠慮しました。

    今思うと、ダクトを使った換気システムは、後々全とっかえが必要なわけで、金持ちの
    選択、という認識は誤ってはいなかったようです。

    家作りのお勉強

    家を建替えることにしたものの、何せ初めての経験で、何から手をつけて
    よいかわかりません。

    本屋に行けば、家作りの本が色々並んでいて、どれを買えばよいのかわかりません。

    ネットで情報を探そうにも、キーワードがなかなか思いつきません。

    そんな状態でしたが、なんとなく有名なハウスメーカーで家を建てるんだろうなぁ、
    とぼんやりと考えていました。

    そこで、ハウスメーカーって何があるのよ、どこがどうなのよ、と調べ始め、
    たどり着いたのが以下のページ。

    http://www.polaris-hs.jp/

    住宅CMサービスというものをやっている方のページなのですが、ハウスメーカーの
    比較やら家作りの基礎知識などが色々書かれていて、隅から隅まで読んでしまいました。

    そうしていくうちに、大手ハウスメーカーで家を建てる、ということに一抹の不安を
    覚えたことは否定できません。
    (この方は地場の工務店と組んで仕事をされる方なので、どちらかというと
    大手には否定的なスタンスなのだと思います。)

    そして、このサイトで覚えた言葉が

    高断熱高気密

    でした。(それすら知らなかったのですよ・・・)

    とりあえず、書いてあることの裏取りをしようと思い、家作りの勉強と並行して
    モデルハウスめぐりをすることにしました。

    また、同時に大量のハウスメーカー、ビルダーに資料請求をしてみました。
    (40社くらい出しました。今思えばこれはいらない作業でした・・・)

    次回から、個別のビルダーめぐりを書いていきます。

    なお、個別のビルダーに対する評価は、あくまで私の主観によるものです。
    当然のことですが、不特定多数の方に有意な判断基準を提供しているわけではありません。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR