FC2ブログ
    現在の閲覧者数:

    入居半年での評価-住宅設備編その2

    前回記事の続きです。

    今回はバスルーム。

    ◆浴槽
    ECO HOUSEの標準仕様では、1400mmのNORITZの人代浴槽が使われます。
    私は風呂にこだわる派で、かつ今まで狭い浴槽で我慢してきた反動もあり、1坪の
    浴室に入れられるサイズとしてはMAXの1600mmを選択しました。
    これ自体は快適なもので、身長175cmオーバーの私でも足をゆったり伸ばして入る
    ことができるのですが、やっぱり水道代とガス代に影響が出ているように思えます。
    湯量を減らせばよいのですが、やっぱり風呂場でリラックスしようとすると、ある
    程度浸かれる湯量までついつい汲んでしまうものです。

    ◆床
    天然石のジェット仕上げで滑りにくく(というか滑らなく)なっています。半年使って
    も特段床に汚れの付着など見られず、乾きも早いのでカビもありません。

    ◆シャワーなど
    特段変哲のない、止水栓付きのシャワーです。
    使いにくくもなく、特になんもなく・・・。

    ◆給湯器
    旧家は電気温水器(それも相当古いの)だったので、ガス給湯器はあまり使ったことが
    ありませんでした。なので、風呂自動の怪のような誤った記事を書いてしまうわけ
    ですが、これは快適ですね。温度も指定できるし追い焚きもできるし、ってこれは私の
    感覚が古すぎて参考になりませんね(笑)

    ◆換気
    ECO HOUSEの浴室換気は専用の換気扇ではなく、洗面脱衣室のもので行うように
    なっています。これが当初は結構不安だったのですが、結論からいうと問題ありません。
    風呂を出た際に必ずドアを開放しておく必要がありますが、湿気はどんどん洗面室
    のほうに流れ、そこから排出されていきます。
    浴室の窓を開けることもありませんし、入浴後3時間もすれば床も壁もだいたい
    カラカラになります。
    今までの局所換気はなんだったの?という感じです。

    ◆その他
    浴槽を1600mmにした影響でもありますが、物を置くスペースが少なくなりました。
    シャンプー・リンス・ボディソープなど一通り置けるは置けるのですが、若干狭さを
    感じます。(とはいえ、洗面脱衣室が広いので、どうとでもなるのですが)


    風呂の評価としてはこんなもんでしょうか。
    細かく言えばいくつかありますが、まあ使い勝手は上々です。

    入居半年での評価-住宅設備編その1

    前回記事の続きです。

    今回は住宅設備機器、つまりキッチンバスに始まり、トイレやら洗面についてです。

    ECO HOUSEで建てる場合、トイレ以外の住宅設備はかなり独特のものになるわけ
    でありますが、これらがまた実際のところどーなのよっ、って契約前に悩むもの
    なんですよね。情報ないし。

    というわけで順に書いていきます。

    1.キッチン
    過去記事のどっかにも書いていますがおさらいしますと、キッチンの仕様は
    ・形状   I型キッチン
    ・サイズ  255×85cm
    ・天板   天然大理石
    ・扉など  檜
    ・収納内部 桐
    ・シンク  ステンレス
    ・コンロ  ハーマンのホーロートップ
     (※IHも選べますし、ランクを変えることもできるはず)

    あまり適切な写真がありませんが・・・↓
    2013101212570000.jpg

    ◆オプション仕様
    造作キッチンなのでシャワー水栓にしたり浄水器つけたり食洗器つけたりと色々
    融通はききます。
    ただ我が家はその辺何にもしませんでした。
    シャワー水栓はやってもよかったかなぁと思わなくもありません。

    ◆使い勝手
    ワークトップは幅のわりに奥行きがあるので、使い勝手はよいです。というか
    良いそうです。(私あんまり使わないので)
    収納力は相当あります。扉ではなく全部引き出しというのも使いやすいです。

    ◆材質
    一番気になるのは、”木”である部分でしょう。
    正直水周りに木というのは心理的に抵抗があるものです。水にぬれて変色したり
    カビが生えたりするのではないか、と私も思っていたのですが・・・

    ええ、変色しましたよ、一部。

    食器洗いかごを天板の上に受け皿もなしで置いた人間がおりまして、
    そこから水が伝って、引き出しにしみこみまして、
    一部ちょっと色が変わりました。
    今のところそれだけです。こういったずさんなことをしなければ問題ありません。

    天板もあまり気にして使ってませんが、特にトラブルはありません。
    人代とかのほうが傷とか気を使うかもしれませんね。

    ◆その他
    ガスコンロはフツーです。
    ガラストップとかにしようかとも思いましたが、ホーローでもそんなに掃除に苦労
    してません。ただ、五徳の掃除はちょっと面倒だと嫁が申しております。
    ・・・そんなこといったらIHしか選択肢ないじゃん



    さて、ECO HOUSEがなぜこんなものを採用しているかというと、ホルムアルデヒド
    などVOC対策なんでしょうが、市販のものと比べてどうなのかについてはまったく
    わかりません。

    とりあえず新築のころから接着剤的な独特の香りがしたことはありません、という
    くらいで、これはシックハウス症候群などになってみないとなんとも判断は無理、
    ですね。

    長くなったので、バスその他は次回で。

    入居半年での評価-照明/配線等

    前回記事の続きです。

    今回は照明および配線関係について書きます。

    ・まずは照明に関して

    とはいえ、照明器具については夜の照明シリーズ(照明選びカテゴリ参照)にて
    語りつくした感があり、ちょっと違った視点で考えたいと思います。

    1.明るさの感覚
    現在付けている照明はどの程度の明るさになっているか、ですが、

    あくまで全点灯した場合で
    玄関外         110lm(ルーメン)
    玄関ホール       350lm
    1F廊下        840lm
    リビング        340×2+600×4=3080lm
    ダイニング       700×2+260×2+840=2760lm
    キッチン        1260lm
    パントリー       840lm
    トイレ         420lm
    階段          310lm
    2F主寝室       2150+420×2=2990lm
    2F洋室        3200lm
    2FWIC       840lm
    2F洗面・ランドリー  1680lm
    浴室          680lm
    2F廊下        840lm

    ざっとこんな感じです。

    つまり、LDやら主寝室など滞在時間が長い部屋は3000lm前後ということ
    なのですが、これに慣れてしまうと通常の蛍光灯の和室がずいぶん暗く感じます。

    和室は前のマンションから照明を持ち込んだので、以前はその明るさで十分だった
    はずなんですが・・・不思議なものですね。

    ちなみに今のところLEDの照明について、明るさに問題のある箇所はありません。
    照明メーカーのページなど見ていると、これよりもっと明るさが必要だと書いてあり
    ますが、たぶん商売上の都合もあるのでしょう。

    2.消費電力
    さて、そんな照明たちですが、今度はこれがどの程度電気代に占めているのかを
    考えて見ます。

    それぞれの消費電力は
    玄関外         4.4W
    玄関ホール       6W
    1F廊下        6.1×2=12.2W
    リビング        9.1×4+5.6×2=47.6W
    ダイニング       9.5×2+8×2+6.1×2=47.2W
    キッチン        6.1×3=18.3W
    パントリー       6.1×2=12.2W
    1F和室        7×2=14W
    トイレ         6.1W
    階段          6W
    2F主寝室       38+6.1×2=50.2W
    2F洋室        37W
    2FWIC       6.1×2=12.2W
    2F洗面・ランドリー  6.1×4=24.4W
    浴室          11.2W
    2F廊下        6.1×2=12.2W
    2F和室        62W
    2F和室WIC     6.1×2=12.2W
    トイレ         6.1W

    これを全部足すと401.5W。
    もし仮にこの半分を8時間程度使うと仮定すると、

    1ヶ月あたりの消費電力: 48.18kWh
    1ヶ月あたりの電気代: 1214円
    電気代計算君のページで計算しています。 

    照明の電気代としてはかなり抑えられてますね。
    実際は半分も使いませんので、月あたり1000円前後というところでしょう。
    こういった面ではLED主体にして良かったと思っています。

    ・続いて配線に関して
    配線というと主には照明のスイッチとコンセントの位置になります。

    スイッチについても照明選びカテゴリでそこそこ書いてますので、ここでは割愛し、
    コンセントについて書きます。

    コンセントについてはだいたい以下のルールで設置しました。
    ・1部屋2箇所
     ECO HOUSEの標準です。増やすと余計にお金かかりますし。
    ・だいたい部屋の対角に配置
     取り回しを考えればこれがセオリーです。
    ・外壁面はできるだけ避ける
     外壁面にコンセントボックスがあると、断熱材の充填に影響が出そうで。
    ・1つは照明スイッチの下を基本とする
     家具をどう置いてもふさがれない位置、という考え。
    ・高さは特に指定しない
     こだわりがなかったので。
    ・3口コンセントを基本とする
     標準は2口なのですが、場所を増やすより手軽に差込口を増やせるため。

    これでやってみて、今のところ致命的な失敗というのはないです。
    電気製品を使いたい箇所がどこであれ、だいたいコンセントは近くにあります。
    パソコン周りとか、極端に多く使う場所はタップで分配しますし、これは仕方ない
    ことです。

    ただ、
    将来を考えると、廊下のコンセントなどは高さを腰あたりにしてもよかったかも
    しれません。
    居室は床に座った状態が主なので、通常の高さ(床から15cmくらい)でも支障
    はないのですが、廊下で掃除機など使う際は、今は苦にならない腰の折り曲げも
    老後はどうかわかりません。
    あと、赤ん坊が動くようになった際、コンセントを触らせたくありませんね。

    まあ配線考えているときにそこまでは気が回りませんでした。
    アースとかもやればよかったか・・・。


    照明/配線は間取りの後に時間のないところで考えるので、なかなか詰めきること
    が難しかった部分です。その割には大きな不満もなく過ごしていますが、間取り検討
    に大きなエネルギーを使った後だけに、かなり精神的にしんどかった記憶があります。

    もう少し世の中に見本となる情報があればよいのに、と今になって思いますね。


    入居半年での評価-内装編

    前回記事の続きです。

    今回は内装全般について書きます。

    ・壁紙
    先日早くも第一弾の塗り直しをしてしまった壁紙、ECO HOUSEでいうところの
    ECOペーパーその実態はルナファーザーですが、デザイン的にはシンプルで飽きの
    こないものだと思います。(なんせ単色)
    紙なのでいろいろと気を使うものかと思っていましたが、水がはねたりしても案外
    平気で、そのまま何事もなく乾くだけです。触感もしっとりした感じで私としては
    好みのものです。(ペイントしてるかどうかでも変わります)
    ただ・・・思ったより汚れます。特に人が通った際に服や荷物で擦れた後が、半年
    しかたってなくともあちこちに見られます。
    例えば ↓
    2014012920530000.jpg
    2014012920520002.jpg
    2014012920520001.jpg
    2014012920520000.jpg


    大人だけでこの状態では、子供が歩き出した後はどうなるのか、今から戦々恐々と
    しています。パインパネルで腰壁を作ったほうがよかったか・・・。

    ・室内ドア/収納扉
    我が家の室内ドアも収納扉もパインなのですが、これは何回か過去に言及した通り
    伸び縮みします。冬は特に支障ありませんが、夏に除湿を怠っていると膨らんで、
    ドアによっては閉まらなくなります。
    ドアによっては、というのはおそらくもともとのクリアランスがどの程度取られて
    いるかが影響してそうで、そういう意味では調整で回避できるものなのかもしれま
    せん。

    ・フローリング
    我が家のフローリングは3層パインです。表面は無垢で、それでいて反りにくい、
    というフレコミでしたが、実際今のところ反ったり縮んだりはないようです。
    足触りも上々で、冷たくもなく快適なシロモノですが、傷は付きやすいです。
    ちょっと硬いものを落とすとすぐへこみます。最近は子供がおもちゃを落っことす
    ことが増えつつあり・・・壁と同様こちらも今後どうなるのでしょうね・・・。
    色は新築時と比べるとだいぶ濃くなってきています。大して日のあたらない部分
    でも、カーペットなどめくると歴然です。こちらは楽しみな部分ですね。

    ・畳
    私がほとんど足を踏み入れないので、評価保留とします。

    ・現しの梁
    杉の赤身がきれいで、見た目は非常に良いです。
    難点があるとすれば、照明の取り付けに制約がでることと、割れること。
    ↓建築中の段階から既に・・・
    DSC01632aaa.jpg

    それ以降も、時折パキーンと乾いた音が室内に響くことがあります。
    構造も影響してますけどね。

    これはもうそういうものだと割り切ってます。

    ・収納棚
    ECO HOUSEの収納の棚は↓こんな感じのものです。
    (画像が大きすぎたのでサムネイルにしてます。クリックしてください)
    DSC02442.jpg
    DSC02439.jpg
    位置をずらせるようになっているのですが、入居後あまり動かしたことはありません。
    どちらかというと棚自体を取り外したりすることのほうが多く、その場合邪魔だったり
    します。
    物自体はしっかりしていて、加重量などで気を使ったことはありません。
    液体をこぼすとしみになります。

    ・浴室壁
    よくカビ生えるだのなんだの心配される浴室のヒバですが、半年経過した現在
    でもカビも黒ずみもありません。
    ↓今日の画像です。
    2014012922060001.jpg
    2014012922060000.jpg

    換気だけ気をつけていれば大丈夫なのでしょう。

    ヒバの匂い自体はすぐに慣れてしまいわからなくなりましたが、今でも浴室に
    湿気をこもらせてからドアを開けると、なんとなくわかります。

    いずれにしろ、日々ちょっとした温泉にいるような気分が味わえるお気に入りの
    内装です。


    以上になりますが、全般的にまあ当初予想していた通り、自然素材らしい気持ちよさ、
    かつ傷つきやすさです。
    経年でどうなっていくかという楽しみと、どこまで傷ついちゃうの?というちょっと
    した恐れと、まぜこぜではありますが、ある程度大らかに構えておく必要がありそう
    ですね。

    入居半年での評価-構造/断熱編

    前回記事の続きです。

    構造/断熱編というと、よく構造はあれが良い断熱はこれでなきゃダメみたいな
    神学的なかつ商売事情も大きく絡んだ論争がなされていますが、ここで書くこと
    はそういったこととは無縁でいたいと思っています。

    まず構造ですが、我が家は木造在来工法です。

    在来は耐震性に不利という話もありますが、我が家は耐震等級3ですので、その
    部分は問題ないかと思っています。が、こればかりは大地震に会ってみないと何
    とも言えない部分です。なので評価保留。

    気密性も2×4に比べて不利という話もありますが、測定値はC値0.7前後ですので、
    まあ良いかと。とはいえこの部分も春の花粉シーズンが過ぎてから評価を考えたい
    ところではあります。

    そして、防火性。
    外張り断熱のECOボードは防火認定も取れている材料ですし、周囲の家ともそれなり
    の間隔もあるので、実態的にはあまり心配してないのですが、保険会社はそう考えて
    くれません。ローンに必要な火災保険の料金は2×4の倍近くになってます。
    ここは残念なところでした。

    その他、ECO HOUSEが売りにしている壁の透湿性なんかについては、居住してわか
    ることではありません。将来何かで壊した時まで評価保留です。

    断熱性についてですが、これは概ね良かったのだろうと思っています。
    というのも、夏は全館冷房25度設定でエアコン3台稼動してピーク時の電気代は
    冷房費としておおよそ月1万円。(※秋の電気代下限値との差額から推定)
    冬は全館暖房20度設定で灯油代+電気代で月2万ちょいしてますが、こちらは
    灯油の値上がりの影響が大きいせいで、断熱性云々というより熱源の選択の問題
    です。
    心配していた夏場の暑さも特に問題なく、家族全員が夏バテなく乗り切れたので、
    おおよそ十分だったのだろう、というのが今の評価です。
    また、冬に相当量の加湿をしていても結露がほとんどない、というのも良い点です。

    こうしてみてみると、家の基本性能については今のところ不満はないですが、評価
    自体が難しい項目が多いですね。

    この分野、半年時点で評価しようというのは時期尚早でした。
    上手くまとめられない。こんな記事書かなきゃ良かったか・・・(笑)




    ブログ村バナー
    ランキング不参加(笑)
    プロフィール

    H@FC2USER

    Author:H@FC2USER
    ↑コロコロコロコロ飽きずによくまぁ・・

    本人は自然志向でもなんでもないのですが、2013年6月に自然素材をふんだんに使った木の家を建ててもらいました。

    家づくりの過程を書いていたブログですが今はその後の生活をぼちぼち書いてます。

    気軽にコメントくださいな

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR