FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    入居一年半での家の評価-換気編

    どこかで書いたようなタイトルではありますが、新居に入居してから
    まもなく1年半となります。

    入居半年の・・・シリーズではうわっつらな評価しか書いていなかったので、
    もう少し踏み込んだ内容を書いてブログのねたを稼ごうかまとめておこうか
    と思い立ちました。

    第1回は換気、です。

    我が家はダクトを使用しないタイプの1種換気です。
    使っている換気扇は吸気側はこれ↓
    三菱V-08PQFF3

    排気側はこれ↓の旧バージョン
    三菱V-06PXLD

    吸気で吸い込み、排気で吐き出すわけですが、排気ファンしかない三種換気と
    違うのは、吸気能力のほうが若干強めに設定されていて、家の中が正圧になって
    いること。
    つまり、仮にどこかに隙間があった場合、そこから隙間風が入り込む、ではなく、
    隙間風が出て行く、という形になります。

    この換気方式のよいところは、
    ・ダクト式に比べて圧倒的に安価
    ・掃除や交換などのメンテが容易
    ・三種換気より計画換気が容易

    不利なところは
    ・三種換気より電気代がちょっとかかる(たぶん月千円とか)
    ・熱交換ができない

    スペックからみるとこんなところでしょうか。

    さて、それでは住んでみての評価、という意味では何があるかという話になりますが、

    何より良いのは
    ・家の中の空気が汚れない
    (計画換気が適切に動いているので締め切った空気が悪い部屋にならない)
    ・花粉が家に入らない
    (全ての吸気はフィルターを通じているため)
    ・ホコリが少ない
    (全ての吸気はフィルターを通じているため)
    ・カビがほとんど生えない
    (湿気が溜まらないため)
    ・換気口以外から冷気/熱気の侵入を感じない
    (正圧の効果?気密性の効果?パネルヒーターの効果?)

    といったところではないかと思います。

    換気方式を優先して工務店やハウスメーカーを選ぶ人というのはよほどのマニア
    か変わり者ではないかと思うのですが、住んでみると快適性に対する影響という
    意味で、意外と重要度が高いものです。

    24時間換気なんて不要のシロモノ、なんて思っている工務店など、未だに多そう
    ではありますが、家の中の空気質をいかに良いものにするか、つまり家族の健康
    を守るための選択として、気密性と合わせてもっと重要視されてもよい項目なの
    ではないかと思うのです。

    色々各所から情報を集めていると、日本においては換気はプロに任せておけば
    大丈夫、という状況ではまだまだ無いようです。
    逆に換気をきちんと考えているビルダーは、家作りに一家言持っている、と言える
    と私は判断していました。

    新居において、私の体調で明らかな変化があったのは
    ・花粉症の自覚症状がほとんどなくなった
    ・風邪を引く回数が明らかに減った
    ・頭痛の回数が明らかに減った
    ・眠りが深くなった

    こんなところです。

    断熱も気密も方法論であって目的ではありません。
    私は自分と家族が健康に過ごせる家が欲しかったので、この面では大変に満足
    して暮らしています。
    そして、この面に大きく寄与しているのは、実はしっかりと計画換気ができている
    ことなのだと思っています。

    入居半年での評価-外構編その2

    その2です。

    今回は残りをまとめて行きます。

    まずポスト&インターフォンから。

    2014032316160000.jpg

    ・・・って今見たら、ポストの位置が門柱に対してちょっとずれてるんですね・・・
    初めて気づいた( ̄△ ̄;)

    ポストはもともとこの位置にあったぼろいのを外し、似たような形状で収まるもの
    をチョイスしました。
    というかあまりこだわりがなかったので、ビルダーの担当の人にチョイスしてもら
    ったものをそのまま採用しました。

    もうね、この辺まで来ると何かを決める精神力が枯渇していて・・・。

    で、インターフォンも昔使っていたものと同じ位置に、以前の穴を利用してまんま
    つけてもらったという、何の工夫もないものです。

    この部分、塀は私が20代かそこらからあるもので、うちの外構なんてみんな
    こんな感じです。なにひとつ私の選んだものではない・・・。

    余談はおいといて、ポストを横と言うか裏から見ると
    2014032316160001.jpg

    こんな感じで、塀に乗っかっています。外せるかどうか試したことはありません。
    ・・・たぶんくっついてると思います。


    ポストはまあ使い勝手は悪くないです。ただ、雨の日を考えると玄関からここまで
    距離があるので、ちょっとなーと思うこともあります。

    インターフォンは私が押すことないので評価不能。


    つづいてウッドデッキ。

    2014032316150001.jpg

    用途も決めず、なんとなくイメージでだだっ広く(およそ6畳程度)作ってしまいま
    したが、ほとんど使うこともないまま、温室置き場になってみたりキッチン用具の
    もの干し場になってみたりと、まことにコストパフォーマンスの悪い、というかない、
    シロモノです。

    表面のイペ材もすっかり色が落ちてしまいましたね。

    庭に出るときの段差解消、という役割が一番大きいかもしれません。

    見通しが悪くなるのがいやで、柵みたいなものは一切つけませんでした。
    我が家の場合、前面道路がそれほど人通りが多いわけでなく、向かいはそれほど
    人の多くない公園ということもあり、庭は丸見えの素通しっす。

    旧家では遮蔽物が多かったこともあり、空き巣に入られたりしたので、プライバシー
    よりも防犯に重きを置いた、ともいえます。

    このデッキを評価するならば
    「こんなサイズはいらなかったかも」
    に尽きますね。


    最後に家庭菜園。
    2014032316150002.jpg

    真ん中辺にあった菜っ葉やら大根の収穫は終わっています。

    外構の中では一番趣味的なゾーンですね。といっても私は見てるだけで、色々作って
    いるのは嫁とか母。
    野菜ができて家計が助かるというよりは、土いじりができてなんとなく良い、という
    要素のほうが大きい気がしてます。

    後は鳥の餌になっている部分も・・・。

    こちらもまだまだ試行錯誤が続いているようです。

    ま、空けておいても何にもならないスペースでしたから、何かしら作ってよかった
    とは思っています。



    ・・・ほらね、たいした記事にならなかった・・・

    入居半年での評価-外構編その1

    前回記事から10日以上経過してしまいましたが、続きです。

    住宅設備編はあとトイレくらいしかないので割愛して、外構編に移ります。


    とはいえ・・・我が家は建て替えだったので、外構といっても世間様ほど
    あれやこれやとやったわけではありません。

    費用的にも全部足して三桁万円いかなかったくらいですし、正直参考になる
    ほどの情報ではありませんので、その前提でお読みください。

    さて、外構でやったことといえば、大きく4点
    1.玄関アプローチまでの土間コン&砂利
    2.ポスト&インターフォン
    3.ウッドデッキ
    4.花壇家庭菜園
    です。

    既に紹介済みのものばかりな気もしますが、一応1個ずつ見ていきます。

    まず1の土間コン&砂利

    ↓全景
    2014032316150000.jpg

    駐車スペースと車の通り道、およそ50㎡弱を土間コン、残りを砂利にしてます。
    理由はコストと使い勝手の折衷案。

    ↓玄関前の砂利部分には踏み石を用意
    2014032316170000.jpg

    この踏み石は旧家のときから庭にあったものを再利用。

    ↓入り口付近のタマリュウゾーン
    2014032316170001.jpg

    明らかに色の違うコンクリートは、旧家の時代のものです。
    その境目にタマリュウを配置してます。

    もともと旧家の時代から玄関前および駐車スペースは土間コンでした。
    解体時におおよそ残してくれるものと思っていたら、ほとんど壊されて
    しまったという・・・。

    まぁ、ちゃんと話していなかった私のせいです。

    ↓もともとの植栽との境界部分
    2014032316170002.jpg

    ここの石も旧家時代の遺物の再利用です。この辺はECO HOUSEには依頼せず、
    昔からの知り合いの植木屋さんに他の色々と合わせてやってもらいました。


    ここまでの部分の評価ですが、やはり砂利より土間コンにすべきでした。

    雪かきもそうですが、普段使いにおいても使い勝手に差があるのと、砂利は徐々に
    減るので定期的に補充が必要なこと、何気に靴の中に砂利が入ったりすること、
    などなどなど、理由はいくらでもあり、メリットは値段くらいです。

    外構費用を先に見積もって、その分をあらかじめ見ておくべきだった、という
    のが今更ながらに思うことです。

    もう少し装飾もしたかったし、レンガなんかも使いたかった・・・と考え出せば
    キリがないのですけどね。

    とはいえ、大失敗したー、というほど不便があるわけでもなく、当時の予算から
    すると、やるだけのことはやったという気もします。

    そのうちDIYでレンガでも敷きますかねー。 続く

    入居半年での評価-住宅設備編その3

    久々に家の評価シリーズです。
    とはいえ、「入居半年での」は過ぎつつありますが・・・。

    今回は洗面関係。

    ECO HOUSEの洗面というと、天然石をあしらったちょっとお値段はりそうな
    感じの、しかもちょっと輸入住宅風な感じの、というシロモノなのですが、
    (あくまで私のイメージでは)

    使い勝手自体は特段可もなく不可もなく、な感じです。

    何度も書いていますが、2Fはシャワー水栓と大きめのボウルで造作、1Fは
    ド標準のシングル洗面を使っており、画像的には↓こんな感じ。
    2F
    2014022210530000.jpg
    1F
    2014022210540000.jpg

    2Fはお金かけた割にはここで洗髪などすることもなく、企画倒れではあり
    ましたが、加湿器の水汲みに便利という副作用を発見し、まあこれはこれで
    ありか、というところ。

    1Fはあまりにも普通のモノなので、特段感想もなく、というところ。


    ・・・困りました・・・目新しい話がありません。

    そこで、展示場や見学会ではめったに見ないであろう部分を載せてみます。

    裏側、です。

    2F
    2014022210530001.jpg

    1F
    2014022210540001.jpg

    ちなみに金属的な部品は給湯、給水管です。

    こうしてみると面白い発見があるのですが、どちらも洗面ボウルの土台となって
    いる合板がむき出しです。
    ECO HOUSEの家で合板むき出し部分てたぶんここくらいしかないのでは?
    と思います。入居後しばらくは気づきませんでした。

    ・・・というか、これって見えない部分の手抜きなんでは?(笑)

    少なくとも仕様の説明の際に、こうなるとは聞いてませんでしたね。
    まあ構いませんが。


    繰り返しますが、洗面の評価は可もなく不可もなく、です。

    天然素材だから、年月が経てば何かしら味が出て、・・・くるのですかね?

    失敗か、軒とバルコニーの関係

    今日は休日、朝風呂を満喫していたところ、嫁から
    「バルコニーが水浸しになっている」
    とお呼び出しがかかりました。

    様子を見てみると、屋根からの落雪がバルコニーの排水路をふさいでおり、
    そこにきての大雨と雪融け水で、バルコニーが全体的に3cmくらいの水
    たまりになっていました。
    ・・・あわててて写真撮り忘れ・・・

    そこで風呂上りのホカホカした状態でパジャマの上に適当に上着を着込み、
    除雪作業を開始したのですが、雪を概ねどかしてもなかなか水が流れていき
    ません。
    しかも雨は吹き込むし、除雪の最中にも屋根から落雪してきて雪をかぶる、
    という有様で、すっかり体が冷え、頭はずぶぬれというひどい状態になりました。

    ↓これは除雪完了後で水もある程度排水した状態ですが、排水溝を調べてみると
    2014021510250000.jpg
    この金物の奥にシャーベット状の雪が詰まっていて、水が流れにくくなっている
    のです。

    ↓犯人はこういうものたち
    2014021510260000.jpg

    ここまで調べた状態で、本格的に風邪を引きそうになったので、朝風呂第二ラウンド
    に入りながら対策を検討・・・。

    お湯流せばいいんじゃない!

    と気づき、風呂から出て残り湯をバケツに汲み、バルコニーにザバーっと流して
    解決しました。


    この事象自体は解決したのでめでたしめでたし、といいたいところですが、原因
    は何かと思いをめぐらすと、それは軒の出にあります。

    ↓これは我が家の立面図です。
    2014021510300000.jpg

    ご覧の通りバルコニーに対して屋根がかかりきっていないのです。
    ※バルコニーは半間(約910mm)に対し軒+樋で800mm

    そして、先日の記事に書いた通り、屋根は6寸勾配で雪を落とす設計なので、
    屋根からの雪がバルコニーに落ちます。また、バルコニー自体にも普通に雪が
    積もります。

    そしてバルコニーの排水設備は雪を想定したものではないのです。

    これにさらに降雪後の大雨というコンボが炸裂することにより、今回のよう
    な結果となったわけです。

    今年はまだ新築1年目ということもあり、FRP防水もバッチリな状態ですので、
    数センチ程度の水がたまっても雨漏りにはつながりませんでした。
    しかし、これがFRP防水の切れ目の時期だったらちょっと怪しかったかもしれ
    ません。


    関東平野でこれほどの雪が降ることは稀なことではあります。
    しかし、家作りというのは数十年以上の耐久性を求めるものである以上、地震で
    あれ台風であれ、稀なものを想定して対応するものであり、そういう意味では雪
    対策というのも考えておくべきものでした。


    バルコニーを作るなら、屋根はしっかりかけておいたほうがよい、特に屋根勾配
    をつけるなら、というのが今回私が学んだ教訓です。
    屋根の防水能力はFRPの比ではないですから。
    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR